KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.02.17

バーンレーム駅に着いてきっぷを買っていると、折返し9時5分発メークロン行の列車がやってきた。だいぶヘロヘロな線路の上をTHN系ディーゼルカーが車体を盛大に揺らしながらこちらに向かって走ってくる。これはやばい。はたして保線という概念はあるのだろうか。バラストはどこかに流されてすでに無い。

D23515.jpg

タイ国鉄 メークロン線の様子
2015.2.13/บ้านแหลม

▲線路がすごくヘロヘロしてるだろ。本線なんだぜ
D23518.jpg

タイ国鉄 メークロン線のTHN系ディーゼルカー
2015.2.13/บ้านแหลม

▲メークロン方面からやってきたTHN系ディーゼルカー

以前の記事でも何度か触れているとおり、メークロン線のメークロン側バーンレーム〜メークロン間は1日3往復のみの運行となっている。単純に乗客が少ないから列車の本数が少ないのかと思っていたのだが(実際に少ないのだが)、どうやらそうでもないらしい。むしろ乗客が多かろうが少なかろうが、3往復がこの区間の限度のようなのである。その理由は次の通り。

  • 列車交換設備のない単線で、全線が1つの閉塞となっている(全線で2本の列車を同時に運転できない)。
  • 線路の状態が悪すぎて列車のスピードが出せない。

実は、少し前まで列車の運行は1日4往復あったそうなのだ。ところが、線路の状態が悪すぎてスピードが出せず、ダイヤ通りの運転ができていなかったらしい。なんせ全線で1閉塞なもんだから、1つの列車が遅れれば折返しの列車にも影響し、遅延は雪だるま式に増えてしまう。1日に3往復という運行は、このような実態を反映してダイヤ通りに走れるようにしたダイヤということである。バーンレーム〜メークロン間のたかだか約30kmを各駅停車とはいえ1時間40〜45分もかけて走るのだから、どれだけどいひーな状況なのかおわかりになっていただけよう。

車両は前述のとおりTHN系のディーゼルカーが使用されている。マハーチャイ側では3両編成だったが、こちらは2両編成。いずれもエアコンなしの3等車である。他線区とは一切線路の接続のないメークロン線のメークロン側には2連2本のTHN系気動車が閉じ込められており、適宜車両交換を行ないながら運行している模様。車両交換はバーンレーム駅に設けられている短い側線を使って行なわれている。

◆ ◆ ◆

9時5分、列車は概ね定刻通りに発車。乗客は地元の人がちらほらといった程度で、ガラガラである。列車はのんびりと加速した後、すぐさま惰性走行に移行。沿道を走るスクーターにすらあっさりと追い抜かれる有り様なので、せいぜい30km/h出てるかどうかという感じ。車両は上下左右、あらゆる方向にとにかく揺れまくり! こんな状態でも走るだけなら走れてしまうんだから、鉄道ってタフな乗り物だよなあと逆に感心してしまう。メークロン線メークロン側の車窓は単調で、特にこれといったものもないので、メークロンまでの1時間40分はやばすぎる線路状態と列車の激しすぎる揺れにひたすら耐えるのみ。しかしこれはこれで超楽しいぞ。

D23572.jpg

タイ国鉄 メークロン線の車窓
2015.2.13/**

▲車窓はこんな感じの風景が続く
D23523.jpg

タイ国鉄メークロン線 列車内の様子
2015.2.13/**

▲すっごく揺れるよ! (注:脱線してません)

何駅目かに停車して、発車しようとした時だったか、我々の乗っている車両が白い煙をあげながらエンストしてしまった。すぐさま職員が復旧しようとするも、ぜんぜんダメ。おいおいこんな何もないところで運転打ち切りかよと不安がよぎったが、もう1両の方のエンジンはちゃんと動いていたので、結局"キハ+キサハ"状態で運行再開となった。それでも列車の遅れは特に発生しなかったし、どうせハナからスピードも出しやしないので、なんだったら最初からその状態の方がお財布にも環境にもやさしいんでないかい。

途中の小駅からの利用もちらほら見られ、ガラガラだった車内もメークロンに近づくにつれて座席が少しずつ埋まってきた。1日3往復の運行では乗客もそんなに多くないだろうと思っていたので、意外な姿であった。そして列車はいよいよメークロン線最大の山場に突入する・・・!

関連記事

タイ国鉄の旅 7 - メークロン線 メークロンの線路市場

バーンレーム駅からのんびりと列車に揺られること1時間40分、列車はまもなくメークロン駅に到着する。メークロン駅手前の数百メートルがメークロン線の最大の山場・・・! 列車が市場の中を通過するのだ...

タイ国鉄の旅 7 - メークロン線 メークロンの線路市場
タイ国鉄の旅 5 - マハーチャイ駅からバーンレーム駅へ

タイ国鉄メークロン線その3。メークロン線のマハーチャイ〜バーンレーム間は大きな川によって線路が分断されており、この区間は徒歩と渡船にて連絡を行なう。メークロン側にて乗る予定なのはバーンレーム駅...

タイ国鉄の旅 5 - マハーチャイ駅からバーンレーム駅へ
タイ国鉄の旅 4 - マハーチャイ線の通勤列車

前回に引き続き、メークロン線に乗る。まずはマハーチャイ線区間のマハーチャイまで向かう。車両はTHN系と呼ばれる日本製のディーゼルカー。前面の表情や側面のコルゲートなど、日本で走っていてもあまり...

タイ国鉄の旅 4 - マハーチャイ線の通勤列車
タイ国鉄の旅 3 - 早朝のバンコク=ウォンウィエン・ヤイ駅

タイ国鉄その3。前回、前々回は華やかな本線系の様子を取り上げたが、それとは別にメークロン線というローカル線に乗ってきたので、こちらもご紹介しよう。タイ国鉄メークロン線は、バンコクとメークロンを...

タイ国鉄の旅 3 - 早朝のバンコク=ウォンウィエン・ヤイ駅
タイ国鉄の旅 2 - 特急"スプリンター"9レに乗る

タイ国鉄の旅、前回はフワランポーン駅の様子を紹介したが、フワランポーン駅に来たのは他でもない、列車に乗るためである。アユタヤ王朝の遺跡群で有名な、古都アユタヤへ向かう。ボロの客車列車に後ろ髪を...

タイ国鉄の旅 2 - 特急

最新記事

タイ国鉄メークロン線 コロナ禍後のメークロン線路市場

コロナ禍後のメークロン線路市場を訪ねる。乗るはずだったバスが路線ごと廃止になっていることを知ったのは、朝7時のバスターミナルであった。この時点でこの日の旅程は崩壊。案内係のおばちゃんに近くまで...

タイ国鉄メークロン線 コロナ禍後のメークロン線路市場
新京成8800形8805編成 営業運転終了

新京成8800形8805編成が営業運転を終了、廃車となる。2022年度より置き換えが進められている新京成8800形だが、また1編成に廃車が発生した。4月に実施した80000形80056編成の導入...

新京成8800形8805編成 営業運転終了
北総9800形 「千葉ニュータウン中央駅開業40周年記念」ヘッドマーク

紆余曲折を経て40年。北総鉄道では、3月下旬より「千葉ニュータウン中央駅開業40周年記念」ヘッドマークの掲出を行っている。2024年3月19日に同駅が開業40周年を迎えることを記念したもので...

北総9800形 「千葉ニュータウン中央駅開業40周年記念」ヘッドマーク
京急600形 「川崎大師大開帳奉修」ヘッドマーク(2024年)

京急電鉄では、5月1日から31日まで川崎大師平間寺の大開帳奉修に合わせた「川崎大師大開帳奉修」ヘッドマークの掲出を行った。ヘッドマークが掲出されたのは600形3編成(651編成・652編成...

京急600形 「川崎大師大開帳奉修」ヘッドマーク(2024年)
新京成80000形 80056編成が登場

新京成80000形80056編成が登場。3月中旬より、新京成80000形の5次車にあたる80056編成がお目見えしている。4月2日より営業運転に入っており、同日のくぬぎ山7時04分発新津田沼行が...

新京成80000形 80056編成が登場