KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2015.10.29

このシリーズでは数々の珍列車を取り上げてきたが、今回は80回記念ということで、本当に珍しい列車を取り上げてみよう。

D18888.jpg

京成3700形 3868編成
2013.8.23/実籾〜八千代台

▲宗吾参道から高砂に回送される3868編成
D15007.jpg

京成3000形 3021編成
2012.6.20/実 籾

▲高砂から宗吾参道に回送される3021編成
  • [平日/土休日]S3x 回送
  • 始発:宗吾参道---- → 終着:高砂----
  • ダイヤ:ー
  • 備考:不定期列車
  • [平日/土休日]S3x 回送
  • 始発:高砂---- → 終着:宗吾参道----
  • ダイヤ:ー
  • 備考:不定期列車

高砂〜宗吾参道間で運転される臨時回送である。不定期列車を示すSを冠する運行番号の列車のうち、S30台からS40台にかけては高砂〜宗吾参道間の車庫所在駅間を結ぶ回送列車としてあらかじめスジが設定されており、それぞれ必要がある時に運転される。京成では都心側の高砂検車区と郊外にある宗吾車両基地が列車運行の2大拠点となっており、その車庫の配置ゆえに定期回送の少ない効率的な運行ができている1)が、それでもやはり運用調整や車両故障などの事由にて車庫間で車両を移動する必要に迫られてしまう。そういった時に、このスジを用いて車両を回送させるのだ。

したがって、車両は何でも充当される。日中時間帯は京成本線を走らないAE形や、場合によっては都営車など他社局の車両もこのスジを使って回送されることがある。最近見かけた中で印象的だったのは、3300形3344+3304の8両編成。そう、3300形のさよなら運転で走った8両編成である。この編成、さよなら運転の直前に夜な夜な宗吾参道〜高砂間をこの回送で1往復走っていた。これはいちおう高砂検車区にてさよなら運転に向けて車内外を清掃するという目的があったようだが、もはやそれを口実にして3300形の8両編成を本線上で走らせたかったとしか思えん・・・。

D13268.jpg

京成AE100形 AE-138編成
2012.1.30/菅野〜八幡

▲臨時シティライナー運行終了後に宗吾参道へ回送されるAE-138編成。「S」が出せないAE100形は「AE31」表示で運転
D15028.jpg

都営5300形 5314編成
2012.6.24/実籾〜八千代台

▲ダイヤ乱れで所定の出庫ができなかったため臨時回送される5314編成。同じく「S」が出せないので「37T」表示
D23979.jpg

京成3300形 3344+3304編成
2015.2.25/実 籾

▲さよなら運転直前に高砂まで走った3344+3304編成

前述のように故障車両の回送にも使われており、ユニットカットして走るなどの状況を想定してスジが寝ているのが特徴である(定期列車の合間を縫って走るという事情もある)。そのため、やたらとちんたら走る列車となっており、踏切が長〜く閉まってしまうこともあるが、京成線の運行を影で支える列車であることは間違いないので、そこらへんは許してやってくだされ。

(注)本稿においては、S30台〜S40台の運行番号をまとめてS3xと表記しました。

  • 1)最近のダイヤでは定期回送がやや増加傾向にある。

関連記事

四直珍列車研究 81 - 土休日 15AE50a

翌5日のダイヤ修正にて、ついに定期運行が取り止めとなる特急「シティライナー」。ダイヤ修正直前に恒例としている消える珍列車は、そのシティライナー・・・ではなく、シティライナーに付随して...

四直珍列車研究 81 - 土休日 15AE50a
四直珍列車研究 79 - 平日 500

京急の少数派普通車。平日500レは、平日朝のみに設定されている普通京急久里浜行である。京急久里浜線と言えば特急と快特しか走っていないというイメージがあるが、平日の朝に京急久里浜発着の普通車が...

四直珍列車研究 79 - 平日 500
四直珍列車研究 78 - 平日 740T

都営車の金沢文庫行と言えば、深夜特急1本のみという状況が長らく続いていたが、エアポート急行の登場以後は増えつつある。そのうちの1つ、平日740Tをみてみよう。平日740Tは早朝に走る都営車による...

四直珍列車研究 78 - 平日 740T
四直珍列車研究 77 - 平日 505K・土休日 511K

成田スカイアクセス線開業5周年オメデトウ、というわけで、3050形の珍列車を取り上げてみよう。平日505K・土休日511Kは、早朝に設定されている宗吾参道始発成田空港行の普通列車である...

四直珍列車研究 77 - 平日 505K・土休日 511K
四直珍列車研究 76 - 土休日 1753H

2ヶ月限定の珍列車。2010年の四直各線は、5月に京急蒲田駅付近の高架化完成、7月に京成成田スカイアクセス線の開業という大きな変化の年であった。ただし、大変なのはダイヤの調整である。この2つの...

四直珍列車研究 76 - 土休日 1753H

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る