KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2013.01.27

京成電鉄では、成田山への多客に対応して1月の土休日ダイヤ実施日に臨時のシティライナーの運転を行なった。

D16965.jpg

京成AE100形 AE-168編成
2013.1.27/船橋競馬場〜谷津

▲午前中に1往復運転された臨時のシティライナー

1月中の臨時シティライナーの運転は2011年より毎年恒例のものとなっているが、2012年10月にダイヤ改正を実施したことで、今年の臨時シティライナーは過去2年とはやや異なる運転形態となっている。予めダイヤに組み込まれた臨時のスジを用いており、昨年にご紹介したような定期列車を巻き込んだ運用変更をする必要がなくなった。昨年のダイヤ改正時に発売された京成時刻表において、優等列車の追い抜きがないにもかかわらず不自然に長時間停車を行なう列車があることに気づいた方もおられると思われるが、実はそこに臨時シティライナーのスジが存在していたということである。

シティライナーを担当しているAE100形についても動きがあり、昨年末にAE-158編成が廃車となった。これで、残るAE100形はAE-138編成とAE-168編成の2本となっている。2本あれば1日1往復の運転と、運転日を限定した臨時列車の運転は十分に行なうことができるが、1日1往復の列車のために2本もの編成を残しておくことはいささか非効率であり、京成としてシティライナーの運転も含めた今後のAE100形の処遇をいったいどのように考えているのか、気になるところである。

関連記事

京成AE100形 特急「シティライナー」に乗る

12月5日のダイヤ修正にてついに定期運行が取り止められることとなった特急「シティライナー」。9月のある日に乗る機会があったので、その時の様子などを適当に記してみる。今回乗車したのは...

京成AE100形 特急「シティライナー」に乗る
京成AE100形 東成田に現る

正月の臨時シティライナー運転に関するトピック、その2。午後の上り臨時シティライナー98号の運転に伴って、京成AE100形の東成田入線が見られた。臨時シティライナー98号は成田始発であるが、前回の...

京成AE100形 東成田に現る
京成AE100形 押上線・都営浅草線を走る

「都営交通100周年記念フェスタ in浅草線」の裏舞台。押上線と都営浅草線をAE100形・・・ある意味でこちらが本チャン・・・?! 「都営交通100周年記念フェスタ in浅草線」の目玉となった...

京成AE100形 押上線・都営浅草線を走る
四直珍列車研究 41 - 平日・土休日 21AE10

AE100形のスカイライナーも今日が最後。とは言っても、スカイライナーの写真を単に載っけただけでは芸がないので、当サイトでは改正前に恒例となっている消える珍列車として扱ってみよう。20数年間...

四直珍列車研究 41 - 平日・土休日 21AE10
スカイライナー「創立100周年記念号」

北総創立30周年のお次は、京成創立100周年をば。京成電鉄では2009年の6月30日に創立100周年を向かえ、公式Webサイト内にも専用のページを設けるなど、100周年に関連する企画がいくつか...

スカイライナー「創立100周年記念号」

最新記事

北総7300形 臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2024年)

今年も春がやってきた。4月21日、北総鉄道が主催する「ほくそう春まつり」の開催に合わせて臨時特急「ほくそう春まつり号」が運転された。昨年、八千代台始発として5年ぶりに運転された当列車だが、今年は...

北総7300形 臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2024年)
千葉シーサイドバス路線図 2024年4月1日版

当Webサイトでは、2023年3月の「千葉シーサイドバス路線図 2023年3月1日版」と題する記事にて千葉シーサイドバスの路線図を公開していたところであるが、約1年ぶりに改訂版を発行する。千葉...

千葉シーサイドバス路線図 2024年4月1日版
京成グループ 車両の動き(2023年度)

京成グループにおける2023年度の車両の動きをまとめてみよう。まずは京成。ここ数年は列車無線のデジタル化に伴う予備車の存在や2度にわたる脱線事故の影響などでイレギュラーな車両の動きが続いていたが...

京成グループ 車両の動き(2023年度)
北総7500形 「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマーク

北総線開業45周年記念。北総鉄道では、3月上旬より7500形おいて「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマークの掲出を行っている。表題のとおり北総1期線(新鎌ヶ谷〜小室)の開業45周年を記念した...

北総7500形 「北総1期線開業45周年記念」ヘッドマーク
タイ国鉄 フアランポーン駅の現在

クルンテープ・アピワット中央駅に続いて、かつての中央駅、フワランポーン駅も訪ねてみた。2023年1月にバンコクの中央駅の地位をクルンテープ・アピワット中央駅に譲ったフアランポーン駅。中央駅の移転...

タイ国鉄 フアランポーン駅の現在