KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2012.04.30

世間は大型連休。残念ながら私は特にどこへと行く予定もないので、腹いせ(?)に3月に訪れたベトナム南部の都市ホーチミン・シティを回顧してみる。ホーチミン・シティの公共交通、とりわけバスについての話題を取り上げてみよう。

X50089.jpg

ベンタイン・バスターミナル
2012.3.16/**

▲市内中心部に位置するベンタイン・バスターミナル

ホーチミン・シティは人口約800万を擁するベトナム最大の都市であるが、路面電車、地下鉄、MRTなどの軌道系の都市交通は存在しない。市内中心部に位置するベンタイン市場とタンソンニャット国際空港などを結ぶ地下鉄の計画もある模様だが、工事をしている気配は感じられなかった1)。そのため、今のところ、都市内の移動は道路交通に頼らざるを得ず、加えて近年の経済成長で車やバイクの台数が爆発的に増加しており、市内の道路は常に混雑している。ホーチミン・シティを訪れて実感するのは、とにかくバイクが多いことである。ホーチミン・シティだけで400万台ものバイクが走っているらしく、朝夕のラッシュ時は道路がバイクで埋めつくされるほどである。

D14172.jpg

チョロン・バスターミナル
2012.3.15/**

▲バスが大量に並ぶチョロン・バスターミナル

と言うわけで、ホーチミン・シティの公共交通と言うと、それはほぼ路線バスである。市内に何ヶ所かあるバスターミナルを中心に、市内を網の目のように走っている。その系統数はなんと110以上! バイクも多いが、バスも市内の至る所で目にすることができる。市当局としても悪化する道路混雑に対し、地下鉄開業までの繋ぎとして、公共交通であるバスの利用を促進する政策を実施しているとのことで、バス停上屋の設置、バス車両の改善(ワンマン運転、特にエアコン設置)、バスマップの作成など、バスを利用しやすい環境が整ってきていると言える。

Z00005.jpg

ホーチミン・シティ バス路線図(原寸は610mm x 410mm)

▲案内所で「Bus map, please!!」と叫んだら出てきた路線図

バスマップは、バスターミナルの案内所でもらうことができた。停留所の掲載はないものの、地図式の路線図になっており、下手な日本のバス会社のものよりも親切なつくりである。上にバスマップを縮小したものを掲載してみたが、市内を網羅していることがお分かりいただけるかと思う。

  • 1)2012年8月末にようやく着工した・・・らしい。

関連記事

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 3 - バンコク路線バス事情

バンコクの交通事情、その3はバスである。バンコクのバスはいかにも前時代的である。前回まで取り上げた軌道系の交通が比較的新しいということもあってとても使いやすいのとは対照的。車両はボロく...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 3 - バンコク路線バス事情
韓国 ソウル首都圏の交通事情 4 - ソウル市内のバス事情

ソウル首都圏の交通事情、続いてはバスの話題を取り上げてみよう。韓国は鉄道よりもバスの国という感じで、都市内で完結する路線バスはもちろん、都市間バスや高速バス、そしてかの有名な4人組が乗った...

韓国 ソウル首都圏の交通事情 4 - ソウル市内のバス事情
ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 乗車篇

というわけで、乗ってみた。とは言え、いきなりボロボロのバスに乗る度胸は無いので、市内のバスの2大拠点であるベンタイン・バスターミナルとチョロン・バスターミナルを結ぶ1系統に乗ってみる。流石...

ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 乗車篇
ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 車両篇 その2

ベトナム、ホーチミン・シティの路線バス事情の車両篇、その2は少数派の車両たちである。以下、チョロンのバスターミナルで見かけたバスを羅列する。やはり韓国製の車両が多い印象である。このほか、ベンツの...

ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 車両篇 その2
ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 車両篇 その1

ベトナム、ホーチミン・シティの路線バス事情、車両を見てみよう。たくさん写真を撮ってきたので、2回に分けてお届けする。ベトナムの道路交通は右側通行ということで、韓国車あるいは韓国車をベースにした...

ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 車両篇 その1

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

海外のバス海外