KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2012.04.25

少々鮮度落ちとなってしまった話題だが、静岡鉄道新静岡駅リニューアルを取り上げる。この新静岡駅のリニューアルは、新静岡センターの再開発に合わせて実施していたもので、新静岡セノバ開業に対応した2011年10月1日ダイヤ改正に合わせて正式にリニューアルオープンとなっている。

N02335.jpg

新静岡駅 外観
2006.8.29/**

▲ビフォー
P11786.jpg

新静岡駅 外観
2011.12.23/**

▲アフター

ビフォー・アフターの写真を見ていただければお分かりのように、基本的に軌道はいじっておらず、駅母屋や上屋などの躯体を徹底的に改修したものとなっている。最も大きく変わったのは旅客の動線で、改修前は地下1階にあった改札からのりばへ上がる構造となっていたが、改修工事で改札が地上1階に移り、電車に乗るために上下の移動を伴わなくなった。駅は新静岡セノバに直結しており、駅の入口から改札を通って電車のりばに至るまで一切の段差がない。実にバリアフリーな空間を実現しており、駅として模範とすべき構造である。

D12858.jpg

新静岡駅 正面
2011.12.23/**

▲駅の入口はセノバ新静岡に直結
D12860.jpg

新静岡駅 ラチ外コンコース
2011.12.23

▲一切の段差なしにのりばまで直結
D12862.jpg

新静岡駅 ホーム
2011.12.23

▲頭端式2面3線のホーム

このほか、タッチパネル式の券売機、LCDによる発車案内、スレッドラインによる列車への注意喚起、シースルー形の改札等々、中小私鉄ながら大手私鉄顔負けの設備が整っている。さらにこれを機にサイン類も一新され、新しい静岡鉄道のロゴタイプが制定されるなどしている。

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

静岡鉄道駅施設