KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2015.01.23

士別に向かう途中に立ち寄った宗谷本線の東六線駅は、板張りホームの、いかにも仮乗降場上がりの小駅であった。

X52878.jpg

東六線駅 全景::2014.11.30/**

▲東六線駅の全景

そもそも東六線というのは北海道ではよくある地名で、基線と呼ばれる基準となる道路から6本目の道路(6線)という意味(東六線の場合は東の6本目ということになる)。そのような、北海道ではありふれたものを駅名にするのだから、仮乗降場として開設された当時、よほど周りに何もなかったのだろう。あるいは、北剣淵があるのだから、南剣淵や東剣淵じゃダメだったのだろうか。

駅の周りにあるのは、剣淵町の"東6線"(上の写真の踏切のある道路)と数軒の民家のみ。この駅に停まる列車は1日8本(名寄方面行4本、旭川行4本)である。こういった小さい駅の利用者はほとんどが学生で、列車は彼らの旭川や士別への通学のために停車しているといってもよい。列車が駅に停まるのは朝と夕方、夜が中心で、それ以外は特急はもちろんのこと、普通列車であっても通過する。しかも、旭川〜名寄間は高速化改良済の区間なので猛スピードで!

X52875.jpg

東六線駅 ホーム::2014.11.30/**

▲板張りホームに上ってみる
X52874.jpg

東六線駅 待合室::2014.11.30/**

▲"乗降場"の表記が残る東六線駅の待合室

"乗降場"の表記が残る待合室は広さ4.5畳ほどといったところだろうか。中を覗いてみると、田舎の駅にありがちな駅ノートが置かれてあった。パラパラと中を読んでみれば、旅のこと、駅のこと、自分のこと、イラストなどなど、皆の思い思いのことが綴られてあった。中にはこの何もない駅を目当てに来る人もいるのだから面白い。いろいろなモノで満ち溢れた現代だからこそ、何もない駅に魅力が感じられるのだろう。

関連記事

国鉄型車両を訪ねて 17 - JR北海道711系

11月末に札幌〜旭川間を移動する機会があったので、せっかくだから引退間近となっている711系に乗ってみた。現在残っている711系は1980年の室蘭〜札幌電化に伴って製造された後期グループだが...

国鉄型車両を訪ねて 17 - JR北海道711系
国鉄型車両を訪ねて 5 - 781系「ライラック」「すずらん」

国鉄型車両はこれまでJR東海の車両を中心に扱っていたが、今回は一気に北へ飛んでJR北海道の781系をば。781系は国鉄型では唯一となる北海道専用特急型電車形式である。北海道における電車特急は...

国鉄型車両を訪ねて 5 - 781系「ライラック」「すずらん」

JR北海道駅施設