KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2013.04.05

芝山鉄道による壮大なエイプリルフールネタである(違)

芝山鉄道の3月29日付けのプレスリリースの通り、4月1日をもって芝山鉄道の所属車両が変更となった。京成3500形3540編成が芝山鉄道3500形3540編成となっており、芝山鉄道3500形が新しくお目見えすることになった。

D18194.jpg

芝山鉄道3500形 3540編成
2013.4.10/西船〜海神

▲芝山鉄道所属となった3540編成、車体側面のK'SEI GROUPステッカーがない

4月1日付けで芝山鉄道所属車となった3540編成は、翌2日から4両編成として営業運転に入った。3500形が芝山鉄道の所属となることで、赤と緑の芝山カラーの3500形の登場かと思われたが、4月5日現在において京成車とほとんど変わらぬ姿で運転されている。車体側面のKeiseiプレートもそのままの状態となっており1)、一見すると京成車そのものだが、側面中央のK'SEI GROPUステッカーがないことが芝山鉄道所属車であることの証となっている。

3540編成は3月末まで3536編成とで8両編成を組んでいたので、(3540編成が芝山カラーになると仮定して)3100形、3150形以来となる混色編成、さらには3618編成にはできなかった京急線への乗入れも期待されたが、これらは今のところ実現していない。しかしながら4両編成となったことで、芝山車としての営業初日となった2日には千葉・千原線へ、12日には金町線に入っており、これらはそれぞれ芝山鉄道所属車として初入線になっている。

D18291.jpg

京成3600形 3618編成
2013.4.21/菅野〜八幡

▲京成に戻った3618編成は芝山カラーのまま運転中

一方、2002年の芝山鉄道開業以来芝山車として運転してきた3618編成はというと、同日付で京成電鉄に戻っている。こちらは前面の芝山鉄道ロゴの撤去と側面のKeiseiプレートおよびK'SEI GROUPステッカーの復元を行なったものの、依然として芝山カラーのままとなっている。ゆえに、4月1日の芝山鉄道の所属車両の変更によって、芝山カラーの京成車京成カラーの芝山車というややこしい編成が2本登場してしまったことになる。車両の所属と帯の色が異なることによる弊害は特に見当たらないものの、ちょっと気持ち悪い状態には違いないので、いずれ実施されるであろう検査などを機に、色が改められることを願いたいばかり。

なお、3618編成(8両)が京成に戻って、3540編成(4両)が芝山鉄道へリースされたので、芝山鉄道の所属車両は8両から4両に半減ということになる。芝山鉄道は、運転業務を京成電鉄に委託しているものの第一種鉄道事業者であり、3600形の8両をもって京成電鉄との相互直通運転を実施しているということになっている。これが半分の4両になるということは、仮に8両所属の時点で京成車との車両使用料が相殺されていたとすると、芝山鉄道線の運行本数あるいは両数の削減を行なわないと京成車との釣り合いが取れなくなってしまうことになる。将来のダイヤ改正で動きがあるのか、はたまた車両のリース料以外に金銭的なやりとりがあるのか(もしくはリース料で相殺しているのか)、表からは見えない部分で何が起きているのか気になってしまうところだ。

  • 1)4月22日にKeiseiプレートの上に芝山鉄道ステッカーを貼付

関連記事

京成3500形 8両編成の運用終了

3500形の8両編成、いったん見納めに。最後の1本となっていた3532編成8両が編成をバラされた格好で、3500形の8両編成はいったん見納めとなった。8両編成としての最後の運用は9日の77Kで...

京成3500形 8両編成の運用終了
京成3500形 2+4+2組成の8両編成が常態化

京成3500形の8両編成に異変。3500形の8両編成と言えば4+4の組成が基本であり、ごくまれに2+4+2組成のいわゆる変則8連が走るという感じであったが、昨年の12月より状況が一変している...

京成3500形 2+4+2組成の8両編成が常態化
芝山鉄道3500形 京成カラーのままで全検出場

芝山鉄道カラー、消ゆ。3月3日、3500形3540編成が宗吾工場を出場、八千代台〜芝山千代田間で試運転を行なった。今回の検査でついに緑と赤の芝山カラーの3500形が登場かと思われたところ、従前の...

芝山鉄道3500形 京成カラーのままで全検出場
京成3500形 4+2+2組成の8両編成走る

1日限りの超珍事。2月19日、京成3500形において4+2+2組成の8両編成が走った。上野方より3544+50-49+46-45という編成で、編成中に成田向きの先頭車両が3両も入る超変則的な...

京成3500形 4+2+2組成の8両編成走る
芝山鉄道3500形「成田空港開港35周年記念」広告電車

芝山鉄道所属の3540編成が成田空港一色に。2013年5月中旬より、芝山鉄道所属の3540編成が「成田空港開港35周年記念」の広告電車となっている。2013年5月20日に開港35周年を迎えた...

芝山鉄道3500形「成田空港開港35周年記念」広告電車

最新記事

京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始

半世紀ぶりの大変革。4月17日、京成線と北総線において始発列車よりデジタルSR列車無線(SR無線)の使用が開始された。SR無線を使用する区間は、京成線全線(北総線と重複する区間を除く)と北総線...

京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始
まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)

芝山鉄道タグはありません