KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2015.08.30

バンコクの交通見聞、前回に引き続き戦勝記念塔の大ロータリーにて撮影したバンコクのバスをご紹介。

直営エアコンバス(ユーロ2バス)

BMTA直営のエアコンバスである。1998年から2000年代初頭にかけて大量に導入されたようで、バンコク都内のいたるところで見かけることができる。リアエンジンの採用とともに側面のドア配置が前・中となり、現代のバスらしい姿となった。

EUが1996年に定めたユーロ2という排出ガス規制に適合した仕様となっており、バンコクではそのままズバリ"ユーロ2バス"と呼ばれているようだ。日本のいすゞ自動車、日野自動車のほか、ドイツのMercedes Benz、韓国の大宇バス(DAEWOO)製のものが走っている(いずれもシャーシのみでボディは現地生産)。現在は大宇バス製車両の廃車が進んでいるほか、日野自動車製車両のCNG化改造が進んでいるとのこと。

X54054.jpg

バンコクのバス
2015.2.15/อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ

▲整った顔つきの日野自動車製ユーロ2バス、CNG改造車
X54048.jpg

バンコクのバス
2015.2.15/อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ

▲同じくMercedes Benz製のユーロ2バス、高速道路を走る536番
X54061.jpg

バンコクのバス
2015.2.15/อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ

▲4枚折の前扉が特徴的ないすゞ製、ドンムアン空港行のA2番
直営エアコンバス(ユーロ1バス)

同じくBMTA直営のエアコンバスだが、ユーロ2バス導入以前の少し古いタイプのエアコンバスである。青とクリームのツートンカラーに緑の帯が入る。車体の見た目はユーロ2バスと同じだが、車体の中央1ヶ所に設けられた4枚折戸はエアコンなしバスのものを引き継いでおり、何とも過渡期的なスタイル。

X54059.jpg

バンコクのバス
2015.2.15/อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ

▲青とクリームの初期エアコンバス
民間委託エアコンバス
最後は民間委託のエアコンバス。黄色い車体に茶色の帯を巻いた車両がそれである。2000年代後半以後は中国製の車両が導入されており、確かに比較的最近導入されたと思しき中国製の車両が目立っていた。しかも中国製の車両はボディも純正の完成した車体での輸入である。これまで導入してきた日本やドイツ製の車両がシャーシのみの輸入にとどまり、ボディを現地生産にしたのはそちらのほうが関税上有利だったためだそうだが、中国製のものは車体ごと輸入してもなお日本やドイツ製より安いということなのか・・・。

X54041.jpg

バンコクのバス
2015.2.15/อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ

▲上海の申龍客車(Sunlong)というメーカーのCNGワンステップ車両
X54038.jpg

バンコクのバス
2015.2.15/อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ

▲ショートボディの車両、前扉のグライドスライド1枚ドアが特徴的
X54050.jpg

バンコクのバス
2015.2.15/อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ

▲メーカー等詳細不明だが、いくらなんでもCitaroをパ○リすぎだろ

(完)

関連記事

タイ国鉄の旅 1 - バンコク・フアランポーン駅の喧騒

バンコクの交通事情に引き続き、タイ国鉄のあれこれを取り上げていこう。まずはバンコクの中央駅、フアランポーン駅の様子をば。フアランポーン駅はタイ国鉄の主要幹線、タイ北部最大の都市チェンマイに向かう...

タイ国鉄の旅 1 - バンコク・フアランポーン駅の喧騒
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 5 - バンコクのバスあれこれ

というわけで、バンコクでも適当にバスを撮ってみた。帰りの飛行機までの時間調整を兼ねてバンコクの交通における要所の1つ、戦勝記念塔(Victory Monument)の大ロータリーに行ってみた...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 5 - バンコクのバスあれこれ
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 4 - バンコクの路線バスに乗る

というわけで、バンコクの路線バスに乗ってみよう。バンコクで最初に乗ったのは48番のバスであった。48番は、スクンヴィット通りからBTS2線が交わるサイアム駅を経由して、観光地として定番の...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 4 - バンコクの路線バスに乗る
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 3 - バンコク路線バス事情

バンコクの交通事情、その3はバスである。バンコクのバスはいかにも前時代的である。前回まで取り上げた軌道系の交通が比較的新しいということもあってとても使いやすいのとは対照的。車両はボロく...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 3 - バンコク路線バス事情
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 2 - BTSスカイトレイン走行音篇

バンコクその2。BTSの走行音と、BTS以外の軌道系交通の紹介をば。BTSには2種類の車両が走っているのは前回の記事でご紹介したが、上の2つがSIEMENS製の車両、下の2つが中国製の車両の...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 2 - BTSスカイトレイン走行音篇

最新記事

京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始

半世紀ぶりの大変革。4月17日、京成線と北総線において始発列車よりデジタルSR列車無線(SR無線)の使用が開始された。SR無線を使用する区間は、京成線全線(北総線と重複する区間を除く)と北総線...

京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始
まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)

海外のバス海外