KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2014.08.03

東洋バスの前面行先LED集、その2は20番台:村上団地方面と30番台:高津団地方面を取り上げる。

20番台:村上団地方面
Z90203.jpg

ABは勝田台駅〜村上団地を結ぶ[21]の表示である。路線距離が短いことや経由違いの路線が存在しないことから経由なしの単独表示になっている。勝田台駅南口を発着する[11]が「勝田台駅」表記なのに対し北口発着のこちらは「勝田台駅北口」である。CDは平日の午前中に1往復のみの設定の[22]の表示である。平日に1回ずつしか見られないレアな表示。市民会館・村上駅の経由表示は方向幕時代から変わらぬままである。EFは朝と夕方の通勤ラッシュ時間帯に設定されている[23]の表示で、上高野工業団地経由の表示が入る。Gは深夜バス用。

30番台:高津団地方面
Z90204.jpg

HKは八千代台駅〜高津団地を結ぶ[31]と[32]の表示である。経由違いで2つの路線が存在しており、表示も往復2種類ずつ用意されている。HIは終日に渡り運転されている[31]の表示で、高津川の経由入り。JKは朝と夕方の通勤ラッシュ時間帯に設定されている[32]の表示で、経由は高津新道である。方向幕の時代から高津新道表記だが、高津新道というバス停は無く、通る道を示している。Lは深夜バス用だが、なぜか経由表示の無い単独表示である。経路的には高津川を経由する。高津団地の単独表示はこのLのみ。

Z90205.jpg

MNは[35]の表示である。[31]の高津団地からさらに緑が丘駅まで足を延ばす緑が丘駅発着便は番号が少し飛んで35番台となっている。経由表示は方向幕時代から引き継いで高津団地のみだが、運行経路的には[31]の延長なので高津川も入れてもよかったかもしれない。緑が丘駅とは東葉高速線の八千代緑が丘駅のことだが、東洋バスでは同駅を一貫して緑が丘駅と表記している。Oは高津団地〜緑が丘駅のみを走る[36]の表示である。平日の朝と夕方に1便ずつしか設定されておらず、ややレアな表示。緑が丘駅の単独表示は[36]と[42]でしか見られない。現在のダイヤでは緑が丘駅方向しか走っていないので、逆方向の高津団地行の表示が用意されているかは不明。

(続く)

関連記事

東洋バス 前面行先LED集 3 - 八千代中央駅方面

東洋バスの前面行先LED集、その3は40番台と50番台の八千代台駅〜八千代中央駅を結ぶ系統を取り上げる。40番台:八千代工業団地方面 A〜Dは八千代台駅〜八千代中央駅を緑が丘駅経由で結ぶ[41]...

東洋バス 前面行先LED集 3 - 八千代中央駅方面
東洋バス 前面行先LED集 1 - 米本団地方面

当サイトでは東洋バスに関する話題をたびたび取り上げているが、新しく東洋バスの行先LEDを取り上げてみよう。東洋バスに関する基礎資料(?)として、行先の表示をひたすら羅列していく。東洋バスの...

東洋バス 前面行先LED集 1 - 米本団地方面
東洋バス路線図 2014年1月7日版

2012年9月の「東洋バス路線図 2012年9月1日版」と題する記事に東洋バスの路線図を添付していたが。1年半ぶりに改訂版を発行する。1月7日に試行運行を行なっている八千代市コミュニティバスに...

東洋バス路線図 2014年1月7日版
東洋バス 千葉シーサイドバス塗装の大型車が登場

青い東洋バスが現わる。正月早々に東洋バスの村上車庫を覗いてみると、なんとそこには千葉シーサイドバス塗装なのにTOYO BUSと書かれたバスが停まっているではないか。いつの間にやら大型車の転籍...

東洋バス 千葉シーサイドバス塗装の大型車が登場
東洋バス 三菱ふそう"ゲテノン"エアロスターが登場

導入は6月中と思われるのだが、東洋バスに2年ぶりの新車が登場したので掲載してみよう。新車は三菱ふそうの新型エアロスターで、ワンステップ車ベースのノンステップ車、趣味者の間では"ゲテノン"と通称...

東洋バス 三菱ふそう

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

東洋バス行先表示