KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2015.06.08

バンコクの交通事情、その3はバスである。

X53525.jpg

バンコクのバス
2015.02.12/แยกราชประสงค์

▲大通りを行く大量のバイクとバス

バンコクのバスはいかにも前時代的である。前回まで取り上げた軌道系の交通が比較的新しいということもあってとても使いやすいのとは対照的。車両はボロく、エアコンの無い車両も当たり前のように走っている。停留所には路線図等の掲示が無いどころか、停留所名称の掲示もないというありさま(そもそも停留所名称が設定されていない可能性もアリ)。加えて、運転手の判断で運行経路が変わることすらあるというもんだから、もうむちゃくちゃである。

そんなバンコクのバスだが、バンコクでは都市の規模に対して軌道系の交通がまだまだ貧弱ということで、路線バスの果たす役割は非常に大きい。路線バスはバンコク都内を密のように走っており、日々バンコクの人々を運んでいる。バンコクの日常が詰まってる乗り物と言えよう。路線バスを使いこなせるようになれば非常に便利なだけでなく、よりバンコクという街を楽しむことができること請け合い。そしてここは海外、日本と同じようなシステムのバスに乗ったって面白くあるまい。アナウンスがなかろうがボロかろうが何だろうが、そういうところも含めて楽しまなくちゃ海外に出かけてきた意味がないというもの。

D23367.jpg

バンコクのバス
2015.02.12/วัดพระเชตุพนวิมลมังคลารามราชวรมหาวิหาร

▲48番のエアコン無しボロバス、トゥクトゥクと一緒に
路線図

まずはバスがどこをどのように走っているかを把握するために、路線図を入手してみよう。路線図は、運行事業者や行政による公式的なものはないようだが、地図等を発行している出版社が製作しているものが現地の大型書店等で手に入る。私が手に入れたのはTHINK NETという出版社の路線図で、99バーツであった。このほか、バンコク在住の日本人向けフリーペーパーを作っているDACOという出版社もバス路線図を発行しており、その巻末にくっついている写真付き行先リスト(車掌に指差しで目的地を伝えられる)は、不慣れな日本人旅行者にとって心強い味方となろう。

バンコクのバスが外国人に対して救いがあるとすれば、路線毎に路線番号が振られていることだろうか。バスの車体にアラビア数字で番号が掲示してあり、それを頼りにしてバスに乗るわけだ。上記の路線図においても、路線番号とともに運行経路が示されており、そういう意味では分かりやすいシステムになっているのかも。これで番号が無くてタイ語による行先表示だけだったら終わってるところである。あんな謎の模様にしか見えないタイ文字の識別はいくらなんでもキツいって・・・。

X53531.jpg

バンコクのバス
2015.02.12/แยกราชประสงค์

▲どういうわけかフロントに三角停止板を並べまくってる74番ミニバス
運賃

運賃はバスの種類に依存しており、これが非常に分かりづらい。みな同じようにバンコクを走っている路線バスだが、まず公営バスか民営バスかで運賃が異なり、さらに、エアコンが付いているか付いていないかでも運賃が異なるという体系。例えば、エアコンのない公営バスは均一6バーツだが、エアコンの付いているエアコンバスは乗車距離によって8〜30バーツとなっている。これらとは別に、ミニバスやメトロバスと呼ばれるタイプのバスもさらに別の料金体系になっているのだからもう大変である。いちおう、バスの種類に応じて塗装が異なっているとのことだが、そんなもんいちいち覚えられるかい!

関連記事

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 4 - バンコクの路線バスに乗る

というわけで、バンコクの路線バスに乗ってみよう。バンコクで最初に乗ったのは48番のバスであった。48番は、スクンヴィット通りからBTS2線が交わるサイアム駅を経由して、観光地として定番の...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 4 - バンコクの路線バスに乗る
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 2 - BTSスカイトレイン走行音篇

バンコクその2。BTSの走行音と、BTS以外の軌道系交通の紹介をば。BTSには2種類の車両が走っているのは前回の記事でご紹介したが、上の2つがSIEMENS製の車両、下の2つが中国製の車両の...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 2 - BTSスカイトレイン走行音篇
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 1 - BTSスカイトレイン

半ば恒例化してきた海外の交通事情シリーズ、今回はタイの首都バンコクである。2月のある数日間、バンコクとその周辺を訪れたので、備忘録も兼ねてあれこれ記したいおきたいと思う。バンコクの都市鉄道...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 1 - BTSスカイトレイン
韓国 ソウル首都圏の交通事情 4 - ソウル市内のバス事情

ソウル首都圏の交通事情、続いてはバスの話題を取り上げてみよう。韓国は鉄道よりもバスの国という感じで、都市内で完結する路線バスはもちろん、都市間バスや高速バス、そしてかの有名な4人組が乗った...

韓国 ソウル首都圏の交通事情 4 - ソウル市内のバス事情
ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 路線篇

世間は大型連休。残念ながら私は特にどこへと行く予定もないので、腹いせ(?)に3月に訪れたベトナム南部の都市ホーチミン・シティを回顧してみる。ホーチミン・シティの公共交通、とりわけバスについての...

ベトナム ホーチミン・シティの路線バス事情 - 路線篇

最新記事

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさま。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰上げ・始発繰下げに伴うダイヤ変更により運転を...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K
東京BRT プレ運行開始 2 - 東京BRTの車両たち

2020年10月1日に運行開始した東京BRT。前回の記事では東京BRTの概要や将来の計画などを紹介したが、今回東京BRTの車両たちを見てみよう。東京BRTでは、運行開始より9台の車両を使用して...

東京BRT プレ運行開始 2 - 東京BRTの車両たち

海外のバス海外