KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2013.05.06

4年前の連休に訪れた大糸線の写真を出してみようと思う。

D01691.jpg

JR西日本キハ52形 キハ52 115+キハ52 125
2009.5.1/南小谷〜中土

▲北アルプスをバックに走る大糸線のキハ52形

4年前、2009年の大糸線と言えば、キハ52形がまだ現役であった。南小谷から北の、JR西日本が運行する区間ではキハ52 115と125、156の3両で運用されており、それぞれ異なる国鉄色にリバイバルされて運用に入っていた。この頃、キハ52形の引退は未発表であったが、老朽化著しいキハ52形はいつ引退してもおかしくない状況であった。

この当時、大糸線を管轄するJR西日本糸魚川地域鉄道部では公式Webサイトでキハ52形の運用を公開しており、お目当ての色のキハ52形が捕まえやすい状況にあった。それによると、通常は単行で運転されるキハ52形だが、連休ということで115"標準色"と125"旧塗装"が2両編成で走るとのことで、156"首都圏色"と合わせて3両を確実におさえられることが分かり、撮影に行くなら今でしょということで、大糸線に向かったのであった。

D01782.jpg

JR西日本キハ52形 キハ52 115+キハ52 125
2009.5.1/小滝〜根知

▲姫川に沿って走る大糸線はこの川を何度か渡る
D01892.jpg

JR西日本キハ52形 キハ52 115+キハ52 125
2009.5.1/根知〜頸城大野

▲南小谷からトンネルをいくつか越えて糸魚川へ

普段はピンポイントで撮影することが多いのだが、このときばかりは2日間かけてガッツリとキハ52形を追いかけ回した。私が大糸線を訪れた5月1日と2日は非常に天気にも恵まれて、気候もよく、これ以上無い撮影日和であった。

関連記事

国鉄型車両を訪ねて 13 - 大糸線キハ52形 タラコ単行篇

2009年春に訪れた大糸線のキハ52撮影行、その2はタラコ単行篇である。今でもそうだと思うのだが、大糸線のJR西日本管内の南小谷〜糸魚川間は2運用+予備1本となっており、糸魚川地域鉄道部に常駐...

国鉄型車両を訪ねて 13 - 大糸線キハ52形 タラコ単行篇
国鉄型車両を訪ねて 10 - 久留里線キハ35系

身近なところにも国鉄型車両が走る線区があった。というわけで、久留里線である。木更津から上総亀山間の約30kmを走るこの路線もまた、国鉄型の車両が現役で走る路線であり、国鉄車王国・房総を構成する...

国鉄型車両を訪ねて 10 - 久留里線キハ35系
国鉄型車両を訪ねて 9 - 485系 快速「フェアーウェイ」

快速「フェアーウェイ」は新宿〜黒磯間を走る臨時列車であった。車両は新潟車両センターに所属する485系が使用されており、早朝新宿に到着した快速「ムーンライトえちご」がそのまま折返し充当するという...

国鉄型車両を訪ねて 9 - 485系 快速「フェアーウェイ」

最新記事

京成AE形 ミステリーツアーで千葉・千原線に入線

祝・京成AE形がちはら台へ営業初入線! 4月29日、京成トラベルサービスが主催する「ゴールデンウィーク 京成線ミステリーツアー」が開催された。もはや恒例となっている京成トラベルサービス&京成電鉄の...

京成AE形 ミステリーツアーで千葉・千原線に入線
京成3600形 リバイバルカラーの快速上野行走る

9ヶ月間の沈黙を破って、ついに・・・! 4月27日、A31運行に京成3600形3688編成が充当し、9A30レ快速上野行として走った。同編成は昨年8月よりファイヤーオレンジのリバイバルカラーとして...

京成3600形 リバイバルカラーの快速上野行走る
都営5500形 行先表示に小変化

都営5500形、行先表示に小変化。2月上旬より、都営5500形の行先表示が改修されている。今回の行先表示の改修で最も大きな変化は、京成線で「京成」を冠する駅名についてその冠称を含めた正式名称を...

都営5500形 行先表示に小変化
京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始

半世紀ぶりの大変革。4月17日、京成線と北総線において始発列車よりデジタルSR列車無線(SR無線)の使用が開始された。SR無線を使用する区間は、京成線全線(北総線と重複する区間を除く)と北総線...

京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始
まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車