KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2015.07.31

というわけで、バンコクでも適当にバスを撮ってみた。帰りの飛行機までの時間調整を兼ねてバンコクにおける交通の要所の1つ、戦勝記念塔(Victory Monument)の大ロータリーに行ってみた。頭の中ではどういうわけかいすゞのトラックのCMソング1)が流れている。

エアコンなし直営バス(赤バス)

まずはエアコンなしの直営バスをば。バンコクのバスはBMTA(Bangkok Mass Transit Authority、バンコク大量輸送公社)が管理しており、直営バスと民間事業者に委託したバスに分けられる。赤とクリームのツートンカラーに緑色のラインが入ったエアコンなしの直営バス、日本製ということもあって、バンコクのバスと言えばこれを思い浮かべる方も多いのではないだろうか。ただし、ボディは現地生産の模様である。日本では見られなくなりつつあるメーカーのエンブレムが今でも現役。既にだいぶ古くなっているはずだが、こうして日本の製品が長く大切に使われているのを見ると、日本人としてなんとなく嬉しい気持ちになる。

X54051.jpg

バンコクのバス
2015.2.15/อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ

▲63番の無料バスで運行されるいすゞ製の車両
X54063.jpg

バンコクのバス
2015.2.15/อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ

▲HINOのウィングマークが眩しい日野自動車製の車両
X54068.jpg

バンコクのバス
2015.2.15/อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ

▲バンコク版エアロスターとも言えそうな三菱自動車製の車両
X54034.jpg

バンコクのバス
2015.2.15/อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ

▲エアロスターKの雰囲気が漂う三菱自動車製車両のリアの表情
エアコンなし民間委託バス

民間の事業者に運行を委託したエアコンなしバスである。車体はピンク色で、茶色のラインが入っている。日本の感覚からするとなんともドギツイ色だが、ピンク色はタイのプミポン国王の健康と長寿を願う色ということで、タイでは流行りの色らしい。国民の、王室への信頼が非常に厚いタイならではのカラーリングと言えそうだ。元々は白い車体だったようだが、最近になって順次塗り替えられているとのこと。

X54055.jpg

バンコクのバス
2015.2.15/อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ

▲ベンツのエンブレムが取り付けられている車両だが、詳細不明
X54042.jpg

バンコクのバス
2015.2.15/อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ

▲メーカー等不明、こう見えて環境にやさしいNGVへの改造車
X54064.jpg

バンコクのバス
2015.2.15/อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ

▲こうなるとボロを通り越してただの事故車である
  • 1)世界を結ぶ~アジアの営み篇~ (YouTube) - いすゞ自動車の公式YouTubeチャンネル。2013年4月より放映されたTVCMで、タイが舞台となっている。戦勝記念塔のシーンは0:10〜。

関連記事

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 6 - バンコクのバスあれこれ2

バンコクの交通見聞、前回に引き続き戦勝記念塔の大ロータリーにて撮影したバンコクのバスをご紹介。直営エアコンバス(ユーロ2バス) BMTA直営のエアコンバスである。1998年から2000年代初頭に...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 6 - バンコクのバスあれこれ2
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 4 - バンコクの路線バスに乗る

というわけで、バンコクの路線バスに乗ってみよう。バンコクで最初に乗ったのは48番のバスであった。48番は、スクンヴィット通りからBTS2線が交わるサイアム駅を経由して、観光地として定番の...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 4 - バンコクの路線バスに乗る
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 3 - バンコク路線バス事情

バンコクの交通事情、その3はバスである。バンコクのバスはいかにも前時代的である。前回まで取り上げた軌道系の交通が比較的新しいということもあってとても使いやすいのとは対照的。車両はボロく...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 3 - バンコク路線バス事情
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 2 - BTSスカイトレイン走行音篇

バンコクその2。BTSの走行音と、BTS以外の軌道系交通の紹介をば。BTSには2種類の車両が走っているのは前回の記事でご紹介したが、上の2つがSIEMENS製の車両、下の2つが中国製の車両の...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 2 - BTSスカイトレイン走行音篇
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 1 - BTSスカイトレイン

半ば恒例化してきた海外の交通事情シリーズ、今回はタイの首都バンコクである。2月のある数日間、バンコクとその周辺を訪れたので、備忘録も兼ねてあれこれ記したいおきたいと思う。バンコクの都市鉄道...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 1 - BTSスカイトレイン

最新記事

まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさま。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰上げ・始発繰下げに伴うダイヤ変更により運転を...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

海外のバス海外