KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2015.02.22

バルセロナその3。例によって地下鉄の走行音を録ってきたので、掲載したく思う。

バルセロナ地下鉄2104 Selva de Mar→Poblenou

バルセロナ地下鉄2104 Llacuna→Bogatell

まずはL4を走る2100番台車両をば。自国スペインのCAFという車両メーカー製ながら、制御装置のVVVFインバーターはフランスのアルストム製のものが採用されているとのこと。確かにVVVFインバーター制御の電車っぽい音はするのだが、減速時に電機子チョッパみたいな一定の音が鳴るのは何なんでしょ。よくわかりません。

バルセロナ地下鉄9112 Maragall→Guinardó / Hospital de Sant Pau

バルセロナ地下鉄9040 Sant Martí→Bac de Roda

続いて、バルセロナの地下鉄では最新型となる9000番台車の走行音である。こちらは電装品を含め、車両そのものがアルストム製となっている。

自動放送のアナウンスが特徴的で、男性と女性の共同作業(?)によるものとなっている。地下鉄の自動放送からして男女が情熱的に絡み合うのがラテンのノリというものなのだろう(ぉ

◆ ◆ ◆

興味深いのが、地下鉄全般の案内にスペインの公用語であるスペイン語ではなく、カタルーニャ州の公用語であるカタルーニャ語が第一言語として使われているという点。上記の走行音ファイル内で聞こえるアナウンスもカタルーニャ語である。さらに、バルセロナ交通局の公式ウェブサイトのURLも、トップレベルドメインはスペインの.esではなく、カタルーニャの.catとなっている1)

バルセロナのあるカタルーニャ州は、18世紀までカタルーニャ君主国として独立した国家だった。1700年に勃発したスペイン継承戦争を経て、スペインに併合されたという歴史をもつ。こうしたことから、今でもバルセロナの人々の帰属意識は国としてのスペインよりもカタルーニャの方にあるという。

確かに、市内にはスペイン国旗よりもカタルーニャ州旗である黄色と赤のボーダーの方がはためいていた気がするし、スペインにおけるプロサッカーリーグであるリーガ・エスパニョーラでのFCバルセロナとレアル・マドリードの一戦がクラシコとして大いに盛り上がるのも、リーグの2強の衝突ということ以上に、ある意味ではカタルーニャのスペインに対する挑戦の縮図なのだろう。ここバルセロナは、スペインではなくてカタルーニャなのだと実感させられる。私は、書物やネット記事を読んだだけでは伝わらない、実際に現地に訪れてみないと味わえない"空気感"が存在すると考えているのだが、地下鉄に乗りながらまさにそのようなことを感じたのであった。

◆ ◆ ◆

バルセロナの地下鉄に乗る際に最も気をつけなければならないのは、スリだろうか2)。よほどスリが多いのか、駅構内の案内放送や地下鉄車内の案内ディスプレイでもスリに注意するようさかんに注意喚起がなされていた。駅構内のスリ注意喚起放送は、カタルーニャ語、スペイン語、英語はもちろんだが、それに加えて日本語が流されている。まさかこんなところで日本語の案内放送を聞くとは・・・という感じ。しかしそこで、さすが日本!! などとは言ってはいけない。それだけスリの被害に逢う日本人が多いということなのだから。

X51079.jpg

バルセロナ地下鉄 2100番台車両の車内の様子
2014.3.14/**

▲2100番台車両の車内の様子。プラスチック製のボックスシートが並ぶ。天井のつくりが独特
X51260.jpg

バルセロナ地下鉄 9000番台車両の車内の様子
2014.3.15/**

▲より新しい9000番台車両の車内の様子。車内混雑を考慮してロングシートになった
  • 1)http://www.tmb.cat/。.catはカタルーニャ語圏を対象としたドメインで、カタルーニャ州やバルセロナ市など行政機関の公式Webサイトでも使われている。
  • 2)もっとも海外の地下鉄全般がそうなので、ぜひともみなさま気をつけましょう。。

関連記事

「新京成サンクスフェスタinくぬぎ山」開催(2015年)

くぬぎ山登山のシーズン! 10月24日、新京成電鉄のくぬぎ山車両基地で「電車基地見学・展示会」が実施された。今回も前回と同じく「新京成サンクスフェスタinくぬぎ山」なるイベント名称となっていたが...

「新京成サンクスフェスタinくぬぎ山」開催(2015年)
スペイン バルセロナ交通散歩 2 - 地下鉄に乗るっ

以前の記事でご紹介したように、バルセロナの地下鉄は全部で11もの路線が走っている。バルセロナ滞在中に何度と利用したので、バルセロナ交通局の路線を中心にその様子をご紹介しよう。地下鉄は11路線ある...

スペイン バルセロナ交通散歩 2 - 地下鉄に乗るっ
スペイン バルセロナ交通散歩 1 - バルセロナの交通あれこれ

当サイトとしては3本目の海外特集(?)である韓国ソウル篇が進んでいるが、並行してスペイン・バルセロナの様子も紹介したい。バルセロナはスペインの北東部、地中海に面する都市で、カタルーニャ州の州都で...

スペイン バルセロナ交通散歩 1 - バルセロナの交通あれこれ
中央ヨーロッパ交通見聞録 7 - プラハ市電

旅も終盤、チェコの首都プラハである。プラハも路面電車がたくさん走っている都市で、2010年現在23の系統が設定されており、市民あるいは観光客の足として活躍している。さらに、プラハ市電はNight...

中央ヨーロッパ交通見聞録 7 - プラハ市電
中央ヨーロッパ交通見聞録 4 - ウィーン地下鉄

前回に続き、ウィーンの公共交通について見てみよう。今回は地下鉄を取り上げる。ウィーンの地下鉄はドイツ語圏のためメトロでもなくサブウェイでもなくU-Bahn(ウー・バーン)と呼ばれる。2010年...

中央ヨーロッパ交通見聞録 4 - ウィーン地下鉄

最新記事

新型車両 京成3200形を考察する

5月20日付けのプレスリリースでついにベールを脱いだ京成電鉄の新型車両、3200形。これまでに明らかになっている情報を基に、3200形がどういった車両なのか、また3200形の導入で起こりうる車両...

新型車両 京成3200形を考察する
タイ国鉄メークロン線 コロナ禍後のメークロン線路市場

コロナ禍後のメークロン線路市場を訪ねる。乗るはずだったバスが路線ごと廃止になっていることを知ったのは、朝7時のバスターミナルであった。この時点でこの日の旅程は崩壊。案内係のおばちゃんに近くまで...

タイ国鉄メークロン線 コロナ禍後のメークロン線路市場
新京成8800形8805編成 営業運転終了

新京成8800形8805編成が営業運転を終了、廃車となる。2022年度より置き換えが進められている新京成8800形だが、また1編成に廃車が発生した。4月に実施した80000形80056編成の導入...

新京成8800形8805編成 営業運転終了
北総9800形 「千葉ニュータウン中央駅開業40周年記念」ヘッドマーク

紆余曲折を経て40年。北総鉄道では、3月下旬より「千葉ニュータウン中央駅開業40周年記念」ヘッドマークの掲出を行っている。2024年3月19日に同駅が開業40周年を迎えることを記念したもので...

北総9800形 「千葉ニュータウン中央駅開業40周年記念」ヘッドマーク
京急600形 「川崎大師大開帳奉修」ヘッドマーク(2024年)

京急電鉄では、5月1日から31日まで川崎大師平間寺の大開帳奉修に合わせた「川崎大師大開帳奉修」ヘッドマークの掲出を行った。ヘッドマークが掲出されたのは600形3編成(651編成・652編成...

京急600形 「川崎大師大開帳奉修」ヘッドマーク(2024年)