KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2015.09.24

バンコクの交通事情に引き続き、タイ国鉄のあれこれを取り上げていこう。まずはバンコクの中央駅、フアランポーン駅の様子をば。

D23938.jpg

フアランポーン駅 正面
2015.2.15/**

▲フアランポーン駅の正面、威風堂々な雰囲気
D23933.jpg

フアランポーン駅 コンコース
2015.2.15/**

▲フアランポーン駅、大空間のコンコース

フアランポーン駅はタイ国鉄の主要幹線、タイ北部最大の都市チェンマイに向かう北本線、マレーシア方面の南本線、イーサーンと呼ばれるタイ東北部に走る東北本線、カンボジアとの国境に隣接する街アランヤプラテートへの東本線の4系統が集まる駅となっている。タイの首都バンコクのターミナル駅でもあるが、タイ国鉄の運行拠点でもあるわけだ。タイ国鉄が最初に開業した区間に含まれており、当駅が開業したのは1897年のことだそう。歴史のある立派な駅である。

現在の駅の本屋は洋風の立派な建物で、正面から中に入ると大空間のコンコースが待ち受けている。コンコースは主に待合所として使われているようで、これから各地へ向かおうという人あるいはどこかから到着した人でごった返している。いかにもターミナル駅という風景が広がっている。さらに奥に進むとホームへと出る。改札口も特にないので、構内に立ち入らせていただこう。

D23910.jpg

フアランポーン駅 ホーム
2015.2.15/**

▲端頭式となっているフアランポーン駅のホーム
D23905.jpg

フアランポーン駅 ホーム
2015.2.15/**

▲コンコースから続く大屋根と、当駅に到着した普通列車

フアランポーン駅の構内は7面14線、南側が行き止まりの端頭式ホームとなっている。コンコースから続く大屋根の下に4線、その両側に4線と6線がそれぞれくっついているという具合。北側には客車の操車場に隣接している。ひっきりなしとまではいかないが、ある程度列車の発着があって観察する分にはちょうどいい塩梅。全般的にボロい客車がゴロゴロしており、アジアの鉄道らしい雰囲気が漂っている。たまに入換で客車の連結作業も行なわれているが、その作業のなんとも荒いこと。客車どうしをぶつけるかのごとく、擬音で表現するならガシャ――ン! というかもはやドッカーーン!! その様子はいつかYouTubeで見た動画のままで笑ってしまった。あれはたまたまそういうシーンが撮れたのではなく、ここではまさしく日常なんだな。

D23772.jpg

フアランポーン駅 ホーム
2015.2.14/**

▲各ホームには列車の発車予定が掲示される
X53873.jpg

タイ国鉄 普通列車
2015.2.14/**

▲タイ国鉄では一般的な普通列車、ディーゼル機関車牽引の客車列車
X53973.jpg

フアランポーン駅 サボ置き場
2015.2.15/**

▲サボ管理所(?) タイ文字はよく分からんが大量に並べられたサボは見ていて楽しい。触って確かめてみるとサボは木製のようであった。
D23918.jpg

タイ国鉄 元14系・24系客車
2015.2.15/**

▲2番線に留置されていた元JR西日本の14系・24系

そして2番線には、JR西日本から譲渡された14系・24系の姿が。その姿はもはやブルートレインではなくパープルトレイン(?)となっているが、車体のいたるところに残る日本語の表記から日本時代を偲ぶことができる。現在はバンコク〜チェンマイ間の夜行特急として使われており、今もブルートレイン本来の用途として走っているのは特筆されよう。日本では最後のブルートレインとなっていた臨時寝台特急「北斗星」が8月に廃止されてしまったが、ブルートレインが無くなってしまって寂しい! とか、ブルートレインにもう1度乗りたい! とか思っている方は、ぜひともタイへの渡航を検討されてみてはどうだろう。

関連記事

タイ国鉄の旅 2 - 特急"スプリンター"9レに乗る

タイ国鉄の旅、前回はフワランポーン駅の様子を紹介したが、フワランポーン駅に来たのは他でもない、列車に乗るためである。アユタヤ王朝の遺跡群で有名な、古都アユタヤへ向かう。ボロの客車列車に後ろ髪を...

タイ国鉄の旅 2 - 特急
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 6 - バンコクのバスあれこれ2

バンコクの交通見聞、前回に引き続き戦勝記念塔の大ロータリーにて撮影したバンコクのバスをご紹介。直営エアコンバス(ユーロ2バス) BMTA直営のエアコンバスである。1998年から2000年代初頭に...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 6 - バンコクのバスあれこれ2
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 5 - バンコクのバスあれこれ

というわけで、バンコクでも適当にバスを撮ってみた。帰りの飛行機までの時間調整を兼ねてバンコクの交通における要所の1つ、戦勝記念塔(Victory Monument)の大ロータリーに行ってみた...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 5 - バンコクのバスあれこれ
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 4 - バンコクの路線バスに乗る

というわけで、バンコクの路線バスに乗ってみよう。バンコクで最初に乗ったのは48番のバスであった。48番は、スクンヴィット通りからBTS2線が交わるサイアム駅を経由して、観光地として定番の...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 4 - バンコクの路線バスに乗る
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 3 - バンコク路線バス事情

バンコクの交通事情、その3はバスである。バンコクのバスはいかにも前時代的である。前回まで取り上げた軌道系の交通が比較的新しいということもあってとても使いやすいのとは対照的。車両はボロく...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 3 - バンコク路線バス事情

最新記事

京成電鉄「2024年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも20日に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。2024年度における鉄道事業の...

京成電鉄「2024年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
四直珍列車研究 133 - 平日 1101T

平日1本のみ、都営車の三社局直通特急。平日1101Tは、都営車で運転される特急京成高砂行である。2023年11月ダイヤ改正で登場した列車で、始発駅は三崎口。遠路はるばる三社局を直通する、平日1本...

四直珍列車研究 133 - 平日 1101T
東洋バス路線図 2024年5月1日版

当Webサイトでは、2023年9月の「東洋バス路線図 2023年9月1日版」と題する記事にて東洋バスの路線図を公開していたところであるが、約8ヶ月ぶりに改訂版を発行する。東洋バスでは5月1日に...

東洋バス路線図 2024年5月1日版
京成線 市川真間駅が「市川ママ駅」になる(2024年)

市川真間駅が「市川ママ駅」になる。京成電鉄と京成バスでは、4月下旬より市川真間駅において「市川ママ駅」特別装飾を実施している。駅名の市川真間の読みが「いちかわまま」であることにちなんで母の日に...

京成線 市川真間駅が「市川ママ駅」になる(2024年)
京成線 駅別乗降人員ランキング(2023年度)

2023年度の京成線の駅別乗降人員ランキング! 京成線の全69駅において、どの駅の利用が多いのか少ないのか。京成電鉄が毎年公表しているデータを基に、2023年度の駅別乗降人員をランキング形式で...

京成線 駅別乗降人員ランキング(2023年度)