KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2012.02.29

1月中旬頃より車体の改修工事を行なっていたという3708編成だが、このほど工事が完了し、営業運転に復帰したので、早速その内容を見てみよう。

D13548.jpg

京成3700形3708編成 車内
2012.2.29/**

▲車体改修工事が行なわれた3708編成の車内

大雑把に観察した範囲で変化が見られた箇所は次の通り。

  • ドア周りに注意喚起の黄色いテープを貼付
  • 床の張替えを実施、3000形と同様のグレーの濃淡に
  • 側窓の一部を完全固定化

このほか、車外においては腰部および幕板部の帯テープが貼替えられており、3000形同様と思われる明るい赤と青の帯となっている。

一方、案内表示器類に変化はなく、車椅子スペース設置等のバリアフリー対応も見送られており、全体的に必要最低限の改修といった印象。他社における同世代の車両のリニューアル工事の内容を見ていると、今回の3708編成の改修工事には残念ながら物足りなさを感じてしまう。3700形も登場から20年が経過していることを踏まえると、手を加えるのであれば更新という形で、より大規模な改修をやっていただきたかったように思う。

D13551.jpg

京成3700形 3708編成
2012.2.29/菅野〜八幡

▲雪の中走る3708編成

そもそも、手を加えるのならば、3708編成は昨年3月〜4月の全般検査というタイミングがあったはずだ。工事を行なった時期といい、その内容といい、いわゆる年度末の予算消化というあたりが真相だろうか。

関連記事

京成3700形 シングルアーム式パンタグラフに

京成3700形3708編成の見た目に変化。11月18日、宗吾工場において全般検査を実施していた3700形3708編成が出場した。同編成は今回の全般検査を機にパンタグラフが交換されており...

京成3700形 シングルアーム式パンタグラフに
京成3700形 成田スカイアクセス線を走る その2

京成3700形のアクセス運用、その2。3798編成が6月8日より2日間、アクセス運用に入った。8日に05Kで宗吾を出庫し、翌9日の11K(午前中の高砂入庫まで)に充当している。3700形(1次車...

京成3700形 成田スカイアクセス線を走る その2
京成3700形 成田スカイアクセス線を走る

以前、「京成3050形 京成本線を走る」という記事を掲載したが、それと逆の現象である。3738編成が原因は不明ながら5月17日より3日間、通常は3050形が充当されるアクセス運用に入った。17日...

京成3700形 成田スカイアクセス線を走る

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成改造