KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2012.10.23

10月21日ダイヤ改正の記事でも触れた通り、今回のダイヤ改正では都営車1本と京急車1本の夜間滞泊場所の交換が実施されており、これに伴ってダイヤ改正前日となる20日に代走が見られた。

X50463.jpg

京急新1000形 1081編成
2012.10.20/四ツ木

▲1日早く見られた京急車の浅草橋行終車、15TH表示の1081編成

それは羽田空港入庫の67Hと浅草橋入庫の15Tの充当車を運行途中で交換することとし、2167Hと2315Tが接続する泉岳寺で車両交換を実施した。2366Hからの67Hは都営車(当日は5314編成が充当)が、2315T泉岳寺からの15Tは京急車(同じく1081編成)がそれぞれ代走し、所定の場所に入庫して翌日(入庫時点では当日とも言えるが)のダイヤ改正に備えた。

◆ ◆ ◆

なお、京急車の浅草橋滞泊が設定されることから、日中時間帯に浅草橋駅の折返し線にて実車を使った乗務員訓練が実施されていた。8月中旬ごろからダイヤ改正直前まで、浅草橋発着の臨時回送99Hがたびたび設定されていたが、この訓練のための回送であった。

D15794.jpg

京急新1000形 1065編成
2012.9.23/立会川

▲8月中旬ごろから運転されていた浅草橋発着の臨時回送99H

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了