KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2012.11.04

この日、たまたま京都にいたので撮ってみた。

D16430.jpg

京阪8000系 8531編成
2012.11.3/八幡市

▲8531編成による臨時快速特急「洛楽」

11月3日、京阪8000系8531編成による臨時快速特急「洛楽」が運転された。京阪では2011年の秋から、春と秋の行楽シーズンに京橋〜七条間ノンストップの臨時快速特急「洛楽」を運転させている1)が、その3シーズン目の初日に、しかもその1本目に8531編成をぶつけてきた格好だ。8531編成の「洛楽」への充当は、京阪電鉄の公式Webサイトなどで予告されていたもので、今シーズンにおける「洛楽」運転の最終日(12月2日)にも同じく8531編成の充当が予定されている。元来、「洛楽」は京都へ向かう行楽客向けの臨時列車であるが、来春に引退する予定となっている8531編成をもってくるあたり、趣味者向けのイベント列車としての性格が濃くなっている。

8531編成は、9月末より車両の前面を1995年以前の姿に近づけた"クラシックタイプ"として運転している。今回の「洛楽」充当にあたっては「洛楽」の副標識と「洛楽」の愛称が付く前の2011年秋の運転で使われた「京橋〜七条間ノンストップ」の副標識が掲げられ、鳩の特急マークと合わせて豪華3枚看板になった。8531編成は前述のように12月2日の「洛楽」に再度充当予定のほか、4日からは懐かしの副標(「びわこ連絡」&「ミシガン」)が通常運用時に掲出される予定となっており、来春の引退に向けて最後の花道が目白押しという雰囲気である。

  • 1)「洛楽」という愛称が付されたは2012年春の運転から。

関連記事

大手私鉄の看板車 番外編 - 京阪8000系30番台"クラシックタイプ"

"名車"を引退させるのは大変である・・・。大手私鉄に残る看板車として、以前に京阪8000系の8531編成を取り上げたが、その8531編成が引退を前にしてパワーアップ。なんと、2012年9月末より...

大手私鉄の看板車 番外編 - 京阪8000系30番台
大手私鉄の看板車 5 - 京阪2600系「おりひめ」「ひこぼし」

前回の記事で京阪特急の鳩の特急マークを取り上げたが、京阪と言えば"副標識"を見逃すわけには行くまい。京阪の副標識、公式Webサイト等ではヘッドマークと称しているように、一般的な鉄道事業者の...

大手私鉄の看板車 5 - 京阪2600系「おりひめ」「ひこぼし」
大手私鉄の看板車 4 - 京阪8000系8531編成 京阪特急

有料特急を走らせていない事業者で、京阪ほど特急のブランドにこだわっているものもないだろう。京阪特急と言えば、やはり鳩の特急ヘッドマークであろう。1950年代に公募によってデザインされたという鳩の...

大手私鉄の看板車 4 - 京阪8000系8531編成 京阪特急
京阪石山坂本線 2006年春

この前京津線について書いたが、浜大津にはもう一線、石山坂本線という線が乗入れており、かわいい2両編成の電車が走っていた...

京阪石山坂本線 2006年春
京阪京津線 2006年春

今年の春に関西・九州・四国に出掛けてきたので、その時撮ったものを少しずつ出していこうかと思う...

京阪京津線 2006年春

最新記事

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現

新京成8800形に新たな形態が出現。新京成8800形で2016年度より進められている車体のリニューアル工事について、異変が生じている。8800形のリニューアル工事は、VVVFインバーター装置の...

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現
京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示

京成3400形に残る「北総・公団線」表記。京成高砂から東松戸、新鎌ヶ谷を抜けて千葉ニュータウンに至る北総線は、かつて北総・公団線と言っていた。千葉ニュータウン内の鉄道整備において、諸々の事情から...

京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示
京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク

パンダが日本に来てから半世紀。京成電鉄では、10月下旬から12月末まで3000形に「パンダ来日50周年記念」ヘッドマークの掲出を行った。1972年10月に日本で初めてジャイアントパンダ「カンカン...

京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク
新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の新年ヘッドマークの掲出を行っている。今年で15年目となるヘッドマークの干支は「卯」。新年...

新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)
京成3500形 走り続けて50周年

走り続けて半世紀。京成電鉄における最古参の車両として走る3500形。そんな3500形は2022年12月、めでたくデビュー50周年を迎えた。1972年12月26日に竣工(入籍)した3504編成...

京成3500形 走り続けて50周年