KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2013.10.19

京成電鉄では10月26日に、平日の通勤時間帯の修正が主な内容のダイヤ修正を行なう。今回のダイヤ修正について、京成電鉄と直通各社のプレスリリース、および20日発売の京成時刻表Vol.26-2(10月26日ダイヤ修正号)を参照しながら、今回のダイヤ修正における変更点を考察してみよう。

本稿では、2012年10月21日におけるダイヤを「現行ダイヤ」、2013年10月26日におけるダイヤを「修正ダイヤ」などと記すことにする。また、種別における飛行機マークを「(飛)」と記している。

N13032.jpg

京成3700形 3858編成
2008.12.6/菅野〜八幡

▲今回のダイヤ修正で消滅となる飛行機マーク付の(飛)快速
1.最終の上りスカイライナーの時刻繰下げ

現行ダイヤで成田空港を22時18分に発車する上りの最終スカイライナーの時刻を12分繰下げ、22時30分発とする。近年増加傾向にあるLCC利用者の利便性を考慮した修正となっている。

2.650K快速特急羽田空港行を速達化

現行ダイヤの650K快速特急羽田空港行は都営浅草線内を急行、京急線内をエアポート急行での運転となっているが、修正ダイヤでは都営浅草線内がエアポート快特、京急線内が快特となり、終着駅時点で約13分の短縮が図られる。これに合わせて、都営車の担当(606T)へ変更される。始発駅が成田に短縮されるが、代わりに成田空港始発に変更される6A04と成田で接続することで、成田空港からの利用者の利便を図る。

当列車はダイヤ改正のプレスリリースの記載のとおり「朝通勤時間帯では初となる、都営浅草線内エアポート快特となる『快速特急』」となっている。京成では、都営浅草線内をエアポート快特で走る上り列車に対して飛行機マークを付しているため、この列車の設定で「(飛)快速特急」の誕生か?! と思われたが(注:「(飛)快特」にあらず)、今回のダイヤ修正で飛行機マークをそのものの使用を取りやめてしまうため(詳細は後述)、「(飛)快速特急」は幻となってしまった。なお、都営車の京成線上り快速特急も初めての設定である。

3.18時台下りに快速特急を1本増発

夕方ラッシュ時間帯において、現行ダイヤで18時台前半に快速特急が約20分開いているところがある。そこに快速特急を1本新設し、17時台から20時台まで都営浅草線からの快速特急が概ね10分間隔での運転となるように改める。現行ダイヤではこの時間帯に上野始発の快速成田空港行17A09が運転されているが、これを快速特急に格上げし、都営浅草線からの列車にしたもの、と言える。

代わりに現行1701Kアクセス特急成田空港行が西馬込始発から上野始発に変更となる。要するに、都営浅草線からのアクセス特急と上野始発の京成本線快速の始発駅を入れかえて、上野始発のアクセス特急と都営浅草線からの京成本線快速特急にする、ということのよう。

4.20時台下りに都営浅草線内エアポート快特からの快速特急を1本増発

現行ダイヤの1979Kを、修正ダイヤでは都営浅草線内エアポート快特として運転する(現行は快特)。現行1979Kは京成津田沼でイブニングライナーに追いつかれて待避を行なってるが、都営浅草線内をエアポート快特で走って所要時間を短縮する分、終着駅までイブニングライナーから逃げ切ることができるようになるため、押上時点で約4分、八千代台時点で約7分の短縮となる。

5.種別における飛行機マークの使用取り止め

前述のように、京成電鉄では都営浅草線内をエアポート快特で走る上り列車に対して種別に飛行機マークを付けて差別化を図っていたが、今回のダイヤ修正でその使用を全面的に取りやめる。直接の原因は上記2.の「都営浅草線内エアポート快特となる快速特急」の設定にあると思われ、飛行機マークを使い続けるのであれば「(飛)快速特急」の設定が必要となるが、種別幕にそれを追加しようにも種別幕はすでに満杯、ならば飛行機マークそのものを使うのをやめちゃえ、ということなのだろう。

これにより、「(飛)快速」と「(飛)アクセス特急」は今回のダイヤ修正で消滅する。1998年11月の京急線羽田空港駅開業に伴うダイヤ改正から使われてきた飛行機マークは、京成線内では見納めということになった。

◆ ◆ ◆

以上、10月26日のダイヤ修正をざっくりと概観した。今回のダイヤ修正もやはり、珍列車と呼べるような列車も多数現れているが、それは別途紹介していくことにしよう。

関連記事

さようなら 京成線の飛行機マーク その2

飛行機マークの追悼その2は、車両の方面から飛行機マーク付き種別を見てみよう。京成線内を飛行機マーク付き種別で走った車両をまとめてみる。京成車 「(飛)特急」については、羽田空港発着の列車のほか...

さようなら 京成線の飛行機マーク その2
さようなら 京成線の飛行機マーク

改めて、京成線から消滅した飛行機マークを追悼する。京急線羽田空港駅開業に伴う1998年11月のダイヤ改正は、浅草線界隈にとってとても大きな出来事だった。現在も京急と都営で使用されている飛行機...

さようなら 京成線の飛行機マーク
ダイヤ改正に伴う代走 73H:5317編成

10月26日のダイヤ改正で京急車1本の夜間滞泊場所が浅草橋から馬込車両検修場に変更されるのに伴って、ダイヤ改正前日となる25日に運用変更が行なわれた。それは31Tと73Hの充当車を運行途中で交換...

ダイヤ改正に伴う代走 73H:5317編成
四直珍列車研究 65 - 平日 580K・土休日 566K

さようなら、飛行機マーク。ダイヤ改正前恒例の消えてしまう珍列車シリーズ、今回はこの列車以外に挙げるものはないだろう。早朝に設定されている(飛)快速羽田空港行である。列車自体は残存するものの...

四直珍列車研究 65 - 平日 580K・土休日 566K
京成線 2012年10月21日ダイヤ改正

京成電鉄では10月21日にダイヤ改正を行なう。成田スカイアクセス線の日中におけるパターンダイヤの見直しが主な内容である。成田スカイアクセス線が開業してから初めてとなる今回のダイヤ改正は、同線が...

京成線 2012年10月21日ダイヤ改正

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了