KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2014.04.04

都営新宿線の8連運用、その9は八幡山行である。

D18535.jpg

都営10-300形 10-430編成
2013.6.28/下高井戸〜桜上水

▲平日夕方に1本だけ設定されている都営車の八幡山行

2013年2月のダイヤ改定で午前中と夕方に2本の八幡山行が設定された。このうち夕方の1本が大島始発の都営車8連として設定され、平日夕方に都営車8連の八幡山行がお目見えしたのだった。都営車の八幡山行は2001年3月から2006年8月まで数本の列車が夕方に設定されており、それ以来の復活となっている。以前の八幡山行は2006年9月のダイヤ改定でつつじヶ丘行に延長され、そのつつじヶ丘行も2013年2月に消滅していたことから、都営車の八幡山行はもう走ることはないだろうと思っていたので、思わぬ復活は嬉しい。

さてこの八幡山行だが、八幡山到着後、折返し列車で本八幡方面に戻るわけではなく、そのまま回送列車となって調布方面へ向かう。調布到着後、改めて各停橋本行の営業列車となる。結局のところ車両自体は大島から橋本まで通しての運転であり、八幡山〜調布だけを回送としたために八幡山行が出現したというわけである。

なぜ、八幡山〜調布だけを回送にしなければならないのだろうか。それは、後続の急行系列車に追いつかれてしまうためである。この列車が八幡山からも各停だったとすると、直後を走る各停がつつじヶ丘で待避を行なうために調布まで先行(つつじヶ丘で待避なし)となるが、そうするとさらに後続の快速や特急を詰まらせてしまう可能性がある。それだと困るので、八幡山で営業運転を打ち切って、調布までさっさと逃げてしまおうということのようである。

それにしてもこの列車、撮影難度がすこぶる高くて困った。そもそも八幡山までの短区間の営業運転ということで撮影地が絞られるということに加えて、列車本数の多い京王線においていつ何時"被られる"か分からないし、さらに45Tの出庫1番列車であるために充当車両の特定が困難(ある程度の傾向はあるのだが)なのであった。これまで当Webサイトで取り上げてきた都営新宿線の8連運用においては、できるだけ10-000形の方向幕車で揃えてきたつもりであったが、この八幡山行についてはとうとうそれは叶わなかった。無念・・・。

関連記事

都営新宿線の8連運用 10 - 若葉台行

都営新宿線の8連運用、その10は若葉台行である。若葉台は車両基地所在駅ということもあって、若葉台行は京王車の入庫列車を中心に多数の設定がある。都営車にも若葉台検車区に出入りする運用がいくつか設定...

都営新宿線の8連運用 10 - 若葉台行
都営新宿線の8連運用 8 - 新宿行

都営新宿線の8連運用、その8は新宿行である。新宿行は多いようであまり多くない。新宿は都営新宿線と京王線の社局境界駅であるが、運行系統としては京王新線笹塚までの運転が基本となっているからである...

都営新宿線の8連運用 8 - 新宿行
都営新宿線の8連運用 7 - 高尾山口行

都営新宿線の8連運用、その7は高尾山口行である。都営車の高尾山口行と言えば、まずは土休日早朝に設定されている711T急行高尾山口行を思い浮かべるだろう。2001年3月に京王車の運用として登場...

都営新宿線の8連運用 7 - 高尾山口行
都営新宿線の8連運用 6 - 調布行

都営新宿線の8連運用、その6は調布行である。調布は、言わずもがな京王線京王八王子方面と京王相模原線橋本方面の分岐駅で、下り方面からの当駅止のほか、上り方面からも調布で行先種別の変わるいわゆる...

都営新宿線の8連運用 6 - 調布行
都営新宿線の8連運用 5 - 橋本行

都営新宿線の8連運用、その5は橋本行である。橋本は京王相模原線の終着駅であり、都営新宿線から笹塚以西に行く列車は基本的に京王相模原線との直通運転となっているので、都営新宿線の行先としては本八幡...

都営新宿線の8連運用 5 - 橋本行

最新記事

京成線の終電繰り上げと始発繰り下げ 新ダイヤを予想する

新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的に、JR東日本を始めとした首都圏の各鉄道事業者では終電の繰り上げがひとつのトレンドになっている。このほど...

京成線の終電繰り上げと始発繰り下げ 新ダイヤを予想する
京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク

祝・成田スカイアクセス線開業10周年。7月に開業10周年を迎えた成田スカイアクセス線。京成電鉄ではこれを記念したさまざまな施策が実施されているところであるが、この一環としてAE形がヘッドマークを...

京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク
京成電鉄「2020年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月10日、京成電鉄より2020年度の鉄道事業設備投資計画が発表された。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度は...

京成電鉄「2020年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
四直珍列車研究 111 - 平日 1111T

ある列車で起こったミラクルな話。平日1111Tレはかつて運転されていた羽田空港国内線ターミナル発印旛日本医大行である。日中時間帯に設定されている羽田空港〜北総線系統の一列車にすぎず、見た目的には...

四直珍列車研究 111 - 平日 1111T
山万ユーカリが丘線 路線バス事業の概要

山万ユーカリが丘線、路線バスの運行が始まる。不動産業を営む山万は、自社で開発したニュータウンの中に住民の利便のため鉄道を敷設してしまうという稀有な事業者であることが広く知られている。京成線の...

山万ユーカリが丘線 路線バス事業の概要

東京都交通局珍列車