KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2013.05.18

硬券乗車券で新幹線に乗る。SuicaやPASMOなどの便利なIC乗車券が普及し、列車に乗るためにきっぷを買うという機会そのものが減っている昨今、そしてもはやチケットレスで新幹線に乗れるというこの時代に、こともあろうにわざわざ昔ながらの硬券乗車券で新幹線に乗ってみようという企画(?)である。前々からやってみたかったのだが、2月のある日、ついに実行してみたのだ。

P17357.jpg

岳南鉄道硬券乗車券+新幹線自由席特急券

▲手前のきっぷが岳南鉄道の硬券乗車券。奥は新幹線に乗るために必要な新幹線特急券

やり方は簡単である。岳南鉄道1)の吉原駅(吉原本町駅でも可)に行き、窓口で吉原から東京山手線内までのきっぷを買う。吉原から三島までは東海道線の普通列車で移動し、三島で新幹線に乗換える(その際、もちろん新幹線の特急券を買うのを忘れずに!)。これだけで、硬券乗車券で新幹線に乗れてしまう。用意するものは多少のお金と時間だけなので、お手軽旅行のコースとしていかがだろう。

これは単純に、岳南鉄道がJR線内で有効な乗車券を昔ながらの硬券で発売しているためである。岳南鉄道では吉原駅でJR線と連絡しているため、同鉄道にて購入したJR線への連絡乗車券がJR線内で使えるきっぷとなるわけだ。ちなみに、岳南鉄道では東海道線との連絡駅である吉原駅の窓口でもJR線への連絡乗車券を取り扱っているので、JR線内で完結する区間の硬券乗車券が買えるということでもある。これは2013年現在ではかなり珍しい事例の模様。なお、岳南鉄道はJR東海としか連絡運輸を行なっていないので、東京までの乗車券は必然的に新幹線経由のきっぷとなる2)が、乗車券の規則として新幹線経由のきっぷでも在来線に乗ることができるため、新幹線を使わずに東海道線で東京まで帰ってくることも可能とのことである。

D17347.jpg

岳南鉄道 吉原駅
2013.2.25/**

▲岳南鉄道吉原駅の窓口。かなり雑然としているが、本稿のミッションを達成するためのキーアイテムが手に入る重要なところである

要するに、JR線との連絡運輸(もちろん新幹線区間を含む)を行なっていて、かつ今でも硬券できっぷを発行している事業者を利用すれば、硬券乗車券で新幹線に乗ることができるということ。このような鉄道事業者は岳南鉄道のほか、大井川鉄道や北近畿タンゴ鉄道3)あたりが該当するようだ。本稿のように実際に硬券乗車券で新幹線に乗りましたぜ〜、というレポートはネット上にもゴロゴロ転がっているので、ぜひとも参考にしてみよう。

ところで、硬券乗車券では当然ながら自動改札を通過することができないので、改札は有人の通路を通ることになる。三島駅新幹線乗換口の駅員は岳鉄の硬券乗車券を見る機会がしばしばあるようで、流石に慣れた対応であった。東京駅の若い駅員氏がいいリアクションをしてくれたのでニヤリである。今ではほとんど見かけなくなったこのきっぷをプロに見せた時の反応も、また一興と言えよう。

(注)岳南電車では2017年3月のダイヤ改正でJR東海との連絡運輸を縮小したため、東京山手線内までの硬券乗車券は買えなくなってしまった模様です。(2019年3月追記)

  • 1)岳南鉄道は2013年4月1日付で鉄道事業を分社化し、現在は岳南電車となっている。
  • 2)在来線だと熱海から東がJR東日本となるため。
  • 3)北近畿タンゴ鉄道は2015年4月1日より京都丹後鉄道としてWILLER TRAINSによる運行となったが、硬券乗車券は引き続き発売されている模様。

関連記事

ポルトガル周遊の記 5 - 特急「インテル・シダーデス」

ポルトガルその5。再びポルトガル鉄道(CP)の話題に戻って、特急「インテル・シダーデス」(Intercidades)をば。インテル・シダーデスという名称だが、インテルはinterのポルトガル語...

ポルトガル周遊の記 5 - 特急「インテル・シダーデス」
京成AE100形 特急「シティライナー」に乗る

12月5日のダイヤ修正にてついに定期運行が取り止められることとなった特急「シティライナー」。9月のある日に乗る機会があったので、その時の様子などを適当に記してみる。今回乗車したのは...

京成AE100形 特急「シティライナー」に乗る
タイ国鉄の旅 2 - 特急"スプリンター"9レに乗る

タイ国鉄の旅、前回はフワランポーン駅の様子を紹介したが、フワランポーン駅に来たのは他でもない、列車に乗るためである。アユタヤ王朝の遺跡群で有名な、古都アユタヤへ向かう。ボロの客車列車に後ろ髪を...

タイ国鉄の旅 2 - 特急
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 4 - バンコクの路線バスに乗る

というわけで、バンコクの路線バスに乗ってみよう。バンコクで最初に乗ったのは48番のバスであった。48番は、スクンヴィット通りからBTS2線が交わるサイアム駅を経由して、観光地として定番の...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 4 - バンコクの路線バスに乗る
京成線 「初乗り往復割引きっぷ」を買う

「初乗り往復割引きっぷ」を買ってみた。4月1日の消費税率8%への引き上げで、鉄道各社の運賃が値上がりしたわけだが、これに合わせて京成電鉄では「初乗り往復割引きっぷ」なる乗車券が発売されたので...

京成線 「初乗り往復割引きっぷ」を買う

最新記事

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさま。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰上げ・始発繰下げに伴うダイヤ変更により運転を...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K
東京BRT プレ運行開始 2 - 東京BRTの車両たち

2020年10月1日に運行開始した東京BRT。前回の記事では東京BRTの概要や将来の計画などを紹介したが、今回東京BRTの車両たちを見てみよう。東京BRTでは、運行開始より9台の車両を使用して...

東京BRT プレ運行開始 2 - 東京BRTの車両たち

鉄道その他きっぷ やってみた