KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2012.08.11

夏休みにアクセス特急に乗ってもらおう大作戦。

D15378.jpg

京成3050形 3053編成
2012.8.11/堀切菖蒲園〜お花茶屋

▲早朝下りに設定された臨時のアクセス特急
D15473.jpg

京成3050形 3056編成
2012.8.18/新鎌ヶ谷

▲深夜上りの臨時アクセス特急は、定期列車では設定のない高砂行として運転

京成電鉄では、8月1日より臨時のアクセス特急の運転を開始した。夏季の繁忙期に合わせた列車となっており、上下1本ずつ、下りは早朝5時18分上野発のアクセス特急成田空港行、上りは深夜23時8分成田空港発アクセス特急高砂行がそれぞれ設定されている。定期列車のアクセス特急よりも下りは早い時間に、上りは遅い時間に臨時列車を設定することで、成田空港アクセスの利便性を向上するものとなっている。

車両は定期のアクセス特急と同様に3050形が使用されている。運用は13Kとして設定されており、高砂○→412K回送→513K臨時ア特→604K(土休日は606K、定期列車)→(略)→印西牧の原△、宗吾参道○→2213K回送→2312K臨時ア特→高砂△というふうになっている。特に、早朝下りの臨時列車は定期運用の05Kあるいは07Kに繋がるものとなっているが、運用番号は05K、07Kは使わずに、深夜上りの臨時列車共々13Kが使われており、臨時の運用として明確な区別が行なわれているようだ。深夜上りの臨時運用13Kにはその日の01K、07Kあるいは09K充当車の充当が可能で、番号の見かけでは1運用増ながら、3050形6本で臨時運用13Kを含む7本の運用を賄うことが可能となっている。また、深夜の13K充当車は高砂で夜を明かした後、早朝の13Kにも充当されるという流れになっているようである。

13Kの設定により、通常は宗吾入庫となる編成が1本だけ高砂滞泊となるので、臨時ア特運転開始日前日7月31日の夜に、3052編成が臨時回送で宗吾車両基地から高砂検車区に送られている。この3052編成が翌8月1日の早朝13Kに充当された。臨時アクセス特急の運転終了日の翌日にも、同様の回送が高砂→宗吾参道で運転されるはずである。

D15211.jpg

京成3050形 3052編成
2012.7.31/船橋競馬場

▲翌日の臨時ア特運転開始に備えて3052編成を高砂へ送り込み

臨時のアクセス特急はひとまず8月31日までとなっているが、試行的要素を多分に含んでいると思われ、今後のダイヤに反映されるかどうかが注目される。

関連記事

臨時アクセス特急運転に伴う臨時回送 S07:3054編成

臨時アクセス特急運転に伴う臨時回送。5月9日、京成3050形3054編成の臨時回送が高砂〜宗吾参道間で運転された。ゴールデンウィーク期間中の臨時アクセス特急運転終了に伴うもので、臨時アクセス特急...

臨時アクセス特急運転に伴う臨時回送 S07:3054編成