KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2011.12.22

東日本大震災後の運行記録 4に関連して、京成本線の運用に入る3050形の話題を取り上げる。

5月9日から実施された震災臨時ダイヤNo.3では、アクセス運用から一般運用に繋がるかたちで3050形が京成本線の運用に入るということに触れたが、実際にはそれ以外の一般運用にも多く充当された。当Webサイトでは、これまでに3738編成3798編成のアクセス運用充当を取り上げているが、3700形のアクセス運用充当の裏で3050形の一般運用充当が発生していたのである。

D10984.jpg
▲京成本線経由の快速特急成田空港行として走る3050形
D11209.jpg
▲1日1本のみの通勤特急西馬込行にもたびたび充当

その要因だが、本来であれば入庫後に検査などの時間が確保されている09K(午前中に宗吾に入庫)が、5月9日以降はA15に繋がって終日運用になってしまったため、午前中に宗吾に入庫する一般運用に充当させて、検査などの時間を確保していたものと思われる。しかし、3056編成が実に半月に渡って一般運用に充当し続けるということもあったことから、これらの都合に加えて、消費電力の少ないVVVF車を優先的に運用に入れるといった事情もあったのかもしれない。

東日本大震災の発生前までは(2011年2月3日の83Kを除いて)厳格にアクセス運用のみに使用されてきた3050形だが、大震災という非常事態において、その枠を取り払った運用が行なわれていたのであった。

関連記事

京成3050形 京成本線を走る その4

12月10日から13日にかけて、3050形が京成本線の運用に入った。12月10日に3052編成が、追って12月11日に3053編成が09Kから宗吾に入庫せずにそのままA15に流れており、京成本線...

京成3050形 京成本線を走る その4
京成3700形 成田スカイアクセス線を走る その2

京成3700形のアクセス運用、その2。3798編成が6月8日より2日間、アクセス運用に入った。8日に05Kで宗吾を出庫し、翌9日の11K(午前中の高砂入庫まで)に充当している。3700形(1次車...

京成3700形 成田スカイアクセス線を走る その2
京成3700形 成田スカイアクセス線を走る

以前、「京成3050形 京成本線を走る」という記事を掲載したが、それと逆の現象である。3738編成が原因は不明ながら5月17日より3日間、通常は3050形が充当されるアクセス運用に入った。17日...

京成3700形 成田スカイアクセス線を走る
京成3050形 京成本線を走る

4月11日の夕方、および12日の朝方に発生した大きな地震により、京成線のダイヤは大幅に乱れた。この影響で車両運用にも乱れが生じており、15日まで3050形の本線における営業運転が見られた。過去...

京成3050形 京成本線を走る
京成3050形 初の試運転を実施

2010年の初撮りは新型車両3050形の試運転。いやぁ、めでたい。というわけで、本日1月8日、3050形3051編成が試運転を行なった...

京成3050形 初の試運転を実施

京成タグはありません