KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2015.06.14

時には運も必要さ。

D11639.jpg

JR九州キハ66系 キハ66 1+キハ67 1(崎サキ
2011.09.22/長 崎

▲長崎駅にてたまたま遭遇したキハ66系の国鉄急行色

この時は確か、九州のバスが乗り放題となる「SUNQパス」を使った旅行をしていたんだったかと思うのだが、佐世保からの高速バスを長崎駅で降りた私は、せっかく長崎駅にいるのだからちょいと駅の様子でも見ておこうか思い、改札の外からホームをのぞくと・・・おお、そこにはキハ66系の国鉄急行色が停まってるではないかっ!! すかさず入場券を購入して、改札内へ突入〜。

キハ66系は、1975年の山陽新幹線博多開業に伴う北九州地区の新幹線連絡輸送用として製造された気動車である。両開き戸で通勤輸送として使われることを想定しつつも、急行列車としても走れるという当時としてはユニークな存在だったとのこと。編成はキハ66形+キハ67形の2両で組まれているが、製造されたのが国鉄末期に差し掛かっていたということもあって、全部で15本30両のみの少数派。現在は活躍の場を長崎に移し、長崎本線や大村線を走っている。Designed by ドーンデザイン研究所による「シーサイドライナー色」は印象的だ。

D11643.jpg

JR九州キハ66系 キハ66 1+キハ67 1(崎サキ
2011.09.22/長 崎

▲諫早に向けて発車するキハ66系

前回ご紹介した103系1500番台と同じく九州でしか見られない車両なので、私のような関東の人間にははっきりいって縁のない車両である。そんなわけなので、国鉄急行色となっているキハ66 1+キハ67 1の編成に思わず出会えたのはラッキーなのであった。旅先でツイてるといい気分になる。いずれは現在の標準塗装となっている「シーサイドライナー色」や変わり種の「ハウステンボス色」もじっくりと見てみたいなあと思いつつ、長崎駅を後にしたのであった。

関連記事

国鉄型車両を訪ねて 20 - JR貨物EF66 27

贅沢な行き掛けの駄賃。時は静岡鉄道A3000形を目当てに静岡を訪れた4月某日。せっかく静岡まで来たのだから何かついでに撮れればいいなあと思っていたところ、貨物列車の目撃情報を調べてみたらあらまあ...

国鉄型車両を訪ねて 20 - JR貨物EF66 27
国鉄型車両を訪ねて 18 - JR九州・筑肥線の103系1500番台

そう言えばこれも国鉄型だったよなあということで(?)、JR九州の筑肥線・福岡市営地下鉄線直通用の103系1500番台である。個人的にいかんせんあまり国鉄型という感じを受けないのだが、そもそも...

国鉄型車両を訪ねて 18 - JR九州・筑肥線の103系1500番台
国鉄型車両を訪ねて 17 - JR北海道711系

11月末に札幌〜旭川間を移動する機会があったので、せっかくだから引退間近となっている711系に乗ってみた。現在残っている711系は1980年の室蘭〜札幌電化に伴って製造された後期グループだが...

国鉄型車両を訪ねて 17 - JR北海道711系
国鉄型車両を訪ねて 14 - 大糸線キハ52形 根知交換篇

大糸線キハ52撮影記その3は、大糸線キハ52におけるハイライトの1つ、根知駅における交換風景である。大糸線南小谷〜糸魚川において列車の交換設備を持つのは根知だけで、したがって2本の列車が本線に...

国鉄型車両を訪ねて 14 - 大糸線キハ52形 根知交換篇
国鉄型車両を訪ねて 13 - 大糸線キハ52形 タラコ単行篇

2009年春に訪れた大糸線のキハ52撮影行、その2はタラコ単行篇である。今でもそうだと思うのだが、大糸線のJR西日本管内の南小谷〜糸魚川間は2運用+予備1本となっており、糸魚川地域鉄道部に常駐...

国鉄型車両を訪ねて 13 - 大糸線キハ52形 タラコ単行篇

最新記事

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現

新京成8800形に新たな形態が出現。新京成8800形で2016年度より進められている車体のリニューアル工事について、異変が生じている。8800形のリニューアル工事は、VVVFインバーター装置の...

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現
京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示

京成3400形に残る「北総・公団線」表記。京成高砂から東松戸、新鎌ヶ谷を抜けて千葉ニュータウンに至る北総線は、かつて北総・公団線と言っていた。千葉ニュータウン内の鉄道整備において、諸々の事情から...

京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示
京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク

パンダが日本に来てから半世紀。京成電鉄では、10月下旬から12月末まで3000形に「パンダ来日50周年記念」ヘッドマークの掲出を行った。1972年10月に日本で初めてジャイアントパンダ「カンカン...

京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク
新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の新年ヘッドマークの掲出を行っている。今年で15年目となるヘッドマークの干支は「卯」。新年...

新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)
京成3500形 走り続けて50周年

走り続けて半世紀。京成電鉄における最古参の車両として走る3500形。そんな3500形は2022年12月、めでたくデビュー50周年を迎えた。1972年12月26日に竣工(入籍)した3504編成...

京成3500形 走り続けて50周年