KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2014.06.19

朝のラッシュが終わりかける頃に現れるデラックスなエアポート急行。

D22329.jpg

京急2100形 2109編成
2014.5.28/生 麦

▲2100形で運転されるエアポート急行金沢文庫行

[平日]806D エアポート急行金沢文庫
始発:羽田空港国内線ターミナル825 → 終着:新逗子939
ダイヤ:2012.10.21改正
備考:羽田空港国内線ターミナル〜京急蒲田間:807D、金沢文庫で車両交換、金沢文庫まで2100形で運転

平日806Dは、羽田空港国内線ターミナル始発新逗子行のエアポート急行である。この列車、京急時刻表を開いてみても、金沢文庫で乗換えの注釈があるほかはただのエアポート急行にしか見えないが、金沢文庫までが2100形での運転(金沢文庫行として案内される)となっていることが特徴だ。2100形で運転されるエアポート急行金沢文庫行はこの1本のみで、珍列車である。そもそも2100形で運転されるエアポート急行自体が希少な存在となっており、現行の平日ダイヤではわずかに2本。806Dはその2本のうちの1本で(もう1本は501H泉岳寺行)、京急蒲田以南を走るものでは土休日ダイヤを含めても唯一の存在となっている。

2100形で運転されるエアポート急行金沢文庫行は2度目の設定。以前は7時台に730Dという列車が2100形での運転として2011年9月ダイヤ改正より設定されていたが、新1000形の増備に伴い、ダイヤ改正とは無関係のタイミングで2100形での運転ではなくなってしまっていた。そんなこともあって2100形のエアポート急行金沢文庫行の撮影の機会をすっかり逸していたのだが、2012年10月の京急蒲田駅高架化完成に伴うダイヤ改正のエアポート急行大増量で平日806Dとして復活、めでたく撮影することができた。

関連記事

四直珍列車研究 69 - 平日 606T

平日606Tは、平日朝に運転されている都営車の快速特急羽田空港行である。2013年10月のダイヤ修正で設定された列車で、押上から都営浅草線内エアポート快特となる快速特急となっている。押上から...

四直珍列車研究 69 - 平日 606T
四直珍列車研究 67 - 平日・土休日 408K

早朝に京成本線を3050形の回送列車が走る。408Kは、早朝に設定されている定期回送列車である。成田スカイアクセス線を走るアクセス特急の運転本数を数えてみると、上り列車が25本、下り列車が26本...

四直珍列車研究 67 - 平日・土休日 408K
四直珍列車研究 66 - 平日 1933T

平日1933Tは、平日夜間に運転されている都営車の通勤特急成田行である。京成線における2013年10月のダイヤ修正は比較的小規模なものであったが、過去に消滅した列車の復活が目立つダイヤ修正の...

四直珍列車研究 66 - 平日 1933T
四直珍列車研究 65 - 平日 580K・土休日 566K

さようなら、飛行機マーク。ダイヤ改正前恒例の消えてしまう珍列車シリーズ、今回はこの列車以外に挙げるものはないだろう。早朝に設定されている(飛)快速羽田空港行である。列車自体は残存するものの...

四直珍列車研究 65 - 平日 580K・土休日 566K
四直珍列車研究 64 - 平日 644T

平日644Tは北総線からの神奈川新町行である。2012年10月のダイヤ改正で登場した列車で、現行のダイヤでは泉岳寺以北で見られる唯一の神奈川新町行となっている。北総線から京急線に向けては羽田空港...

四直珍列車研究 64 - 平日 644T

京急珍列車