KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2011.10.31

まさかこんなネタを用意していたとは、である。ビッグサプライズ!

D12032.jpg
▲33年前の花電車を模した姿の6086号

10月23日、荒川線の荒川車庫を訪れてみると、そこにいたのはなんと花電車姿の6086号であった。聞けば33年前の花電車を再現したものだという。6086号は花100号と並べて展示され、今まさに33年前の花電車が時空を超えて平成の花電車との対面を果たしたのであった。

D12001.jpg
▲27系統、三ノ輪橋行
D12010.jpg
▲32系統、早稲田行

そして、系統板の数字部分が変わるという芸の細かさ。もちろん、数字は荒川線の前身となった27系統と32系統である。6086号の展示は交通局の公式Webサイト等には記載されておらず、荒川電車営業所の職員有志によるものと思われるが、明らかに玄人受けするであろうこの演出は"もの好き"な職員氏が関わっていると思われ、非常に頼もしいものである。