KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2013.03.20

京成電鉄創立100周年のリバイバルカラー電車、終焉へ。

D18123.jpg

京成3300形 3324編成
2013.3.20/西船〜海神

▲最後の最後で"赤電"リバイバル電車の特急列車が実現

3月20日、3324編成"赤電"を使用した臨時特急「さよならリバイバルカラー赤電」が上野〜成田間で運転された。列車名の通り3324編成の引退を記念したもので、3324編成にとって最後の営業運転となる列車となっている。この列車の運転に合わせて、始発となる上野駅では駅長による安全確認、終着となる成田駅では乗務員への花束贈呈が行なわれるなど、3324編成との最後の別れを惜しむイベントが実施された。

列車名やイベントの内容からも3324編成"赤電"の引退が強く印象に残る列車となっているが、今年度は2009年に京成電鉄創立100周年記念としてリバイバルカラーになっていた3312編成、3324編成、3356編成が全て引退となっており、これらリバイバルカラー電車3本の引退を記念して、3324編成が代表してさよなら運転を行なうということのようだ。京成電鉄のプレスリリースでは、リバイバルカラーの中では最も人気の高かった"赤電"が最後の臨時特急に登板するというような記述がみられる。しかし、もちろんそうなのかもしれないけれども、3356編成"青電"が2009年6月に「京成電鉄創立100周年記念列車」で特急金町行として、3312編成"ファイアーオレンジ"は同11月に「ミラフォレスタ号」で特急成田行としてそれぞれ特急運転を行なっており、3本のリバイバルカラーの中では唯一特急として走っていない3324編成を特急として走らせるということが大きいように感じられる。2009年に"青電"と"ファイアーオレンジ"が特急運転を行なってから4年、ようやく"赤電"も最後の最後に特急として運転する機会を得て、これにて3本のリバイバルカラー電車がそれぞれ1回は特急として走ったことになった。

臨時特急「さよならリバイバルカラー赤電」はS17の運番が与えられての運転となったが、スジ自体は1月に運転された臨時シティライナー83号のものを流用している。このため、3312編成の「ミラフォレスタ号」で見られた、特急のくせに市川真間で後続の列車を待避などということはなく、終着の成田まで先着しており、特急の名の通りの運転をすることができた。3324編成にはヘッドマークの掲出が行なわれたが、ヘッドマークの掲出はリバイバルカラーとなった3本の中では唯一かつ最初で最後の出来事である。

関連記事

京成3300形3312編成・3324編成 営業運転終了

3000形3027編成の導入により、3300形3312編成と3324編成が営業運転を終了した。3312編成が3月24日の51運行で、3324編成が同20日のS17運行(臨時特急)でそれぞれ...

京成3300形3312編成・3324編成 営業運転終了
京成3300形3320編成・3356編成 営業運転終了

長い間おつかれさまでした。3000形3026編成の導入により、3300形4連×2本が廃車となった。廃車となったのは3320編成と3356編成で、3320編成は2月15日の59運行、3356編成は...

京成3300形3320編成・3356編成 営業運転終了
京成3300形 創立100周年リバイバルカラー電車、雪晴れを走る

1月14日、首都圏は記録的な大雪に見舞われた。大雪の中を走る京成線は撮ることができなかったが、快晴となった翌15日は時間を作って撮影に出かけてみた。もしかしたら雪との組合せはこれが最後になるかも...

京成3300形 創立100周年リバイバルカラー電車、雪晴れを走る
京成3300形3324編成"赤電" 北総線を快走

北総線を走る京成車の臨時回送、ようやく撮影することができた。2月5日、3300形3324編成"赤電"リバイバル車が印旛車両基地から宗吾車両基地まで回送された。"赤電"が印旛車両基地に足を運んだ...

京成3300形3324編成
京成3300形3324編成"赤電" 都営浅草線を走る

2年に1度、馬込車両研修所で開催される「都営フェスタ in 浅草線」だが、今年は都営浅草線の開業から50周年ということで、その開業日である12月4日に合わせての開催、名称も「都営地下鉄開業...

京成3300形3324編成

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化