KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2012.08.17

ようやっとまともな写真が撮れたので。

D15408.jpg

北総7500形 7501編成
2012.8.11/八 広

▲2011年末にフルカラーLEDとなった7501編成

北総車のフルカラーLED化が進んでいる。従来の3色が表示可能なLEDからフルカラーLEDへの交換については京成車や7300形で実績があるが、これがいよいよ7500形と9100形にも波及する格好となった。LEDの交換は各車とも印旛車両基地で実施されている。

7500形

2011年12月に7501編成、翌2012年1月に7502編成、同8月に7503編成がそれぞれフルカラーLEDへの交換を行なっており、7500形全3編成がフルカラーLEDになっている。京成3000形においても2011年度中に全編成へのフルカラーLED化が完了しており、京成グループ標準車両では新京成N800形だけが3色が表示可能なLEDのままになってしまった。

9100形
D15453.jpg

北総9100形 9128編成
2012.8.14/新馬場

▲フルカラーLEDとなった9128編成

9128編成が3月中旬にフルカラーLEDとなっている。7500形のフルカラーLED化が実施され、そうすると独自のLED表示器を持つ9100形は一体どうなるんでしょ、と疑問に思い始めた矢先のことであった。

表示器の交換だけでなく、システムそのものを7500形で使用されているものに取り替えたとのことで、7500形と同等の表示ができるようになっている。特に、側面の行先表示は従来の明朝体のものから7500形と同じものになり、ゴシック体で行先種別を表示するものになった。前面も種別部分がフルカラーのほか白色LEDに交換されているが、側面とは異なりこちらは9100形オリジナルのものである。特筆すべきは運用番号も白色LEDとなっていることで、4直各社局で運用番号が白色LEDでの表示となる車両は初めて。なお、印西牧の原および印旛日本医大行では行先ととともに表示されていたカッコ書きの千葉ニュータウン表示が消えており、この両行先についてはややすっきりとした表示内容になった。

P12058.jpg

北総9100形 行先表示「(飛)急行印旛日本医大」(側面)
2012.8.17/**

▲9100形側面の行先表示

側面は、元々の行先表示よりサイズの大きい表示器を突っ込んだためにどうしても表示の四隅が欠けてしまうが、四隅には文字が掛からないから問題ないという考えなのだろうか。

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

北総鉄道改造