KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.01.15

2015年初秋の静岡、時間に余裕があったので静岡駅にて小一時間バスも観察してみた。

X57056.jpg

しずてつジャストライン 2554号車
2015.9.10/静岡駅

▲静岡駅のバスターミナルに姿を現した鳥坂営業所のエアロスター

静岡市内を走るバスは静岡鉄道系列のしずてつジャストラインがそのほとんどを独占しており、静岡駅のバスターミナルを出入りするバスはほぼ同社の車両である。しずてつジャストラインは静岡を代表するバス事業者ということもあり、自社発注の新しい車両をコンスタントに導入している一方、地方の事業者ということで古い車両もまだまだ見ることができる。首都圏ではとうに淘汰された古い車種がまだまだ現役で頑張っている姿は実に頼もしい。

X57065.jpg

しずてつジャストライン 2550号車
2015.9.10/静岡駅

▲美和大谷線の運用に入る2550号車

鳥坂営業所のエアロスターK(1989年式、三菱ふそうP-MP218K)である。中扉が4枚の折戸になっている車両は、1989年に市内の一部路線にバスロケーションシステムを導入した際に大量に導入されたものということで、古参車両の中でも見かける機会の多い車両であった。メトロ窓にハイバックシートという、なかなか気合の入った仕様なのが魅力的。何というか、バスロケの導入とともに、バスに希望を見出していた時代の産物という印象を受ける。中扉の4枚折戸は塗装と合っていない1)が、ここらへんは仕方がなかったのだろう。

X57042.jpg

しずてつジャストライン 2771号車
2015.9.10/静岡駅

▲中部国道線で静岡駅までやってきた岡部営業所のエアロスターK
X57090.jpg

しずてつジャストライン 2778号車
2015.9.10/静岡駅

▲同じく中部国道線で運用される岡部営業所の2778号車

続いて岡部営業所のエアロスターK(1992年式、三菱ふそうU-MP218K)をば。岡部営業所の車両は同営業所が担当する中部国道線で静岡駅に乗り入れてくるが、この日の中部国道線充当車はことごとく古参車であった。そもそも岡部営業所自体が比較的経年車の割合の高い営業所のようで、同営業所が静岡市ではなく藤枝市に所在しているがゆえにそうなのかはよくわからないが、いずれにせよ営業所間の格差が見え隠れしていたのは確かであった。逆に言えば、藤枝方面を訪ねればより多くの古参車両に出会える可能性が高く、今度は藤枝まで足を延ばしてみようかななどと思いながら静岡駅を後にしたのであった。

  • 1)しずてつジャストラインの旧塗装は前後扉の車両が多かった時代にデザインされたもので、扉の位置に赤い帯が重なるのが特徴となっている。

関連記事

旭川のバス 2014年冬 2 - 道北バスあれこれ

旭川で適当に撮ったバスの写真その2。道北バスである。道北バスも旭川電気軌道と同じく旭川市内を中心に路線網を展開しているが、北は名寄、東は層雲峡方面へ郊外バスを運行しているのが特徴的。また、旭川を...

旭川のバス 2014年冬 2 - 道北バスあれこれ
旭川のバス 2014年冬 1 - 旭川電気軌道あれこれ

旭川で適当に撮ったバスの写真をば。まずは旭川電気軌道である。以前ご紹介した士別軌道と同様に社名に"軌道"という文字があるが、これは旭川から東川町方面に向かう軌道を運営していた名残。現在は...

旭川のバス 2014年冬 1 - 旭川電気軌道あれこれ
士別軌道 市内線のバス

士別の方に行ったついでに、士別市内を走る士別軌道のバスの様子をば。士別軌道は、士別を中心にバス事業を行なうバス会社である。社名に"軌道"の文字が入っているのは、その昔木材を輸送するための軽便鉄道...

士別軌道 市内線のバス
広島バス2012年秋 2 - 富士重工7Eの車両あれこれ

少し間が開いてしまったが、広島バスの続きをば。5Eが来るまでの間に撮ったものを適当に羅列。広島バスは富士重工大好きっ子ちゃんということで、5Eが来るまでに目の前に現れた車両はものの見事に全て7E...

広島バス2012年秋 2 - 富士重工7Eの車両あれこれ
広島バス2012年秋 - 富士重工5Eボディの古参車両

広島はJRも路面電車もボロいが、バスもボロいぞ(※褒め言葉)。広島のバスのボロの象徴と言えば、広島バスの富士重工5Eボディ架装車だろうと思う。全国的に数を減らしてきている同型車だが、ここ広島では...

広島バス2012年秋 - 富士重工5Eボディの古参車両

最新記事

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更
2021年 四直界隈10大ニュース

2021年がまもなく終わろうとしている。というわけで、「2021年四直界隈10大ニュース」と題して2021年に都営浅草線を筆頭とした京成線、京急線、北総線のいわゆる四直界隈で起こったできごとを...

2021年 四直界隈10大ニュース

バスその他タグはありません