KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2013.10.13

以前、S73動揺測定の話題を取り上げた時に見どころのひとつとして成田空港入線を紹介したが、今回はその様子をば。動揺測定自体半ば定期的に運転されている列車だし、いつでも見られるからとのんびりしていたが、それでは話が進まない・・・ようやっと重い腰を上げてその様子を見に行ってみた。

D16738.jpg

京成3300形 3304編成
2012.12.12/成田空港

▲成田空港の1番線に入線する京成3300形

前述の記事中にも記しているが、列車は成田空港の成田スカイアクセス線のアクセス特急用ホーム(1番線)を発着する。京成線の成田空港駅は、2面3線という構造の中で京成本線用と成田スカイアクセス線用ののりばがきっちりと分かれている特殊な形態となっているが、このうち京成本線と成田スカイアクセス線が線路を共有する1面2線側(2〜5番線)はスカイライナーと京成本線の特急がそれぞれ20分毎で発着しており、ダイヤに余裕が無い。対してアクセス特急用となっている1番線は、アクセス特急の発着は40分毎であるから、ダイヤに余裕のあるこちらを使うのは当然といえば当然の成り行きである。

そのような事情はあれど、アクセス特急用のホームに入ってくる動揺測定の3300形はともかくシュールである。2010年7月の成田スカイアクセス線開業に合わせて新設され、まだ数年しか経っていない小綺麗なこのホームに佇むボロい(褒め言葉)3300形はまさに違和感の塊。通常は3050形と京急のSA運用対応車しか入ってこないこのホームに3300形がいるというのも実に面白い。8連しか入ってこないこのホームに、4連の停車目標が設けられているのはこのためである。

D16742.jpg

京成3300形 3304編成
2012.12.12/成田空港

▲3300形のいる成田空港駅のアクセス特急専用ホーム
D16760.jpg

京成3300形 3304編成
2012.12.12/成田空港

▲成田に向けて出発を待つ3300形

列車は十数分停車した後、独特なMGの音の余韻を残しながら発車していった。外国人旅行者も多くいるこのホーム、突如現れた珍客にこう思ったろう。

HAHAHA, What a BORO train this is!!

関連記事

京成3300形3328編成・3348編成 営業運転終了

長い間おつかれさまでした。3000形3028編成の導入により、3300形4連2本が廃車となった。廃車となったのは3328編成と3348編成で、3328編成は3月3日の81運行、3348編成は...

京成3300形3328編成・3348編成 営業運転終了
京成3300形3312編成・3324編成 営業運転終了

3000形3027編成の導入により、3300形3312編成と3324編成が営業運転を終了した。3312編成が3月24日の51運行で、3324編成が同20日のS17運行(臨時特急)でそれぞれ...

京成3300形3312編成・3324編成 営業運転終了
京成3300形 臨時特急「さよならリバイバルカラー赤電」運転

京成電鉄創立100周年のリバイバルカラー電車、終焉へ。3月20日、3324編成"赤電"を使用した臨時特急「さよならリバイバルカラー赤電」が上野〜成田間で運転された。列車名の通り3324編成の...

京成3300形 臨時特急「さよならリバイバルカラー赤電」運転
京成3300形3320編成・3356編成 営業運転終了

長い間おつかれさまでした。3000形3026編成の導入により、3300形4連×2本が廃車となった。廃車となったのは3320編成と3356編成で、3320編成は2月15日の59運行、3356編成は...

京成3300形3320編成・3356編成 営業運転終了
京成3300形 創立100周年リバイバルカラー電車、雪晴れを走る

1月14日、首都圏は記録的な大雪に見舞われた。大雪の中を走る京成線は撮ることができなかったが、快晴となった翌15日は時間を作って撮影に出かけてみた。もしかしたら雪との組合せはこれが最後になるかも...

京成3300形 創立100周年リバイバルカラー電車、雪晴れを走る

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成試運転