KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2015.11.19

11月14日に開催された「都営フェスタ2015 in 浅草線」。京成からはAE100形と3500形未更新車が展示されたが、3500未更新車が都営浅草線を走る機会はもうあまりないだろうということで、送り込みと返却回送を狙ってみた。

D25703.jpg

京成3500形 3588編成
2015.11.14/東日本橋

▲7年ぶりに都営浅草線を走る3500形未更新車

3500形未更新車が都営浅草線を走るのは、同じく都営フェスタにて展示のために入線した2009年以来、実に7年ぶりとなっている。また、3500更新車の8連終了や都営浅草線に直通する6連運用終了で3500形は更新車を含めても同線に入線する機会が失われており、3500形そのものも約半年ぶりの入線。7年前の都営フェスタでは、送り込みを臨時「都営フェスタ号」として印西牧の原から営業列車として運転したが、今回は往復ともに回送列車となった。

なお、列番は京成線内S91、都営浅草線内91Kとして設定されていたようだが、表示を変えるのが面倒だったのか往復ともに押上で列番幕を変更することなく走っている。したがって、送り込みにおいては都営浅草線内をS台の表示で走るという、少し珍しい光景を見ることができた。

D12396.jpg

京成3500形 3588編成
2015.11.14/西馬込

▲返却回送、馬込車両検修場から西馬込に入線する3500形未更新車

◆ ◆ ◆

最後に、今回の都営フェスタに関わった車両の動きをまとめて、〆る。

AE-168編成

宗吾○→AE57〜99K→展示→99K〜AE57→宗吾△。4年ぶりの都営浅草線入線となったAE-168編成だが、4年前とほぼ同じ行程で馬込車両検修場まで走った。前日の終電後に回送で会場入りし、イベント当日の終電後に撤収している。返却回送は、4年前は高砂までであったが、今回は一気に宗吾までとなり、深夜2時過ぎに京成本線を爆走するAE100形が見られた。

3588編成

津田沼○→51→高砂△/高砂○→S91〜91K→展示→91K〜S91→高砂△。3588編成は前述のとおり、送り込み、返却ともに高砂からの臨時回送とされた。なお、この日の同編成は津田沼出庫となっており、51運行の通常営業で高砂入庫後、西馬込へ回送された。

1057編成

(前日)27H→馬込△/(当日)展示/(翌日)馬込○→77H→久里工△。1057編成の都営フェスタ展示は京急車の馬込車両検修場滞泊運用が活用されている。イベント前日の2326Hで馬込に入庫、本来であれば翌朝の77Hで出庫するところをキャンセルし、イベントにて展示された。同編成はさらに馬込に1泊し、15日朝の577Hで出庫した。

9018編成

印旛○→25N(〜624N)→展示→11T(〜2211T)→25N(2225N泉岳寺〜)→矢切△。624N普通西馬込行で会場入り、展示された。イベント終了後、11Tの代走で営業に入り、泉岳寺で2211Tと2225Nを車両交換した。

5316編成

馬込○→77H→久里工△/久里工○→63H(2163H京急久里浜〜)→馬込△。本来は77Hで出庫するはずの1057編成がイベント展示のため代走で出庫、676Hで久里浜まで走った。いったん久里浜の車両管理区に入庫の後、夜になって今度は63Hとして出庫し、2163Hの京急久里浜より代走、2362Hbで馬込に入庫してこの日を終えている。

5323編成

馬込○→25N(825N〜2225N泉岳寺)→11T(2210T〜)→浅草橋△。西馬込で9018編成と入れ替わり、825Nから25Nを代走した。代走は2225N泉岳寺までで、泉岳寺で11Tに充当していた9018編成と再度車両交換を行ない、その後は11Tとして走った。

関連記事

「都営フェスタ2015 in 浅草線」開催

2年に1度の祭典。11月14日、東京都交通局の馬込車両検修場で「都営フェスタ2013 in 浅草線」が開催された。2年に1回となる同所の公開イベントだが、今回はどういうわけだか公式Webサイト...

「都営フェスタ2015 in 浅草線」開催
京成3500形 8両編成の運用終了

3500形の8両編成、いったん見納めに。最後の1本となっていた3532編成8両が編成をバラされた格好で、3500形の8両編成はいったん見納めとなった。8両編成としての最後の運用は9日の77K運行...

京成3500形 8両編成の運用終了
まだまだまだまだ頑張る京成3500形

年度末で車両の引退が相次いだが、一方で生き延びる車両もいる。4連4本が在籍する京成3500形未更新車だが、2012年度にて目出度く全ての編成が検査を通っている。2012年8月1日に試運転を...

まだまだまだまだ頑張る京成3500形
大手私鉄の看板車 8 - 京成3500形

関東の大手私鉄では唯一残存する看板車? 京成3500形である。京成の通勤形車両で他社には見られない独特なものと言えば、正面貫通扉の種別表示であろうと思う。現在では幕式あるいはLED式の表示が...

大手私鉄の看板車 8 - 京成3500形
京成3500形 臨時「都営フェスタ号」

こんなに天気が悪いのに、風景気味に写真を撮ろうってアホはどこのどいつだぁ~い? ・・・アタシだよッ! (やや古いネタで恐縮) ってなわけで、「都営フェスタ'08 in 浅草線」の開催に合わせて...

京成3500形 臨時「都営フェスタ号」

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更