KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2014.05.19

早朝の京成本線を3050形の回送列車が走る。

X50118.jpg

京成3050形 3054編成
2012.6.18/うすい〜佐倉

▲早朝に京成本線を走る3050形の回送列車
  • [平日/土休日]408K 回送
  • 始発:宗吾参道---- → 終着:高 砂----
  • ダイヤ:2010.7.17改正
  • 備考:ー

408Kは、早朝に設定されている定期回送列車である。成田スカイアクセス線を走るアクセス特急の運転本数を数えてみると、上り列車が25本、下り列車が26本となっており、上り列車のほうが1本少ない。408Kはこの1本を埋める列車となっており、早朝に宗吾参道〜高砂間を京成本線経由で走る回送列車となっている。成田スカイアクセス線が開業した2010年7月ダイヤ改正から設定されており、基本的に3050形が使用されるアクセス運用としては唯一となる京成本線経由となる列車である。

高砂〜宗吾参道間を走るロングランの定期回送は、通勤車としては同改正で同じく登場した913(高砂→宗吾参道)ともども久々の設定となった。朝のラッシュ帯で使用された車両が次々に引き上げていく中を走る913はともかく、この408Kはまだ列車本数の少ない早朝を走るのだから、回送ではなく快速あたりの営業列車で走っていただけると京成津田沼以東の人間にとってはとても嬉しいのだが、アクセス運用はあくまで成田スカイアクセス線を走る運用なので京成本線では営業運転をしないということなのだろうか。

確かに、この列車の設定当初の3050形は厳格にアクセス運用に入れられており、"成田スカイアクセス線用"の3050形を京成本線で使ってしまったら3000形とは異なるカラーリングにした意味がなくなるというのも納得できなくはない。408Kの存在は成田スカイアクセス線開業当初において、3050形は京成本線では営業運転をしないという意思の表れのように感じられた。しかし、現状はもはや、3050形の本線運用は日常的なものになっているのだから、408Kを営業列車にしてもよさそうに思われる。

高砂到着後は列車番号を変えて508K普通押上行となる。

関連記事

四直珍列車研究 68 - 平日 806D

朝のラッシュが終わりかける頃に現れるデラックスなエアポート急行。平日806Dは、羽田空港国内線ターミナル始発新逗子行のエアポート急行である。この列車、京急時刻表を開いてみても、金沢文庫で乗換えの...

四直珍列車研究 68 - 平日 806D
四直珍列車研究 66 - 平日 1933T

平日1933Tレは、平日夜間に運転されている都営車の通勤特急成田行である。京成線における2013年10月のダイヤ修正は比較的小規模なものであったが、過去に消滅した列車の復活が目立つダイヤ修正の...

四直珍列車研究 66 - 平日 1933T
四直珍列車研究 65 - 平日 580K・土休日 566K

さようなら、飛行機マーク。ダイヤ改正前恒例の消えてしまう珍列車シリーズ、今回はこの列車以外に挙げるものはないだろう。早朝に設定されている(飛)快速羽田空港行である。列車自体は残存するものの...

四直珍列車研究 65 - 平日 580K・土休日 566K
四直珍列車研究 64 - 平日 644T

平日644Tは北総線からの神奈川新町行である。2012年10月のダイヤ改正で登場した列車で、現行のダイヤでは泉岳寺以北で見られる唯一の神奈川新町行となっている。北総線から京急線に向けては羽田空港...

四直珍列車研究 64 - 平日 644T
四直珍列車研究 63 - 平日 1993H

北総線内を急行で走る京急車。1993Hは、平日の夜に運転されていた京急車の急行印旛日本医大行である。2010年7月のダイヤ改正で登場した列車で、それまで高砂止だった同列車を印旛日本医大まで延長...

四直珍列車研究 63 - 平日 1993H

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

京成珍列車