KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2012.09.13

というわけで、乗ってみた。とは言え、いきなりボロボロのバスに乗る度胸は無いので、市内のバスの2大拠点であるベンタイン・バスターミナルとチョロン・バスターミナルを結ぶ1系統に乗ってみる。

D14299.jpg

ホーチミン・シティのバス
2012.3.16/Bến Xe Chợ Lớn

▲1系統に使用される現代自動車製のバス

流石、トップナンバーの"1"を名乗る系統だけあって、車両は前回ご紹介した韓国・現代自動車(ヒュンダイ)製の新型のものが使われており、便数も多く、概ね5分に1本程度走っているような感じのものであった。バスは前乗り・後降りとなっており、運賃を乗る時に運賃箱に入れ、運転士からチケットを受け取る方式。降りたい時は、とまりますボタンを押して運転士に知らせればよい。次停留所のアナウンス(ベトナム語のみ)もあり、チケット発行の有無を除けば日本のバスと全く同じと言ってよい。さらに冷房も付いており、年がら年中ムシムシした気候のホーチミン・シティにおいて、バスはまるで移動式のオアシスのようである。

D14170.jpg

ホーチミン・シティのバス
2012.3.15/**

▲大量のバイクとともに道を進むホーチミン・シティのバス

アナウンスが一切なくてどこを走っているのか全くわからない上に、降りたい時は運転士に大声で降りたい旨を伝えて降ろしてもらうというような、途上国にありがちな光景を想像していただけに、アナウンスやとまりますボタンが備わっていたことには驚いた。ただし、このような設備が整っているのはまだまだごく一部の系統のみで、その他の系統は車掌が乗務していて車掌が運賃を収受しているようであった。というわけで、ホーチミン・シティの路線バスに乗るのであれば、まずは設備の整った系統から慣れていくのがいいように思われる。

運賃は9kmまでの乗車で4000VND(ベトナムドン、2012年9月現在約15円)であり、非常に安い。路線篇で触れたように市内を密に走っているので、使い慣れればどこへでも安く行くことのできる非常に便利な乗り物である。

◆ ◆ ◆

動画も掲載しているので、大量のバイクを掻き分けて進むホーチミン・シティのバスをご覧いただければ幸いである。

(完)

関連記事

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 3 - バンコク路線バス事情

バンコクの交通事情、その3はバスである。バンコクのバスはいかにも前時代的である。前回まで取り上げた軌道系の交通が比較的新しいということもあってとても使いやすいのとは対照的。車両はボロく...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 3 - バンコク路線バス事情
韓国 ソウル首都圏の交通事情 4 - ソウル市内のバス事情

ソウル首都圏の交通事情、続いてはバスの話題を取り上げてみよう。韓国は鉄道よりもバスの国という感じで、都市内で完結する路線バスはもちろん、都市間バスや高速バス、そしてかの有名な4人組が乗った...

韓国 ソウル首都圏の交通事情 4 - ソウル市内のバス事情
ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 車両篇 その2

ベトナム、ホーチミン・シティの路線バス事情の車両篇、その2は少数派の車両たちである。以下、チョロンのバスターミナルで見かけたバスを羅列する。やはり韓国製の車両が多い印象である。このほか、ベンツの...

ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 車両篇 その2
ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 車両篇 その1

ベトナム、ホーチミン・シティの路線バス事情、車両を見てみよう。たくさん写真を撮ってきたので、2回に分けてお届けする。ベトナムの道路交通は右側通行ということで、韓国車あるいは韓国車をベースにした...

ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 車両篇 その1
ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 路線篇

世間は大型連休。残念ながら私は特にどこへと行く予定もないので、腹いせ(?)に3月に訪れたベトナム南部の都市ホーチミン・シティを回顧してみる。ホーチミン・シティの公共交通、とりわけバスについての...

ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 路線篇

最新記事

京成本線 実籾〜八千代台間の線形改良が完了

京成本線実籾〜八千代台間、実籾カーブの線形改良が完了。京成電鉄が進めている本線実籾〜八千代台間の線形改良工事に大きな動きが生じている。5月19日終電後から翌20日未明にかけて上り線の切り替え工事...

京成本線 実籾〜八千代台間の線形改良が完了
京成線 駅別乗降人員ランキング(2022年度)

2022年度の京成線の駅別乗降人員ランキング! 京成線の全69駅において、どの駅の利用が多いのか少ないのか。京成電鉄が毎年公表しているデータを基に、2022年度の駅別乗降人員をランキング形式で見て...

京成線 駅別乗降人員ランキング(2022年度)
京成電鉄「2023年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも18日に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。2023年度における鉄道事業の...

京成電鉄「2023年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
ちばレインボーバス197号車 リゾートカラーの日野ブルーリボン

リゾートカラーのちばレインボーバスが登場。北総線沿線の印西市に本社を構えるちばレインボーバスは、自社導入の車両のほか、京成バスグループ各社からの経年の移籍車で営業を行っている。同社の移籍車に...

ちばレインボーバス197号車 リゾートカラーの日野ブルーリボン
京成AE形 特別装飾「KENTY SKYLINER(ケンティスカイライナー)」運転(第2期)

お客様がお姫様になっちゃうスカイライナー。第2弾。京成電鉄では、2021年7月より運行を開始したAE形「KENTY SKYLINE(ケンティスカイライナー)」についてリニューアルを実施、2022年...

京成AE形 特別装飾「KENTY SKYLINER(ケンティスカイライナー)」運転(第2期)