KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.01.21

京成電鉄では、成田山への多客に対応して1月の土休日ダイヤ実施日に臨時のシティライナーの運転を行なっている。

D26083.jpg

京成AE100形 AE-138編成
2016.1.17/うすい〜佐倉

▲AE100形で運転となった2016年始の臨時シティライナー

1月中の臨時シティライナーの運転は2011年より毎年恒例のものとなっているが、2015年12月のダイヤ修正においてシティライナーの定期運行が取り止めとなったことで、今年の臨時シティライナーは以前に運転されたものとは異なる内容となった。ダイヤ修正の記事でも触れたとおり、定期運行を取り止める前のシティライナーのスジがほぼそのまま臨時列車のスジとなったので、今年の臨時シティライナーはダイヤ修正以前に走っていた定期列車と同様の時刻での運転となっている。車両は同修正にて定期運用を失っていたAE100形が使用されており、シティライナーともども1ヶ月ぶりの復活となった。

ダイヤ修正以前の定期列車とほぼ同じスジで運転されている今年の臨時シティライナーだが、定期運行の時と大きく異なるのは出入庫の場所である。定期運行においては午前下りのシティライナーは高砂出庫、午後上りのシティライナーは高砂入庫であったが、ダイヤ修正でAE100形の高砂留置が消滅したため、出入庫はいずれも宗吾となった。そのため、臨時シティライナーの運転前後に、上野〜宗吾参道間を延々と回送されるAE100形の姿を見ることができる。

D25973.jpg

京成AE100形 AE-168編成
2016.1.2/船橋競馬場

▲送り込み、船橋競馬場に停車中のAE100形

今年はAE100形の運転となった臨時シティライナーだが、来年以降もAE100形での運転となるかどうかは不透明。今年は定期運用撤退から臨時運行開始まで1ヶ月足らずということで再登板となったが、来年ということになるとこれから11ヶ月も開いてしまうためだ。今のところ京成電鉄からAE100形の処遇に関するアナウンスは何もないが、臨時シティライナー運転終了後のAE100形ははたしてどうなるのか、気になるところである。

関連記事

京成AE100形 さよなら運転「さよならAE100形記念ツアー」開催

京成AE100形、ついに終焉へ。2月21・28日、特急「スカイライナー」や「シティライナー」で使用されてきた京成AE100形のさよなら運転が実施された。さよなら運転は京成トラベルツアー主催の...

京成AE100形 さよなら運転「さよならAE100形記念ツアー」開催
四直珍列車研究 81 - 土休日 15AE50a

翌5日のダイヤ修正にて、ついに定期運行が取り止めとなる特急「シティライナー」。ダイヤ修正直前に恒例としている消える珍列車は、そのシティライナー・・・ではなく、シティライナーに付随して...

四直珍列車研究 81 - 土休日 15AE50a
京成線 2015年12月5日ダイヤ修正

京成電鉄では、12月5日にダイヤ修正を行なう。今回のダイヤ修正について、京成電鉄や直通各社局のプレスリリース、および12月1日発売の京成時刻表Vol.27-2(12月5日ダイヤ号)などを参照し...

京成線 2015年12月5日ダイヤ修正
京成AE100形 特急「シティライナー」に乗る

12月5日のダイヤ修正にてついに定期運行が取り止められることとなった特急「シティライナー」。9月のある日に乗る機会があったので、その時の様子などを適当に記してみる。今回乗車したのは...

京成AE100形 特急「シティライナー」に乗る
臨時シティライナー運転(2013年)

京成電鉄では、成田山への多客に対応して1月の土休日ダイヤ実施日に臨時のシティライナーの運転を行なった。1月中の臨時シティライナーの運転は2011年より毎年恒例のものとなっているが、2012年...

臨時シティライナー運転(2013年)

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化