KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2011.11.15

震災後の運行状況その3。4月4日から実施された特別ダイヤである。

D10253.jpg

京成3600形 3688編成
2011.5.6/西 船

▲特急からの種別変更で通勤特急成田空港行として走る7A03。朝のラッシュ時間帯に下り通勤特急が設定されるのは初めてのこと

京成線では震災の発生以降、3月22日から土休日ダイヤをベースとした臨時ダイヤでの運行が続いていたが、4月4日より学校の新学期が始まるのに合わせる格好で震災臨時ダイヤNo.2という平日ダイヤをベースとした特別ダイヤでの運行が始まった。大まかな内容は以下のとおりとなっている。

  • スカイライナーとイブニングライナーの一部運休、シティライナーの全面運休
  • 朝ラッシュ時間帯、うすい発着列車の一部を大和田発着に変更
  • 朝ラッシュ時間帯、うすい〜ユーカリが丘間の徐行運転に伴う時刻変更
  • 日中時間帯、うすい発着の列車の半数を大和田発着に変更
  • 日中時間帯、津田沼発着の列車の半数を高砂発着に変更
  • 夕方〜夜間、上野〜高砂間の普通列車の一部運休
  • 夕方〜夜間、一部列車の運転区間短縮
  • 一部列車の種別を変更

終日にわたり減便が実施されている一方、朝ラッシュ時間帯の上り列車については極力減便を行なわずに輸送力を確保しているのがこのダイヤの特徴になっている。以下、より細かく変更された内容を見ていこう。

スカイライナー・シティライナー

スカイライナーは概ね2時間に1本が運休となった。AE07運行が運用まるごと運休になったほか、AE01運行とAE03運行、AE05運行は各行路の一部が運休になった。シティライナーは全て運休となり、AE100形の出番がなくなった。

朝ラッシュ時間帯

朝ラッシュ時間帯はうすい発着列車の一部を大和田発着とした。うすい行から大和田行に変更されたのは625と629、835の3本、うすい始発から大和田始発に変更されたのは612と718、724、834の4本である。835が大和田行に短縮されたことで大和田以遠の特急通過駅において列車の運転間隔が開いてしまうため、直前を走る7A03特急成田空港行の種別を通勤特急に変更し、列車の運休を救済した。

夕方〜夜間ラッシュ時間帯

夕方〜夜間においては、夕方ラッシュ時間帯に運転される上野〜高砂間の一部列車が運休になった。運休したのは上野発高砂行の1743、1843、1941、1943と、高砂発上野行の1746、1842、1840、1942の計8本。これらの運休列車の救済のため、17A09と18A17、19A05が高砂まで普通高砂行(19A05を除いて高砂から所定の快速として運転、19A05は高砂から運休)に変更されている。

このほか、1722を高砂始発、1738をうすい始発にそれぞれ変更。1693Kと1830を佐倉発着に、1747と1836をうすい発着に変更。これらの救済で1667Kと1917Tの種別を快速特急から特急に変更するなど、列車を適宜間引いた。

D10395.jpg

京成3000形 3011編成
2011.5.16/江戸川

▲所定快速成田行のところ、佐倉までの運転に短縮された1695K。通常ダイヤでは見られない6両編成の快速佐倉行が登場した

以上、4月4日からの震災臨時ダイヤを簡単にまとめてみた。千葉・千原線と北総線などについては別途記事を掲載する予定である。この後、震災臨時ダイヤは5月9日、6月27日、9月10日に改正され、最終的にNo.5まで及ぶことになる。

関連記事

東日本大震災後の運行記録 6 - 北総鉄道の臨時ダイヤ

震災後の運行状況その6、北総鉄道の臨時ダイヤである。北総鉄道でも4月4日より減便を含めた臨時ダイヤが実施された。日中時間帯の運行本数が1時間あたり3本と比較的少ない北総線においては日中の減便は...

東日本大震災後の運行記録 6 - 北総鉄道の臨時ダイヤ
東日本大震災後の運行記録 5 - 京成車の新京成運用代走

震災後の運行状況その5、ここでは京成千葉・千原線、および直通運転を行なっている新京成線を中心にみていこう。東日本大震災後、3月13日には一旦通常運行に戻った京成千葉線〜新京成線の直通運転は...

東日本大震災後の運行記録 5 - 京成車の新京成運用代走
東日本大震災後の運行記録 4 - 5月9日からの特別ダイヤ

震災後の運行状況その4。5月9日から実施された特別ダイヤである。東日本大震災以後から続いている臨時ダイヤでの運行だが、5月9日にさらにその一部が変更され、震災臨時ダイヤNo.3の使用が開始された...

東日本大震災後の運行記録 4 - 5月9日からの特別ダイヤ
東日本大震災後の運行記録 2 - 3月22日からの特別ダイヤ

震災後の運行状況、その2。3月22日から施行された特別ダイヤである。3月11日の地震の影響による東京電力管内の電力逼迫を受け、3月22日から特別ダイヤでの運行がスタートした。そのダイヤは...

東日本大震災後の運行記録 2 - 3月22日からの特別ダイヤ
東日本大震災後の運行記録 1 - 翌3月12日の運行状況

「あの日」から半年である。奇しくもその半年をむかえる前日の9月10日から京成線はようやく震災前のダイヤにほぼ戻ったわけだが、この半年間は震災の被害あるいは東電管内の電力不足に伴う節電対策により...

東日本大震災後の運行記録 1 - 翌3月12日の運行状況

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了