KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2012.08.04

順調に進む京急600形の更新。

D15236.jpg

京急600形 608編成
2012.8.3/大森海岸

▲更新出場後、さっそく空港間直通特急に入った608編成

3月上旬より車体更新のため京急ファインテック久里浜事業所に入場していた京急600形608編成だが、このほど工事を完了し、同所を出場した。試運転は7月30日、営業運転復帰は8月2日の87Hより行なわれている。

今回の更新工事では、更新に合わせて制御装置が三菱電機製のものに統一されたことが特筆される。608編成は新造時より品川方ユニットに三菱電機製、浦賀方ユニットに東洋電機製のVVVFインバータを搭載していたが、651編成(三菱電機製)と制御装置を交換する形で、編成内の制御装置のメーカーの統一を図った。このため、全検あるいは重検のタイミングに合わせて実施されることの多かった600形の更新だが、608編成においては更新工事が単独で実施されている。2011年9月の重検時に更新せずに出てきたのは、前述の機器統一のため、更新を651編成の入場に合わせたためだったようだ。

これにて、600形8両編成の更新が完了した。600形全体としても4両編成4本が未更新車として残っており、これらの更新を残すのみとなっている。

京急改造