KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2014.08.09

ってことで、帰りの空港行までの時間調整を兼ねて、ソウル駅前のバス乗換センターの様子を小一時間ばかり観察してみた。

X50957.jpg

ソウル駅バス乗換センター
2014.3.7/**

▲ソウル駅のバス乗換センター、何本かのバス専用レーンと乗降用のホームが並ぶ

バス乗換センターと言っても、基本的にはバス専用レーン上に方面別の乗降ホームが設けられているだけである。韓国では鉄道の駅における駅前広場や駅前ロータリーなどといった概念がほとんど無いらしく、バスはどこでも基本的には道路上に設けられたバス停で客扱いを行なっているので、こういったバスと鉄道の連携を意識したバス乗換センターというだけでも韓国では画期的なことなのだと思う。

以前の記事でもご紹介したようにソウル駅は首都たるソウルの中心駅であり、かつ交通の要所ということで、とにかくバスはひっきりなしに入ってくる。信号のタイミングによって、1つのレーンにバスが3〜4台一気に入ってきては客扱いを行ない、各々の方向に発車していくといったことを繰り返している感じ。一見するとバスの回転率もよく使い勝手の良いシステムのように思えるが、割を食ってるのは特にこれからバスに乗ろうとしている人々である。なんせバスの停車位置が定まってない(同じ路線番号のバスでも数珠つなぎでやってきた1台目だったり3台目だったりするため)もんだから、自分が乗ろうとしているバスの番号をいち早く捉えて、客扱いをしているところへ一目散に向かっていかないと乗り遅れてしまうという怒涛のシステム。これくらいやらないとバスはどんどん溜まっていくし、1本逃したって次のバスはすぐ来る(大抵の路線は高頻度でバスを走らせている)のではあるが、それにしても路線バスって乗るのがこんなに大変な乗りものだったっけかと思わせられる。

そんな中で面白いと感じたのは、バスの前の扉が開いたときに路線の番号の書かれたプレートが飛び出す仕掛けだろうか。路線の番号自体はバスの車体前後面および側面に書かれているのだが、これが数珠つなぎでやってこられるとその番号も確認しづらい。そこで、番号の書かれたプレートを車体から飛び出させることによって、番号確認のしやすさを図っている。このプレートは前扉に取り付けられており、前扉が開くことによって外側に飛び出すという原始的なものだが、視認性もよく、また、車両が路線固定で使われているという点を活かした、大変よい工夫のように思った。

D21209.jpg

路線番号の書かれたプレート
2014.3.7/**

▲開扉時に車体から飛び出す路線番号の書かれたプレート

◆ ◆ ◆

なお、今回のソウル訪問では残念ながらバスにはほとんど乗れなかった。乗ってみようとは思っていたのだが、いままでの経験からして現地でバス路線図等が手に入るだろうと高をくくっていたら、結局のところ情報が全く手に入らず、バスがどこをどう走るか全くもって分からなかったためである。どこに連れて行かれるかよく分からないバスに、しかも海外でそれに乗るという度胸はまだ無い。

それでは、韓国の人々はどうやってバスの運行情報を手に入れているかと言えば、それはインターネットである。韓国でよく使われているポータルサイトNAVERやDaumが提供する地図情報サービスなどでは、各路線の運行経路はもちろんのこと、バス停の位置、時刻表(始発のバスおよび最終バスの時刻とバスの運行間隔)、さらにはGPSと連動したバスの現在位置、そしてその車両番号(!)に至るまで、とても充実した情報が手に入る。こうした情報はスマートフォン用のアプリケーションでも提供されており、使い勝手は抜群だ。ぜひとも日本でも同じものを欲しいくらいである。そう言えば、韓国では鉄道においてもインターネットにおされる格好で紙の時刻表が廃刊となっているし、そこのところはやけに合理的なのだ。

・・・このような便利なものがありながら、たいして下調べもせずに韓国へ飛んだのがアレであった。しかし、今はもうソウルのバス路線網の把握のしかたもわかってるし、次にまたソウルへ行く機会があったら今度はバスにガッツリと乗ってみたいものである。

関連記事

韓国 ソウル首都圏の交通事情 6 - バスあれこれ@ソウル駅前

さて、ソウル駅前で見かけたバスを適当に掲載してみよう。帰りの空港へ向かう前の時間調整を兼ねてものの2〜30分の撮影といったところだったが、前回の記事でご紹介したようにバスはひっきりなしにしかも...

韓国 ソウル首都圏の交通事情 6 - バスあれこれ@ソウル駅前
韓国 ソウル首都圏の交通事情 4 - ソウル市内のバス事情

ソウル首都圏の交通事情、続いてはバスの話題を取り上げてみよう。韓国は鉄道よりもバスの国という感じで、都市内で完結する路線バスはもちろん、都市間バスや高速バス、そしてかの有名な4人組が乗った...

韓国 ソウル首都圏の交通事情 4 - ソウル市内のバス事情
韓国 ソウル首都圏の交通事情 3 - 首都圏電鉄の電車あれこれ2

前回に引き続き、韓国ソウルの首都圏電鉄の電車の走行音を適当にアップしていこう。走行音その2は、ちょっと古めの車両篇である。まずはKORAIL311000系の走行音。311000系は前回の記事でも...

韓国 ソウル首都圏の交通事情 3 - 首都圏電鉄の電車あれこれ2
韓国 ソウル首都圏の交通事情 2 - 首都圏電鉄の電車あれこれ

KTXに続いて、ソウル首都圏を走る首都圏電鉄の車両たちを見てみよう。なお、諸事情により写真をあまり撮っていないので、車両の外観や駅の様子などは他所のWebサイトを参照してくだされ(ぉ 首都圏電鉄...

韓国 ソウル首都圏の交通事情 2 - 首都圏電鉄の電車あれこれ
韓国 ソウル首都圏の交通事情 1 - 韓国高速鉄道KTX@ソウル駅

3月のある数日間、お隣の国、韓国に行ってきたので。韓国の、特に首都ソウル周辺の交通事情について適当に記しておきたいと思う。ソウルの空の玄関口、仁川(インチョン)国際空港を降り立った私は。その足で...

韓国 ソウル首都圏の交通事情 1 - 韓国高速鉄道KTX@ソウル駅

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る

海外のバス海外