KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2012.02.13

震災後の運行状況その6、北総鉄道の臨時ダイヤである。

D10402.jpg

北総7800形 7808編成
2011.5.16/秋 山

▲新鎌ヶ谷行として運転された1831N

北総鉄道でも4月4日より減便を含めた臨時ダイヤが実施された。日中時間帯の運行本数が1時間あたり3本と比較的少ない北総線においては日中の減便は実施せず、夕方から夜間にかけて一部列車の運休や運転区間の短縮を行なった。通常ダイヤとの変更点は次の通り。なお、ダイヤの変更は平日のみとなっている。

  • 1624N、1725Nを運休
  • 1551Tb、1831Nの新鎌ヶ谷〜印西牧の原間を運休
  • 1740T、1938Nの印西牧の原〜新鎌ヶ谷間を運休
  • 1739Nを印旛日本医大まで延長運転

北総鉄道の臨時ダイヤ最大の注目は、やはり新鎌ヶ谷行が運転されたことであろう。印西牧の原行の1551Tbと1831Nの新鎌ヶ谷〜印西牧の原間が運休となったことから、両者は新鎌ヶ谷行として運転された。高砂方面から新鎌ヶ谷行が定期的に走るのは初めてのことと思われる。なお、羽田空港始発の1831Nは京急線内の案内等が新鎌ヶ谷に対応していないことから、泉岳寺まで高砂行として案内されていた。

D10258.jpg

都営5300形 5307編成
2011.5.6/大 町

▲都営車の新鎌ヶ谷行1551Tb

1551Tbは新鎌ヶ谷到着後、同じく新鎌ヶ谷まで運休の1740Tに、1831Nは1938Nとなってそれぞれ折返した。このほか、本来であれば印西牧の原で1551Tbからの折返しとなる1850Tには41T充当車を、1831Nからの折返しとなる2030Nには25N充当車をそれぞれ充てている。また、1924Nには印旛日本医大まで1駅延長運転してきた1739Nを折返し充当させた。

必要最低限の減便とは言え、特に1725Nの運休によって夕方〜夜間に20分以上列車が来ない時間帯ができてしまったことには、利用者は不便に感じていたことだろうと思われる。6月27日からのダイヤでは運休していた25Nの1往復が復活(と、1739Nの印旛日本医大までの延長運転解除)、9月10日から通常通りの運行に戻った。

関連記事

東日本大震災後の運行記録 7 - 4連エアポート急行の運転

震災後の運行状況その7は、京急線における臨時ダイヤを見てみよう。京急電鉄は、11日の震災発生以後終日にわたり全線で運転を中止していたが、翌12日の始発より泉岳寺〜品川間を除いて運転を再開している...

東日本大震災後の運行記録 7 - 4連エアポート急行の運転
東日本大震災後の運行記録 5 - 京成車の新京成運用代走

震災後の運行状況その5、ここでは京成千葉・千原線、および直通運転を行なっている新京成線を中心にみていこう。東日本大震災後、3月13日には一旦通常運行に戻った京成千葉線〜新京成線の直通運転は...

東日本大震災後の運行記録 5 - 京成車の新京成運用代走
東日本大震災後の運行記録 4 - 5月9日からの特別ダイヤ

震災後の運行状況その4。5月9日から実施された特別ダイヤである。東日本大震災以後から続いている臨時ダイヤでの運行だが、5月9日にさらにその一部が変更され、震災臨時ダイヤNo.3の使用が開始された...

東日本大震災後の運行記録 4 - 5月9日からの特別ダイヤ
東日本大震災後の運行記録 3 - 4月4日からの特別ダイヤ

震災後の運行状況その3、4月4日から実施された特別ダイヤである。3月22日から土休日ダイヤをベースとした臨時ダイヤでの運行が続いていたが、学生の新学期が始まるのに合わせる格好で、4月4日より...

東日本大震災後の運行記録 3 - 4月4日からの特別ダイヤ
東日本大震災後の運行記録 2 - 3月22日からの特別ダイヤ

震災後の運行状況、その2。3月22日から施行された特別ダイヤである。3月11日の地震の影響による東京電力管内の電力逼迫を受け、3月22日から特別ダイヤでの運行がスタートした。そのダイヤは...

東日本大震災後の運行記録 2 - 3月22日からの特別ダイヤ

北総鉄道変則運行