KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2015.07.01

地下鉄に乗り、路面電車に乗った後はバスにも乗りますよっ。

D21746.jpg

バルセロナ交通局 3423号車
2014.03.17/Plaça de Catalunya

▲バルセロナ交通局の路線バス。17番のバルセロネータ行

バルセロナ交通局の路線バスは新市街を中心にバルセロナ市の市域を網羅しており、その運行路線数は100以上。京都における京都市バスのように、その姿をバルセロナのあちこちで見かけることができる。バルセロナは地下鉄が発達しているので、市内の大まかな観光地へはほとんど地下鉄で行くことができるが、バスに乗る機会があるならばぜひとも乗っておきたいところ。地元の利用客に紛れて街並みを眺めながら移動するのは実に楽しい。

運賃は1回乗車で2.15ユーロ。ただし、バルセロナを走る地下鉄や近郊鉄道との共通運賃がバスにも適用されるので、先に紹介したT-Dia(1日乗車券)やT-10(10回乗車券)が使えるのは便利だ。T-10ならば1回あたりの乗車が約1ユーロとなる。これらのチケットは時刻の刻印から1時間15分間有効なので、この時間内ならば地下鉄や他のバスに乗り継いでも乗車回数がカウントされることがないのは大きい。

D21093.jpg

新市街を走る路線バス
2014.03.14/**

▲新市街を行くバルセロナ交通局のバス
Z00011.jpg

バルセロナ交通局 バス路線図(部分)

▲バルセロナ交通局のバス路線図(部分)。バスの走る通りに路線番号がかかれた矢羽のようなものでルートとその向きを表示。一方通行が多く、往復で走行経路が異なる路線の多いバルセロナならでは? なお黄色い線は民営バス

◆ ◆ ◆

さて、バルセロナ交通局では現在進行形でバス路線網の再編が進められている。バルセロナ交通局の説明によれば、都市の発展とともに路線の新設や延伸を繰り返してきた現在のバスの路線網は、ルートが分かりにくいものになっていたり後から建設された地下鉄や路面電車とルートが重複していたりして、結果的に非効率なものになっているとのこと。現地語でNova xarxa de bus、日本語にすると新バスネットワークと名付けられたプロジェクトでは、現行のバス路線網を効率的でわかりやすいものに再構築するとしている1)。いわば創業以来継ぎ足しながら使い続けている伝統のタレを捨て、美味しくて魅力的なタレを新しく作ってしまおうというものだ。

新バスネットワークのコンセプトは極めてシンプルで、都市内を垂直方向に走る路線と水平方向に走る路線をそれぞれいくつか設定し、まさしくネット状に路線網を構築するというもの2)。既存の路線で直通していたものが路線再編でそうでなくなる可能性もあるが、路線網をネット状にすることで、ある地点から別のある地点まで移動においては必ず1回以内の乗換えで済むというわけだ。新バスネットワークにおける垂直方向の路線の番号には「V」のアルファベットが、同じく水平方向の路線には「H」が冠され3)、利用者に対してバスがどちらの方向に進むのかをわかりやすく明示している。垂直方向の路線と水平方向の路線が交わるバス停は情報端末等が設置されたグレードの高いものとなり、バスどうしの結節点として機能を併せ持ったものになるとのこと。そして、このネット状の路線網は、バルセロナの新市街が1辺130mほどの正方形の街区をびっしりと敷き詰めたグリッド状の都市だからこそと言えるもので、バルセロナという都市のコンテキストを汲み取ったバス路線網の再編というのが極めて面白い。

D21414.jpg

バルセロナ交通局 1411号車
2014.03.14/Barceloneta

▲新バスネットワークのバスは塗装も新しくなり、バルセロナの街区を模したデザインをまとったものとなる。斜め方向の新路線、D20番

新バスネットワーク化は徐々に進められており、私がバルセロナを訪れた時は3つの路線が新バスネットワークの路線として開業していた。現在、新バスネットワークは13路線となっており、2016年2月にはさらに3路線が加わる予定である。他に例を見ない新バスネットワークというバルセロナ交通局の野心的な挑戦は何となく注目しておきたいところ。

  • 1)Nova xarxa de bus(バルセロナ交通局)
  • 2)垂直方向と水平方向の路線とともに、斜め方向の路線も少数ながら設定されている。
  • 3)「V」はvertical、「H」はhoritzontalの頭文字。斜め方向の路線はdiagonalの「D」を冠する。
  • 海外のバス
  • タグはありません

関連記事

スペイン バルセロナ交通散歩 4 - 路面電車に乗るっ

バルセロナその4。路面電車に乗ってみましたよっ。バルセロナもかつては路面電車が市中を走り回る都市だったが、地下鉄網の拡充等により1970年代までに全路線が廃止となった過去を持つ。今日、バルセロナ...

スペイン バルセロナ交通散歩 4 - 路面電車に乗るっ
スペイン バルセロナ交通散歩 3 - 地下鉄に乗るっ その2

バルセロナその3。例によって地下鉄の走行音を録ってきたので、掲載したく思う。まずはL4を走る2100番台車両をば。自国スペインのCAFという車両メーカー製ながら、制御装置のVVVFインバーターは...

スペイン バルセロナ交通散歩 3 - 地下鉄に乗るっ その2
スペイン バルセロナ交通散歩 2 - 地下鉄に乗るっ

以前の記事でご紹介したように、バルセロナの地下鉄は全部で11もの路線が走っている。バルセロナ滞在中に何度と利用したので、バルセロナ交通局の路線を中心にその様子をご紹介しよう。地下鉄は11路線ある...

スペイン バルセロナ交通散歩 2 - 地下鉄に乗るっ
スペイン バルセロナ交通散歩 1 - バルセロナの交通あれこれ

当サイトとしては3本目の海外特集(?)である韓国ソウル篇が進んでいるが、並行してスペイン・バルセロナの様子も紹介したい。バルセロナはスペインの北東部、地中海に面する都市で、カタルーニャ州の州都で...

スペイン バルセロナ交通散歩 1 - バルセロナの交通あれこれ
中央ヨーロッパ交通見聞録 7 - プラハ市電

旅も終盤、チェコの首都プラハである。プラハも路面電車がたくさん走っている都市で、2010年現在23の系統が設定されており、市民あるいは観光客の足として活躍している。さらに、プラハ市電はNight...

中央ヨーロッパ交通見聞録 7 - プラハ市電

最新記事

新型車両 京成3200形を考察する

5月20日付けのプレスリリースでついにベールを脱いだ京成電鉄の新型車両、3200形。これまでに明らかになっている情報を基に、3200形がどういった車両なのか、また3200形の導入で起こりうる車両...

新型車両 京成3200形を考察する
タイ国鉄メークロン線 コロナ禍後のメークロン線路市場

コロナ禍後のメークロン線路市場を訪ねる。乗るはずだったバスが路線ごと廃止になっていることを知ったのは、朝7時のバスターミナルであった。この時点でこの日の旅程は崩壊。案内係のおばちゃんに近くまで...

タイ国鉄メークロン線 コロナ禍後のメークロン線路市場
新京成8800形8805編成 営業運転終了

新京成8800形8805編成が営業運転を終了、廃車となる。2022年度より置き換えが進められている新京成8800形だが、また1編成に廃車が発生した。4月に実施した80000形80056編成の導入...

新京成8800形8805編成 営業運転終了
北総9800形 「千葉ニュータウン中央駅開業40周年記念」ヘッドマーク

紆余曲折を経て40年。北総鉄道では、3月下旬より「千葉ニュータウン中央駅開業40周年記念」ヘッドマークの掲出を行っている。2024年3月19日に同駅が開業40周年を迎えることを記念したもので...

北総9800形 「千葉ニュータウン中央駅開業40周年記念」ヘッドマーク
京急600形 「川崎大師大開帳奉修」ヘッドマーク(2024年)

京急電鉄では、5月1日から31日まで川崎大師平間寺の大開帳奉修に合わせた「川崎大師大開帳奉修」ヘッドマークの掲出を行った。ヘッドマークが掲出されたのは600形3編成(651編成・652編成...

京急600形 「川崎大師大開帳奉修」ヘッドマーク(2024年)