KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.01.26

タイ国鉄メークロン線その3。メークロン線のマハーチャイ〜バーンレーム間は大きな川によって線路が分断されており、この区間は徒歩と渡船にて連絡を行なう。メークロン側で乗る予定なのはバーンレーム駅8時5分発の列車。1日に3往復しか運行のないメークロン側のこの列車を逃してしまうとこの日のスケジュールは崩壊必至なので、なんとしてでも間に合わなければならない。

D23507.jpg

マハーチャイ〜バーンレームの渡船
2015.2.13/**

▲マハーチャイとバーンレームを結ぶ渡船

マハーチャイ駅から渡船のりばへは、駅前の商店街を抜けていく。マハーチャイは港町の様相を呈していて、活気のある商店街からは魚介類のにおいがそこらじゅうから匂ってくる。人の多さから察するにそこそこ大きい街のようだ。マハーチャイの街そのものも面白そうでいろいろと見て回りたい気持ちもあるが、いかんせん時間に余裕がないので今回はスルー。5分ほど歩いて渡船のりばに着いた。

X53735.jpg

マハーチャイ〜バーンレームの渡船
2015.2.13/**

▲シンプルな構造の渡船

渡船はフラットな床に屋根をつけただけのシンプルなもので、船内は申し訳程度のベンチとただだだっ広い空間がひろがるのみ。バイクや自転車にまたがったまま乗船できるようにしているためのようである。ラッシュ時間帯ということで2隻の船が互いに反対方向に行ったり来たりしている。ラッシュの方向はバーンレーム側からマハーチャイ側のようで、向こう岸に大量のバイク客を乗せた船が見える。こちらはガラガラなので、向こう側の乗船完了を待って出航だ。10分もかからずにあっさりと対岸の船着場に到着。乗船料金は5バーツであった。

バーンレーム側の渡船のりば1)から、これまた商店街の細い路地を抜ける。交差点に出て地図とにらめっこしていると、地元の人が駅はあっちだよと教えてくれた。タイの人はやはり親切である。あとはバーンレーム駅までまっすぐ歩くのみ。5分ほど歩いて本当に駅がこっちのほうにあるのかどうか不安になりかけるが、それでも構わずに進むと急に駅が現れる。時刻は7時55分、間に合った。

◆ ◆ ◆

バーンレーム側はマハーチャイ側の喧騒とはうってかわって静か。たまたまそうだったのかもしれないけど、人の姿がほとんどない。バーンレーム駅も街の外れにあるということもあって、ずいぶんと閑散とした駅である。それでもメークロン線のメークロン側の運行拠点の1つとなっており、駅員も常駐している。メークロンまでの乗車券を出してもらったが、フアランポーン駅やウォンウィエンヤイ駅で出してもらったものと同じ様式のものが発券され、こんな小駅ながらもタイ国鉄の乗車券発行システム(?)にオンラインで繋がっているようだ。

D23510.jpg

タイ国鉄 バーンレーム駅
2015.2.13/**

▲のんびりとした雰囲気のバーンレーム駅
X53739.jpg

タイ国鉄 放置された無蓋貨車
2015.2.13/สถานีรถไฟบ้านแหลม

▲線路の終端付近で放置された無蓋貨車(絶賛脱線中)
X54654.jpg
▲タイ国鉄 乗車券

バーンレーム駅の構内はややカーブした1面1線となっており、駅のすぐメークロン寄りに車両交換用の短い側線が1本設けられている。本線上にジャッキアップ装置が備え付けてあり、これを使ってメークロン側に閉じ込められている車両の検査を行なうようである。このほか線路の終端側に予備の気動車2両が留置されていたほか、線路の終端で脱線したまま放置されている無蓋貨車の姿があった。

それにしても、線路がずいぶんとヘロヘロなのが気になるところである。これからこのヘロヘロな線路の上を走る列車に乗って、メークロンまで向かうのである。

  • 1)バーンレーム駅のすぐそばにも船着場があり、列車の時刻に合わせて運航する渡船があるらしいのだが、そちらのほうはよくわからず。

関連記事

タイ国鉄の旅 6 - やばすぎるローカル線 メークロン線の旅

バーンレーム駅に着いてきっぷを買っていると、折返し9時5分発メークロン行の列車がやってきた。だいぶヘロヘロな線路の上をTHN系ディーゼルカーが車体を盛大に揺らしながらこちらに向かって走ってくる...

タイ国鉄の旅 6 - やばすぎるローカル線 メークロン線の旅
タイ国鉄の旅 4 - マハーチャイ線の通勤列車

前回に引き続き、メークロン線に乗る。まずはマハーチャイ線区間のマハーチャイまで向かう。車両はTHN系と呼ばれる日本製のディーゼルカー。前面の表情や側面のコルゲートなど、日本で走っていてもあまり...

タイ国鉄の旅 4 - マハーチャイ線の通勤列車
タイ国鉄の旅 3 - 早朝のバンコク=ウォンウィエン・ヤイ駅

タイ国鉄その3。前回、前々回は華やかな本線系の様子を取り上げたが、それとは別にメークロン線というローカル線に乗ってきたので、こちらもご紹介しよう。タイ国鉄メークロン線は、バンコクとメークロンを...

タイ国鉄の旅 3 - 早朝のバンコク=ウォンウィエン・ヤイ駅
タイ国鉄の旅 2 - 特急"スプリンター"9レに乗る

タイ国鉄の旅、前回はフワランポーン駅の様子を紹介したが、フワランポーン駅に来たのは他でもない、列車に乗るためである。アユタヤ王朝の遺跡群で有名な、古都アユタヤへ向かう。ボロの客車列車に後ろ髪を...

タイ国鉄の旅 2 - 特急
タイ国鉄の旅 1 - バンコク・フアランポーン駅の喧騒

バンコクの交通事情に引き続き、タイ国鉄のあれこれを取り上げていこう。まずはバンコクの中央駅、フアランポーン駅の様子をば。フアランポーン駅はタイ国鉄の主要幹線、タイ北部最大の都市チェンマイに向かう...

タイ国鉄の旅 1 - バンコク・フアランポーン駅の喧騒

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

海外の鉄道きっぷ 水上交通 海外