KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2012.02.26

前代未聞、事業用車両のさよなら運転。

D13417.jpg

東急7200系 デヤ7200+デヤ7290
2012.2.26/宮前平

▲長津田から大井町に向けて、田園都市線を上るデヤ
D13461.jpg

東急7200系 デヤ7200+デヤ7290
2012.2.26/洗足池〜石川台

▲編成両端にHMを掲出して運転

東急電鉄では新型総合検測車デヤ7500系"TOQ i"を導入するとしているが、これに伴い引退するデヤ7200+7290のさよなら運転が26日に実施された。運転経路は、長津田→二子玉川→大井町→大岡山→田園調布→多摩川→蒲田→五反田→蒲田→多摩川→田園調布→奥沢(奥沢車庫に入庫)、奥沢→日吉→菊名→渋谷→武蔵小杉(元住吉検車区に入庫)、武蔵小杉→大岡山→二子玉川→長津田という東急各線を1日かけて走りまわるというもので、東急全線を検測しながら走っていたデヤにとってふさわしいさよなら運転となった。デヤ7200には「ありがとうデヤ7200」、デヤ7290には「さようならデヤ7290」のヘッドマークを掲出、途中の渋谷では花束贈呈式が執り行われるなど、東急のデヤに対する労いの気持ちが大きく表れたさよなら運転といった感じである。

ただでさえギャラリーが多くなりがちなさよなら運転に加え、基本的にはいつ走っているのか分からない事業用車両が走る時間を予告して走るということだけあって、各駅、各撮影地ともものすごい人であった。これに対しては東急電鉄もぬかりなく、この日限定で1日乗車券(東急ワンデーオープンチケット)を発売し、デヤの撮影者に対応した。私もこのチケットを用いてデヤの追っかけを敢行、効率良く各所で撮影することができた。

D13472.jpg

東急7200系 デヤ7200+デヤ7290
2012.2.26/奥 沢

▲この日、多くの人の注目を集めたデヤ

また各駅では、デヤという突如表れた珍客に、事情を知らない一般の乗客が一様に目が釘付けになっていたのが印象的であった。さよなら運転を追いかけた趣味者だけでなく、運良くもデヤに出くわした乗客にとっても、デヤという特異な存在を印象付けたに違いないだろう。

最新記事

京成3600形3688編成 リバイバルカラーの1年

京成3600形3688編成がリバイバルカラーとなってからまもなく1年が経とうとしている。リバイバルカラーの1周年を記念して、3688編成のこの1年の動きを振り返ってみよう。3688編成が...

京成3600形3688編成 リバイバルカラーの1年
京急1000形 さようなら「ドレミファインバーター」

さようなら、「ドレミファインバーター」。7月20日、京急1000形1033編成が更新工事前の運行を終了した。同編成は2100形より採用されたドイツ・シーメンス製のGTO-VVVFインバーターを...

京急1000形 さようなら「ドレミファインバーター」
京成線 京成トラベルサービス主催の鉄道ファン向けツアーまとめ

京成トラベルサービスが主催する鉄道ファン向けのツアーをまとめてみた。京成電鉄と京成トラベルサービスでは、京成トラベルサービス主催・京成電鉄後援という格好で鉄道ファン向けのツアーを開催している...

京成線 京成トラベルサービス主催の鉄道ファン向けツアーまとめ
京成3000形「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク

赤ちゃんパンダ、お誕生おめでとう。京成電鉄では、6月末より「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク電車を運行している。これは、6月23日に上野動物園のジャイアントパンダであるリーリーとシンシン...

京成3000形「ふたごの赤ちゃんパンダ誕生」ヘッドマーク
四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K

2ヶ月間だけ走った浅草橋行。京成車編。新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い政府より1月8日に発出された2回目の緊急事態宣言では、夜間の外出抑制のため各線で終電の繰上げが実施されることになった...

四直珍列車研究 115 - 土休日 2373K