KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2014.07.16

ソウル首都圏の交通事情、続いてはバスの話題を取り上げてみよう。韓国は鉄道よりもバスの国という感じで、都市内で完結する路線バスはもちろん、都市間バスや高速バス、そしてかの有名な軍団が乗ったウドゥンゴソシンヤポス(優等高速深夜バス)に至るまで、バス網が異常に発達している。

D21200.jpg

ソウルのバス
2014.3.7/서울역

▲街の中を行き交うソウルのバス

ソウル市内だけに目を向けても、バスはあっちへこっちへとにかく走りまくっている。ソウル市内で多く見かけるのは、青色のバスと緑色のバスだろうか。最初、これらを見て比較的大きな規模の2つのバス会社がソウル市内でしのぎを削っているのかと思ったのだが、どうやらそうではないらしい。いずれもソウル市のバスということで、色が違うのはバスの種別が違うからのようだ。

家に帰ってからあれこれ調べてみると、ソウル市では実に4種類の色のバスが走っているらしい。そして、それぞれに役割が与えられており、それは次のようである。

  • 赤バス:広域バス...ソウルとソウル郊外をほぼ直行で結ぶ。
  • 青バス:幹線バス...ソウルとソウル郊外などを結ぶ。
  • 緑バス:支線バス...地下鉄駅等を基点としたある地域内を走る。
  • 黄バス:循環バス...都心等のある地域を循環する。

ソウル市のバスは2004年に大改変が実施されており、これらはその時に登場したということである。この時に路線番号(ソウル市内を走るバス路線には全て番号が付いている)も改められ、ソウル市内を8つの地域に分けた上で1〜8の番号を割当て、その地域番号を基にした2桁から4桁の数字を路線番号として用いるようになった。余所者には何だかよく分かったようなよく分からないような感じではあるが、それ以来主要なバス通りにはバス専用レーンが整備され、また、主要な駅では鉄道との乗換の利便性を向上させたバス乗換センターなるものも設置されており、マイカーの増加を背景とした市内の道路交通事情の悪化を受けた公共交通の利便性向上への施策が、ソウル市の主導によって行なわれてきているという理解で間違いあるまい。

D21182.jpg

ソウルのバス
2014.3.7/서울역

▲比較的長い距離を走る青バス、路線番号は3桁

なお、これらのバスは、厳密に言えば市バスではない模様である。実際のバスの運行は、ソウル市の委託を受けたいくつもの小規模なバス会社が行なっているとのこと。とは言え、全体としてはソウル市の主導によってバスの運行は成り立っているし、バスの色も4種類に統一されているので、ソウル市のバス事業は"準公営"とでも言えようか。ここでも利用者は、鉄道がそうであったように、バスにおいても細かなバス会社の違いを特に意識することなく利用することができるようになっている。

運賃は、初乗り運賃がバスの色によって異なる上に、初乗り区間となる10km以上を乗る場合は5kmごとに運賃が加算されるという、ソウルのバスに乗り慣れていない者にとってはいくら支払ったらいいのかちょっと不安になるようなシステム。しかし、ソウルのバスでは韓国のIC乗車券T-moneyに対応しているので、T-moneyを使えばそこらへんのややこしい運賃計算を勝手にやってくれるので気が楽だ。さらに、T-moneyで乗車すれば現金運賃よりも割安なT-money運賃が適用される上に、バスを乗換えたとき、さらにバスから鉄道へ乗継いだときに通しの運賃として計算される(要するに初乗り運賃が1回しか取られない)ので、やはりここはT-moneyを使うのに越したことはない。

ここで鋭い方はお気づきになられると思うのだが、以前ご紹介したように鉄道は鉄道で首都圏電鉄として共通運賃となっているので、全体としてみれば公共交通をいくら乗継いでも運賃が割高にならないようなっているわけだ。バスから鉄道に乗換える時に、また直通運転において運行事業者が変わるごとにその事業者の初乗り運賃を徴収される日本の運賃制度とは大きく事情が異なっている。ここらへんの運賃の仕組みをふまえると、ソウル市としてもできるだけ公共交通を使ってもらいたいという考えなのだろう。

D21147.jpg

ソウルのバス
2014.3.7/서울역

▲赤バスはいわゆるハイデッカータイプの高速型車両が用いられている

(黄バスには1度も遭遇せず。どこらへんを走ってるんだろう???)

関連記事

韓国 ソウル首都圏の交通事情 6 - バスあれこれ@ソウル駅前

さて、ソウル駅前で見かけたバスを適当に掲載してみよう。帰りの空港へ向かう前の時間調整を兼ねてものの2〜30分の撮影といったところだったが、前回の記事でご紹介したようにバスはひっきりなしにしかも...

韓国 ソウル首都圏の交通事情 6 - バスあれこれ@ソウル駅前
韓国 ソウル首都圏の交通事情 5 - ソウル駅バス乗換センター

ってことで、帰りの空港行までの時間調整を兼ねて、ソウル駅前のバス乗換センターの様子を小一時間ばかり観察してみた。バス乗換センターと言っても、基本的にはバス専用レーン上に方面別の乗降ホームが...

韓国 ソウル首都圏の交通事情 5 - ソウル駅バス乗換センター
韓国 ソウル首都圏の交通事情 3 - 首都圏電鉄の電車あれこれ2

前回に引き続き、韓国ソウルの首都圏電鉄の電車の走行音を適当にアップしていこう。走行音その2は、ちょっと古めの車両篇である。まずはKORAIL311000系の走行音。311000系は前回の記事でも...

韓国 ソウル首都圏の交通事情 3 - 首都圏電鉄の電車あれこれ2
韓国 ソウル首都圏の交通事情 2 - 首都圏電鉄の電車あれこれ

KTXに続いて、ソウル首都圏を走る首都圏電鉄の車両たちを見てみよう。なお、諸事情により写真をあまり撮っていないので、車両の外観や駅の様子などは他所のWebサイトを参照してくだされ(ぉ 首都圏電鉄...

韓国 ソウル首都圏の交通事情 2 - 首都圏電鉄の電車あれこれ
韓国 ソウル首都圏の交通事情 1 - 韓国高速鉄道KTX@ソウル駅

3月のある数日間、お隣の国、韓国に行ってきたので。韓国の、特に首都ソウル周辺の交通事情について適当に記しておきたいと思う。ソウルの空の玄関口、仁川(インチョン)国際空港を降り立った私は。その足で...

韓国 ソウル首都圏の交通事情 1 - 韓国高速鉄道KTX@ソウル駅

最新記事

新型車両 京成3200形を考察する

5月20日付けのプレスリリースでついにベールを脱いだ京成電鉄の新型車両、3200形。これまでに明らかになっている情報を基に、3200形がどういった車両なのか、また3200形の導入で起こりうる車両...

新型車両 京成3200形を考察する
タイ国鉄メークロン線 コロナ禍後のメークロン線路市場

コロナ禍後のメークロン線路市場を訪ねる。乗るはずだったバスが路線ごと廃止になっていることを知ったのは、朝7時のバスターミナルであった。この時点でこの日の旅程は崩壊。案内係のおばちゃんに近くまで...

タイ国鉄メークロン線 コロナ禍後のメークロン線路市場
新京成8800形8805編成 営業運転終了

新京成8800形8805編成が営業運転を終了、廃車となる。2022年度より置き換えが進められている新京成8800形だが、また1編成に廃車が発生した。4月に実施した80000形80056編成の導入...

新京成8800形8805編成 営業運転終了
北総9800形 「千葉ニュータウン中央駅開業40周年記念」ヘッドマーク

紆余曲折を経て40年。北総鉄道では、3月下旬より「千葉ニュータウン中央駅開業40周年記念」ヘッドマークの掲出を行っている。2024年3月19日に同駅が開業40周年を迎えることを記念したもので...

北総9800形 「千葉ニュータウン中央駅開業40周年記念」ヘッドマーク
京急600形 「川崎大師大開帳奉修」ヘッドマーク(2024年)

京急電鉄では、5月1日から31日まで川崎大師平間寺の大開帳奉修に合わせた「川崎大師大開帳奉修」ヘッドマークの掲出を行った。ヘッドマークが掲出されたのは600形3編成(651編成・652編成...

京急600形 「川崎大師大開帳奉修」ヘッドマーク(2024年)