KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2012.05.22

ベトナム、ホーチミン・シティの路線バス事情、車両を見てみよう。たくさん写真を撮ってきたので、2回に分けてお届けする。

D14301.jpg

ホーチミン・シティのバス
2012.3.16/Bến Xe Chợ Lớn

▲チョロン・バスターミナルに並ぶ大量のバス
D14308.jpg

ホーチミン・シティのバス
2012.3.16/Bến Xe Chợ Lớn

▲ホーチミン・シティで最も多く見かけた中型車(右)と大型車(左)

ベトナムの道路交通は右側通行ということで、韓国車あるいは韓国車をベースにした車両が圧倒的に多い。これらは、自国ベトナムのTransincoあるいはSAMCOというコーチビルダーが韓国の現代自動車(ヒュンダイ)、大宇バス(デウ)などが製造したシャーシに車体を架装している模様である。見かけた車両の頻度からするとTransincoのほうがシェアを占めている感じで、特に現代自動車のエアロという車種に似たボディを持つ大型車は、市内の至る所で見かけることができえる。

今回は、Transinco製のボディを持つ車両の写真を掲載しよう。まずは大型車である。

D14306.jpg

ホーチミン・シティのバス
2012.3.16/Bến Xe Chợ Lớn

▲Transinco製ボディの大型車
D14295.jpg

ホーチミン・シティのバス
2012.3.16/Bến Xe Chợ Lớn

▲かなり年季の入った1台
D14312.jpg

ホーチミン・シティのバス
2012.3.16/Bến Xe Chợ Lớn

▲こちらはメトロ窓を持つ車両

Transinco製ボディの大型車は現代自動車のエアロにそっくりである。もしかしたら、現代自動車から技術供与等があるのかもしれない。なお、現代自動車のエアロも日本の三菱ふそうのエアロバスの技術供与で生産された車両のため、これらの車両は日本のバスにも似ている。だからと言って、現代自動車製のシャーシにのみ架装というわけでもなく、1番上の写真の手前の車両のように、大宇バス製のシャーシにも同じボディを載せているようだ。大元のエアロバスがそもそも路線車向きではないため、"スリーステップバス"となってしまっている。

続いて、中型車をば。

D14297.jpg

ホーチミン・シティのバス
2012.3.16/Bến Xe Chợ Lớn

▲Transinco製ボディの中型車
D14307.jpg

ホーチミン・シティのバス
2012.3.16/Bến Xe Chợ Lớn

▲フロントのHYUNDAIロゴが特徴的な1台
D14293.jpg

ホーチミン・シティのバス
2012.3.16/Bến Xe Chợ Lớn

▲こちらの車両はヘッドライトが丸目

中型車も現代自動車のエアロタウンという車種とほぼ同じボディとなっており、大型車同様に現代自動車製と大宇バス製のシャーシに架装されている。大型車も中型車も、全体としてみれば同じ車体に見えるが、細かいところに目を向ければ、ヘッドライトやクーラーの形状が異なったり、窓のサッシの色が違ったり、同一の車体を持つ車両は果たしているのか? という感じである。1台1台、それぞれに個性があって面白い。

なお、写真を見ていただければお分かりのように、車体に系統番号を始め、行先や経由地をベタベタと貼りまくっているので、路線ごとに車両が固定されているように思われる。

関連記事

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 3 - バンコク路線バス事情

バンコクの交通事情、その3はバスである。バンコクのバスはいかにも前時代的である。前回まで取り上げた軌道系の交通が比較的新しいということもあってとても使いやすいのとは対照的。車両はボロく...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 3 - バンコク路線バス事情
韓国 ソウル首都圏の交通事情 4 - ソウル市内のバス事情

ソウル首都圏の交通事情、続いてはバスの話題を取り上げてみよう。韓国は鉄道よりもバスの国という感じで、都市内で完結する路線バスはもちろん、都市間バスや高速バス、そしてかの有名な4人組が乗った...

韓国 ソウル首都圏の交通事情 4 - ソウル市内のバス事情
ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 乗車篇

というわけで、乗ってみた。とは言え、いきなりボロボロのバスに乗る度胸は無いので、市内のバスの2大拠点であるベンタイン・バスターミナルとチョロン・バスターミナルを結ぶ1系統に乗ってみる。流石...

ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 乗車篇
ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 車両篇 その2

ベトナム、ホーチミン・シティの路線バス事情の車両篇、その2は少数派の車両たちである。以下、チョロンのバスターミナルで見かけたバスを羅列する。やはり韓国製の車両が多い印象である。このほか、ベンツの...

ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 車両篇 その2
ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 路線篇

世間は大型連休。残念ながら私は特にどこへと行く予定もないので、腹いせ(?)に3月に訪れたベトナム南部の都市ホーチミン・シティを回顧してみる。ホーチミン・シティの公共交通、とりわけバスについての...

ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 路線篇

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

海外のバス海外