KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2014.11.07

ダイヤ改正直前、恒例の消える珍列車をいってみよう。

D22722.jpg

京成AE形 AE5編成
2014.10.11/東松戸

▲東松戸で待避を行なう京成AE形
  • [平日]7AE04 回送
  • 始発:成田空港---- → 終着:上 野----
  • ダイヤ:2010.7.17改正
  • 備考:-
  • [土休日]6AE04 回送
  • 始発:成田空港---- → 終着:上 野----
  • ダイヤ:2010.7.17改正
  • 備考:-

平日7AE04・土休日6AE04は、成田空港始発上野行きの、成田スカイアクセス線経由で運転される回送列車である。列番が示すようにAE形の運用で、成田スカイアクセス線を走るAE形の回送はこの列車のみの存在。運用としてはスカイライナー1号→当回送列車→スカイライナー15号→・・・という流れになっており、回送列車にせずともスカイライナーで走ればよいのにと思われるが、特に平日において朝の通勤ラッシュ時間帯を走るために所要時間が増大してしまうこと、また、京成本線も同じように通勤ラッシュのピークなのでモーニングライナーとして京成本線経由の列車にすることもできず、結果的に回送となっていたものとみられる。

D22709.jpg

京成AE形 AE5編成
2014.10.11/東松戸

▲東松戸の待避線に進入するAE形

平日・土休日ともに設定されている列車だが、特に興味深いのは土休日の列車。2012年10月ダイヤ改正から東松戸で後続の営業列車2本に道を譲るというダイヤになっていた。普段は東松戸や新鎌ヶ谷などでAE形のスカイライナーにぶち抜かれている京急車と都営車が、ここでは逆にAE形を追い抜く。AE形が東松戸の待避線側に入ることを含めて面白い光景が見られるというわけ。

D22732.jpg

京成AE形 AE5編成 京急600形 602編成
2014.10.11/東松戸

▲AE形を横目に客扱いを行なう京急600形のアクセス特急
D22755.jpg

京成AE形 AE5編成 京急600形 602編成
2014.10.11/東松戸

▲京急600形「ほな先に行くでぇ」

11月8日のダイヤ改正で増発となるスカイライナー新2号は、この回送列車を活用して営業列車としたものとなる。回送ということもあってスジが極端に寝ている列車だったが、ダイヤを調整して空港第2ビル→日暮里については何とかスカイライナー現2号(新4号)と同じ所要時間にすることができたようだ1)。とは言え、スカイライナー新2号、新4号ともども他の標準的なスカイライナーと比べるとやはり鈍足であることには違いないので、それならばこの2本のスカイライナーに限っては、成田湯川や千葉ニュータウン中央あたりも停車駅に加えて、成田スカイアクセス線経由のモーニングライナー的列車にしてしまっても面白いと思われる。

  • 1)ただし空港第2ビル駅での停車時間が長いため、成田空港→上野では新2号が最鈍足となる。

関連記事

四直珍列車研究 73 - 土休日 2280H

毎週末深夜の箱根駅伝対応・・・じゃないょ。土休日2280Hは、土休日の深夜に設定されている特急京急蒲田行である。元々は京急川崎行の列車であったが、2013年10月のダイヤ改正で京急蒲田にて...

四直珍列車研究 73 - 土休日 2280H
四直珍列車研究 71 - 平日 1100T・1300T

京急線内をウロウロする都営車。これは珍列車というより珍運用と言ったほうが適切かもしれないが、日中時間帯に羽田空港〜新逗子間の横浜方面エアポート急行の運行系統に入る01Tである。1100Tと...

四直珍列車研究 71 - 平日 1100T・1300T
四直珍列車研究 70 - 平日 2207Ka・2207Kb

夜間に走る"2本"の珍列車・・・? 平日2207Kaは上野始発高砂行、同2207Kbは高砂始発印西牧の原行の普通列車である。それぞれの列車を単一で見た場合、2207Kbが高砂始発の北総線内で...

四直珍列車研究 70 - 平日 2207Ka・2207Kb
四直珍列車研究 69 - 平日 606T

平日606Tは、平日朝に運転されている都営車の快速特急羽田空港行である。2013年10月のダイヤ修正で設定された列車で、押上から都営浅草線内エアポート快特となる快速特急となっている。押上から...

四直珍列車研究 69 - 平日 606T
四直珍列車研究 68 - 平日 806D

朝のラッシュが終わりかける頃に現れるデラックスなエアポート急行。平日806Dは、羽田空港国内線ターミナル始発新逗子行のエアポート急行である。この列車、京急時刻表を開いてみても、金沢文庫で乗換えの...

四直珍列車研究 68 - 平日 806D

最新記事

京成線の終電繰り上げと始発繰り下げ 新ダイヤを予想する

新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的に、JR東日本を始めとした首都圏の各鉄道事業者では終電の繰り上げがひとつのトレンドになっている。このほど...

京成線の終電繰り上げと始発繰り下げ 新ダイヤを予想する
京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク

祝・成田スカイアクセス線開業10周年。7月に開業10周年を迎えた成田スカイアクセス線。京成電鉄ではこれを記念したさまざまな施策が実施されているところであるが、この一環としてAE形がヘッドマークを...

京成AE形「成田スカイアクセス線開業10周年」ヘッドマーク
京成電鉄「2020年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月10日、京成電鉄より2020年度の鉄道事業設備投資計画が発表された。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度は...

京成電鉄「2020年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
四直珍列車研究 111 - 平日 1111T

ある列車で起こったミラクルな話。平日1111Tレはかつて運転されていた羽田空港国内線ターミナル発印旛日本医大行である。日中時間帯に設定されている羽田空港〜北総線系統の一列車にすぎず、見た目的には...

四直珍列車研究 111 - 平日 1111T
山万ユーカリが丘線 路線バス事業の概要

山万ユーカリが丘線、路線バスの運行が始まる。不動産業を営む山万は、自社で開発したニュータウンの中に住民の利便のため鉄道を敷設してしまうという稀有な事業者であることが広く知られている。京成線の...

山万ユーカリが丘線 路線バス事業の概要