KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2014.12.27

士別の方に行ったついでに、士別市内を走る士別軌道のバスの様子をば。

X52889.jpg

士別軌道 90001号車
2014.11.30/士別駅前

▲士別軌道の三菱ふそうエアロスターK(1990年式、U-MP618K)。都営バスの"グリーンシャトル"で使用されていた車両だが、現在はバンパーがブルーリボンのものに交換されている

士別軌道は、士別を中心にバス事業を行なうバス会社である。社名に"軌道"の文字が入っているのは、その昔木材を輸送するための軽便鉄道を運営していたためとのことだが、今はバスのみ。路線としては、士別市街を循環する市内線のほか、北は風連、西は温根別、東は朝日まで足を延ばしている。風連、温根別、朝日方面行のバスは本数も少なく、車両も主にトップドアのものが使われるというまさしくローカルバスといった趣だが、市内線については関東の都市部(東京都交通局や横浜市交通局)から移籍してきた車両により、前乗り前払い160円均一料金といった都会的な一面も見せているのがおもしろい。

X52733.jpg

士別軌道 88003号車
2014.11.26/士別駅前

▲これも元都営バス、車内にはハイバックシートが並んでいることからして元"グリーンアローズ"だろうか(1988年式、P-HU233BA)
X52738.jpg

士別軌道 89024号車
2014.11.27/士別市東5条16丁目

▲元横浜市バスの日野ブルーリボン(1989年式、P-HT233BA)

市内線は[1]市内循環外回りと[2]市内循環内回り、[3]市内循環東西回りの3系統が設定されている。ただし、通年で運転されるのは[1]内回りだけで、[2]外回りと[3]東西回りは11月頭から4月末までの冬ダイヤでのみの運転。各系統とも30分に1本の頻度の運転で、[1]外回りは士別駅前を毎時00、30分、[2]内回りと[3]東西回りは同15、45分に出て行く。規則正しいダイヤとなっており、とても分かりやすい。

市内線の車両は、前述のように関東都市部から移籍してきた中古車が活躍している。渋谷や新宿をバリバリ走ってきた車両が第一線を退いて、地方でのんびりと余生を過ごしているといった雰囲気。市内線は概ね25分程度で1周するので、1つの系統につき1台の車両がぐるぐるするという算段。乗務員の交代は士別駅前で済ませてしまうため、車両はその系統を朝から晩まで走り通すという運用になっているようだ。すなわち、お目当ての車両が走っていなければその車両はその日お休みということになるが、その場合は士別駅の至近にある本社営業所を訪ねてみるのもいいかもしれない。

移籍車の活躍が目立つ中、最新型に近いハイブリッド車両も1台だけ在籍しているという懐の深さも見せる。2010年に導入された10007号車は士別市の補助のもと導入された車両ということで、[1]市内循環外回りはもっぱらこの車両での運行となっている。東京都交通局や横浜市交通局からの移籍車両は[2]市内循環内回りと[3]市内循環東西回りに充当されるほか、市内線が[1]外回りだけの運行になる夏季にはローカル方面にも顔を見せることもあるそう。

X52884.jpg

士別軌道 10007号車
2014.11.30/士別市東5条16丁目

▲自社導入のブルーリボンシティのハイブリッド車両(2010年式、BJG-HU8JMFP)。メーカーのサンプルカラーとなっているが、どういうわけか中扉から後ろの部分の模様が消えている

士別軌道と言えば、道内最後のモノコックバス"K-RC301P"を今も走らせ続けているということで有名だが、今回営業所を訪ねた際は蔵の中に入れられていてその姿を拝むことができなかった。今年に入って外装のリニューアル(旧塗装化)をし、その後は中多寄線30線西3号7時50分発の便で定期的に運転されているということであったが、冬の訪れとともに定期運用はいったんお休みということらしい。とても大切にされているようで喜ばしいのだが、モノコックをお目にかかるのはまた別の機会ということに・・・。

関連記事

しずてつジャストラインの古参エアロスター

2015年初秋の静岡、時間に余裕があったので静岡駅にて小一時間バスも観察してみた。静岡市内を走るバスは静岡鉄道系列のしずてつジャストラインがそのほとんどを独占しており、静岡駅のバスターミナルを...

しずてつジャストラインの古参エアロスター
旭川のバス 2014年冬 2 - 道北バスあれこれ

旭川で適当に撮ったバスの写真その2。道北バスである。道北バスも旭川電気軌道と同じく旭川市内を中心に路線網を展開しているが、北は名寄、東は層雲峡方面へ郊外バスを運行しているのが特徴的。また、旭川を...

旭川のバス 2014年冬 2 - 道北バスあれこれ
旭川のバス 2014年冬 1 - 旭川電気軌道あれこれ

旭川で適当に撮ったバスの写真をば。まずは旭川電気軌道である。以前ご紹介した士別軌道と同様に社名に"軌道"という文字があるが、これは旭川から東川町方面に向かう軌道を運営していた名残。現在は...

旭川のバス 2014年冬 1 - 旭川電気軌道あれこれ
広島バス2012年秋 2 - 富士重工7Eの車両あれこれ

少し間が開いてしまったが、広島バスの続きをば。5Eが来るまでの間に撮ったものを適当に羅列。広島バスは富士重工大好きっ子ちゃんということで、5Eが来るまでに目の前に現れた車両はものの見事に全て7E...

広島バス2012年秋 2 - 富士重工7Eの車両あれこれ
広島バス2012年秋 - 富士重工5Eボディの古参車両

広島はJRも路面電車もボロいが、バスもボロいぞ(※褒め言葉)。広島のバスのボロの象徴と言えば、広島バスの富士重工5Eボディ架装車だろうと思う。全国的に数を減らしてきている同型車だが、ここ広島では...

広島バス2012年秋 - 富士重工5Eボディの古参車両

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了

バスその他タグはありません