KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2012.12.23

鉄道車両の撮影会は何度か体験したことがあるが、バスは初めてである。

X50614.jpg

都営バス E400号車ほか
2012.12.22/深川自動車営業所

▲今回の撮影会の主役、至極の3台

12月22日、都営バス深川自動車営業所でクリスマスイベントとしてE370号車、E400号車、F463号車の撮影会が行なわれた。いずれも同営業所の所属で、今年度に退役済の車両である。規模の大きい都営バスだと年に多数の廃車が出ると思われるのだが、その中でも撮影会が行なわれるほどに、この3台は特別な車両ということなのだろう。

X50562.jpg

都営バス E400号車
2012.12.22/深川自動車営業所

▲都営バスでは数少ない中扉がグライドスライド式のE400号車
X50582.jpg

都営バス F463号車
2012.12.22/深川自動車営業所

▲日本に一台しかないというタイプのF463号車
X50611.jpg

都営バス E370号車
2012.12.22/深川自動車営業所

▲都営バスでは2台しか在籍していない珍車のうちの1台、E370号車

撮影会当日の天気はあいにくの大雨。荒天でイベント中止の可能性もあったところを何とか開催したというハナシを伺って、交通局としてもこの3台を主役にしたイベントをしたいという想いが伝わってきた。小さくて簡素なイベントであったが、非常によいイベントに参加することができた。

関連記事

都営バス 90周年記念旧塗装ラッピングバス撮影会

都営バス運行開始90周年の旧塗装ラッピングバスが一堂に会するって言うんで、深川車庫に行ってみた。1月18日、都営バス深川営業所で90周年記念旧塗装ラッピングバスの撮影会が行なわれた。都営バスは...

都営バス 90周年記念旧塗装ラッピングバス撮影会

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

都営バス引退 撮影会