KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2011.09.20

短命に終わる2100形のエアポート快特。

D11374.jpg

京急2100形 2141編成
2011.9.19/品 川

▲2100形で見られる唯一のエアポート快特
  • [土休日]601A (飛)快特品 川
  • 始発:羽田空港601 → 終着:品 川618
  • ダイヤ:2010.5.16改正
  • 備考:2100形で運転

土休日601Aは、2010年5月のダイヤ改正で登場した珍列車である。2100形の急行であった501Hが2010年5月の改正で格上げされたもので、2100形で運転される唯一のエアポート快特となっている。2010年5月のダイヤ改正で登場した新エアポート快特は、以前の記事で触れたように、浅草線直通に対応していない車両の充当も見られるようになり、平日1613Aをその特徴的な1本の列車としてご紹介したが、この601Aも負けず劣らず2010年5月以降の新しいエアポート快特を象徴した特徴的な1本である。

だがこの601A、来たる9月23日のダイヤ改正でひとまず見納めとなってしまう。同じくエアポート快特として運転している591Hともども快特に格下げとなってしまうためで、2100形のエアポート快特も9月23日以降は京急蒲田に停まる快特となる。2010年5月以降空港輸送に特化した種別となったエアポート快特だが、早朝上りの列車を運転したところで見込まれる乗客の数は小さく、新エアポート快特運転開始後としては初となるダイヤ改正で修正が迫られた格好だ。

2100形のエアポート快特はひとまず終了となるが、空港線に入る運用がある限り、比較的復活の可能性がある列車ではある。

関連記事

四直珍列車研究 50 - 動揺測定 S73

このシリーズでは数々の珍列車を取り上げてきたが、今回は50回記念ということで、本当に珍しい列車を取り上げてみよう。S73はいわゆる動揺測定と呼ばれる不定期スジである。概ね2ヶ月に1度運転され...

四直珍列車研究 50 - 動揺測定 S73
四直珍列車研究 48 - 土休日 525T

以前、平日の金沢検車区出庫の特急新逗子行を取り上げたが、今回取り上げるのは土休日の金沢検車区滞泊明けの525Tである。平日の金沢検車区出庫は朝ラッシュが終わりかけた頃にのんびりと車庫を出ていく...

四直珍列車研究 48 - 土休日 525T
四直珍列車研究 47 - 平日 1613A

2010年5月以降のエアポート快特を象徴する列車だと思う。エアポート快特と言えば都営浅草線内に通過駅がある種別であり、京急線内のエアポート快特は浅草線直通の羽田空港発着の快特のうち、浅草線内を...

四直珍列車研究 47 - 平日 1613A
四直珍列車研究 46 - 土休日 1965K

ソウゴサンドウってどこですか・・・。土休日の夜に1本だけ設定されていた快特宗吾参道行である。元々1973K快特芝山千代田行として運転していたものを2005年10月のダイヤ修正で宗吾参道行に変更...

四直珍列車研究 46 - 土休日 1965K
四直珍列車研究 45 - 平日 1412T・1640T

過去ネタになってしまうが、都営車の京急線内列車2題。平日の午後に新町検車区を出庫していた2本の都営車である。この頃、新町検車区で昼寝をする都営車の運用が2本(13Tと41T)設定されており...

四直珍列車研究 45 - 平日 1412T・1640T

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京急珍列車