KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2014.01.09

静岡鉄道と言えば広告のラッピング電車だが、2年ぶりの訪問ともなるとその陣容は様変わりしており・・・。

D19913.jpg

静岡鉄道1000形 1012編成
2013.11.18/柚木〜長沼

▲「しずぎんカードローン/インターネット支店」のラッピング1012編成
D19982.jpg

静岡鉄道1000形 1010編成
2013.11.18/春日町〜柚木

▲黒を貴重とした「劇団四季CATS」ラッピング1010編成
D20007.jpg

静岡鉄道1000形 1003編成
2013.11.18/狐ヶ崎〜桜橋

▲静岡市保健福祉子ども局「生きる! を支える」ラッピング1003編成

ラッピング電車の陣容を2011年8月の訪問時と比較すると、1005編成「しずてつカードLuLuCa」(II)、1010編成「しずてつカードLuLuCa」、1012編成「静銀joyca」のラッピングがそれぞれ解除されており、新たに1003編成が「生きる! を支える」、1010編成が「劇団四季CATS」、1012編成が「しずぎんカードローン/インターネット支店」ラッピングとなっている。この間、1003編成が「エスエスケイ・フーズ」、1005編成が「トラム・ド・フィルム」ラッピングとなっていたが、撮れぬまま解除されてしまった。

1005編成は前面のストライプを剥がして下部のオレンジ帯を残したまま「しずてつカードLuLuCa」(II)ラッピングとなっていたが、ラッピング終了後も前面はオレンジ帯のみ(ストライプなし)のままの中途半端な状態となっており、異彩を放っている。このほか、1012編成の「しずぎんカードローン/インターネット支店」ラッピングは、編成を見る方向で異なる色のラッピングをしているように見えて面白い。また、1003編成がラッピング電車に、1007編成が青帯リバイバルとなったことから、帯のないリバイバル編成は消滅となっている。

メモ - 2013年11月18日現在の車両状況
1001編成:「Coca-Cola zero」ラッピング
1002編成:「午後の紅茶」ラッピング
1003編成:「生きる! を支える」ラッピング
1004編成:「Coca-Cola」ラッピング
1005編成:前面中途半端、「富士山世界遺産」HM
1006編成:ノーマル
1007編成:青帯リバイバル
1008編成:「新静岡セノバ」ラッピング
1009編成:ノーマル(入場中?)
1010編成:「劇団四季CATS」ラッピング
1011編成:青帯、「富士山世界遺産」HM
1012編成:「しずぎんカードローン/インターネット支店」ラッピング

関連記事

静岡鉄道 2013年秋 5 - 1005編成の教習車走る

朝ラッシュの撮影を終え、車庫の様子でも見てみようと思って長沼に行ってみると、なんとまあ、そこには「教習」の副標識を掲出した1005編成が待機しているではないかッ! 今にも走り出しそうな雰囲気...

静岡鉄道 2013年秋 5 - 1005編成の教習車走る
静岡鉄道 2013年秋 3 - 「祝・富士山世界遺産登録」ヘッドマーク

富士山が世界遺産に登録されて喜んでいるのは富士急行だけじゃないゾ。静岡鉄道では、日本の象徴でもある富士山がユネスコの世界文化遺産に登録されたことを受け、静岡清水線を走る1000形の一部に...

静岡鉄道 2013年秋 3 - 「祝・富士山世界遺産登録」ヘッドマーク
静岡鉄道 2013年秋 2 - 青帯リバイバル1007編成

静岡鉄道のリバイバル電車第2弾(と言っていいのかわからないが)。10月中旬より、1007編成が青帯のリバイバルカラーとなっている。青帯と言っても1011編成のようなものではなく、静岡清水線で...

静岡鉄道 2013年秋 2 - 青帯リバイバル1007編成
静岡鉄道 2013年秋 1 - 平日朝ラッシュの急行・通勤急行

約2年ぶりの静鉄詣で。久々の静岡鉄道。2年ぶりの訪問となってしまった今回の撮影行、メインに据えたのは、2011年10月のダイヤ改正で登場した急行、通勤急行である。平日朝にしか運転されない種別と...

静岡鉄道 2013年秋 1 - 平日朝ラッシュの急行・通勤急行
静岡鉄道 新静岡駅リニューアル

少々鮮度落ちとなってしまった話題だが、静岡鉄道新静岡駅リニューアルを取り上げる。この新静岡駅のリニューアルは、新静岡センターの再開発に合わせて実施していたもので、新静岡セノバ開業に対応した...

静岡鉄道 新静岡駅リニューアル

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了

静岡鉄道ラッピング