KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2013.08.20

北総線内を急行で走る京急車。

D15753.jpg

京急600形 608編成
2012.9.21/東松戸

▲北総線を急行で走る京急600形

[平日]1993H 急行印旛日本医大
始発:西馬込1928 → 終着:印旛日本医大2051
ダイヤ:2010.7.17改正
備考:高砂まで普通

1993Hは、平日の夜に運転されていた京急車の急行印旛日本医大行である。2010年7月のダイヤ改正で登場した列車で、それまで高砂止だった同列車を印旛日本医大まで延長、高砂から北総線内を急行で走るというものだった。北総鉄道では、夕方から夜間にかけて下り方向に数本の急行列車を設定しているが、2010年7月の時点でその内訳は、北総車2本、都営車3本、京急車1本となっており、1993Hは京急車が北総線内を急行で走る唯一の列車であった。

北総線の下り急行は、同改正で高砂まで快速で走るようになるのだが、この1993Hだけは例外で、高砂まで普通で走り、高砂から急行となっていた。そうでなければ京急車の快速印旛日本医大行というのも走っていたはずであり・・・これはちょっと見てみたかった気がする。なお、始発駅は西馬込であり、京急車が自社線外の都営浅草線〜京成線〜北総線を走り通すという点も面白く、"何でもあり"と形容される4直らしさあふれる列車であった。

が、意外とあっけなく終わってしまう。2012年10月のダイヤ改正で高砂からの急行運転を行なわなくなったため、北総線を急行で走る京急車は一旦見納めになってしまった。本数の少ない北総線急行の中でも比較的近接して運転されていた急行2本のうちの1本を格下げし、急行の停まらない駅と急行停車駅との列車本数のバランスを図った格好である。加えて、これにより北総線の急行は全ての列車が高砂まで快速で走ることになり、本列車の種別格下げは種別変更パターンの統一という意図もあったのだろうと思われる。

関連記事

四直珍列車研究 64 - 平日 644T

平日644Tは北総線からの神奈川新町行である。2012年10月のダイヤ改正で登場した列車で、現行のダイヤでは泉岳寺以北で見られる唯一の神奈川新町行となっている。北総線から京急線に向けては羽田空港...

四直珍列車研究 64 - 平日 644T
四直珍列車研究 62 - 平日 514T

都営車のオレンジエアポート快特。平日514Tは早朝に1本だけ設定されている都営車のエアポート快特である。都営車のエアポート快特は1998年11月ダイヤ改正での種別新設時から多数の設定があったが...

四直珍列車研究 62 - 平日 514T
四直珍列車研究 61 - 平日 1870K

1870Kは平日夕方に運転される成田空港発特急羽田空港行である。2012年10月のダイヤ改正で登場した列車で、久々となる京成本線からの特急羽田空港行となっている。京成車の特急羽田空港行は...

四直珍列車研究 61 - 平日 1870K
四直珍列車研究 60 - 平日・土休日 506T

堕落していく都営車の物語。506Tは早朝に設定されていた宗吾参道始発羽田空港行の列車である。2004年10月ダイヤ改正で登場しており、押上からエアポート快特になる速達列車ということで、京成本線...

四直珍列車研究 60 - 平日・土休日 506T
四直珍列車研究 59 - 平日 2342T・土休日 2336T

人々はこれを"深夜特急"と呼ぶ。京急線の下り終電車である特急金沢文庫行が珍列車である。終着駅は京急車の塒、金沢検車区のある金沢文庫となっているが、担当するのはなんと都営車。都営車が京急線の一日を...

四直珍列車研究 59 - 平日 2342T・土休日 2336T

京急珍列車