KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2012.10.10

前回の記事で京阪特急の鳩の特急マークを取り上げたが、京阪と言えば"副標識"を見逃すわけには行くまい。

D06005.jpg

京阪2600系 2624編成
2010.3.19/西三荘

▲2600系で運転される通勤快急「おりひめ」

京阪の副標識、公式Webサイト等ではヘッドマークと称しているように、一般的な鉄道事業者のヘッドマーク的な役割として、現在ではイベント列車のヘッドマークや沿線のイベント等を告知するためのものという意味合いが強い。色とりどりの副標識が車両を飾る様は、京阪における車両のデザインコンセプトである「花鳥風月」の「花」を体現しており、京阪電車にはなくてはならないアイテムとなっている。

副標識は不定期に掲出するものというイメージが強いと思われるが、定期的に副標識を使用している列車も存在する。2003年9月のダイヤ改正から運転を開始した交野線直通のK特急と準急は、交野市の七夕伝説に肖ってK特急には「おりひめ」、準急には「ひこぼし」の愛称が与えられており、これらの列車には愛称を示す副標識が掲出される。2008年10月のダイヤ改正で「おりひめ」は通勤快急に、「ひこぼし」は快速急行にそれぞれ種別が変更されるが、副標識の掲出は続けられている。

余談ながら、現在では行なわれていないが、毎年7月7日の七夕伝説に合わせて交野線私市駅で実施されたイベントでは「おりひめ」と「ひこぼし」が並ぶという演出がなされていた。K特急「おりひめ」は朝ラッシュ時に運転、準急「ひこぼし」は夜間の運転となっており、普段は同じ時間帯を走ることはない。その両者が7月7日にだけ出会うのだ。これはまさに七夕伝説そのものであり、「おりひめ」と「ひこぼし」の愛称設定から私市駅でのイベント演出までのストーリーの完成度の高さにはアッパレ。企画担当者は相当な頭のキレ者である・・・に違いない。

関連記事

大手私鉄の看板車 6 - 名鉄7700系

大手私鉄の看板車、その6は舞台を中京に移してみよう。中京地区の大手私鉄といえば、言わずもがな名鉄である。2010年に引退した7700系である。7700形は名鉄では行先方向幕等を装備しない最後の...

大手私鉄の看板車 6 - 名鉄7700系
大手私鉄の看板車 4 - 京阪8000系8531編成 京阪特急

有料特急を走らせていない事業者で、京阪ほど特急のブランドにこだわっているものもないだろう。京阪特急と言えば、やはり鳩の特急ヘッドマークであろう。1950年代に公募によってデザインされたという鳩の...

大手私鉄の看板車 4 - 京阪8000系8531編成 京阪特急
大手私鉄の看板車 3 - 阪神2000系 高校野球特急板

阪神電車、春夏の風物詩。"看板車"というとちょっとズレるかもしれないが、高校野球の特急板を掲げて走る阪神2000系である。高校野球と言えば甲子園、甲子園と言えば阪神電車というわけで、春の...

大手私鉄の看板車 3 - 阪神2000系 高校野球特急板
大手私鉄の看板車 2 - 阪神5311形

大手私鉄の看板車、その2は阪神5311形である。阪神電車では2010年10月まで5311形が行先の表示に看板を使用して走っていた。先に紹介した阪急電車とは違ってこちらは本線で看板を堂々と掲げて...

大手私鉄の看板車 2 - 阪神5311形
大手私鉄の看板車 1 - 阪急今津線3000系

・・・"看板車"と言っても、看板娘のような電車ではない。方向幕を装備していないなどの理由で、文字通り看板を掲げた車両のことである。方向幕が普及する前は当たり前のように走っていたが、今はもう風前の...

大手私鉄の看板車 1 - 阪急今津線3000系

京阪タグはありません