KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.02.28

京成AE100形、ついに終焉へ。

D26188.jpg

京成AE100形 AE-138編成
2016.2.21/実籾〜八千代台

▲引退記念のヘッドマークを掲出して運転されるAE-138編成
X61035.jpg

京成AE100形 旧スカイライナーロゴ
2016.2.28/**

▲5年ぶりに復活したAE100形のスカイライナーロゴ

2月21・28日、特急「スカイライナー」や「シティライナー」で使用されてきた京成AE100形のさよなら運転が実施された。さよなら運転は京成トラベルツアー主催の「さよならAE100形記念ツアー」として催行され、団体専用列車としての運転となった。編成は両日ともAE-138編成が使用されている。AE-138編成は塗装が剥がれるなどして見た目がボロボロとなっていたが、さよなら運転に合わせて化粧直しが実施されており、多少綺麗な姿での運転となった。さらに、両先頭車にヘッドマークが掲出されたほか、スカイライナーとして運行していた当時のロゴも復活し、さよなら運転に華を添えている。

さよなら運転の行路はツアー開催のプレスリリースにおいて上野始発宗吾車両基地着とだけ発表され、そのほかは当日のお楽しみということで詳細は伏せられていたが、実際には次のようであった。

  • 宗吾参道→(回送)→上野→小岩(28日は高砂)→八広→東成田(留置線)→成田→成田空港(アクセス特急専用ホーム)→宗吾参道

運行番号はAE39であった。これはもちろんThank youの意味が込められたものだろう。

D26281.jpg

京成AE100形 AE-138編成
2016.2.28/八 広

▲まさかのまさかで押上線に入線、八広に進入するAE100形
D26296.jpg

京成AE100形 AE-138編成
2016.2.28/成田空港

▲AE100形、成田空港駅の成田スカイアクセス線専用ホームに現わる

列車は上野9時1分発ということで、臨時シティライナーのスジで京成本線を下ってくると思いきや、小岩(28日は高砂)でUターン、そのままなんと押上線の八広まで入線。AE100形は都営フェスタにおける車両展示のために過去に2度ほど押上線に自走で足を踏み入れているが、日中における押上線入線は初めてのこととなった。営業運転での押上線入線ももちろん初めての出来事である。さらに東成田では営業で使用されていない留置線側のホームに入線、成田空港では通常ではAE100形が入線しない成田スカイアクセス線のアクセス特急専用ホームとなっている1番線を発着するなど盛りだくさんな内容となった。往年のAE100形の活躍を偲ぶだけでなく、最初で最後の押上線での営業運転を行なってしまうなど、記憶に残るさよなら運転となったことは間違いないと思われる。

なお、さよなら運転に使用されなかった方のAE-168編成だが、1月30日の臨時シティライナー充当をもって営業運転を離脱、廃車となって残念ながらそのまま解体されてしまっている。ただし、AE-161号車だけは解体を免れて1両丸々残されているということで、他の事業者等への譲渡があるのか、はたまた先代AE形のように宗吾車両基地で保存されるのか、同車の動きが注目されるところ。

関連記事

臨時シティライナー運転(2016年)

京成電鉄では、成田山への多客に対応して1月の土休日ダイヤ実施日に臨時のシティライナーの運転を行なっている。1月中の臨時シティライナーの運転は2011年より毎年恒例のものとなっているが、2015年...

臨時シティライナー運転(2016年)
四直珍列車研究 81 - 土休日 15AE50a

翌5日のダイヤ修正にて、ついに定期運行が取り止めとなる特急「シティライナー」。ダイヤ修正直前に恒例としている消える珍列車は、そのシティライナー・・・ではなく、シティライナーに付随して...

四直珍列車研究 81 - 土休日 15AE50a
京成線 2015年12月5日ダイヤ修正

京成電鉄では、12月5日にダイヤ修正を行なう。今回のダイヤ修正について、京成電鉄や直通各社局のプレスリリース、および12月1日発売の京成時刻表Vol.27-2(12月5日ダイヤ号)などを参照し...

京成線 2015年12月5日ダイヤ修正
京成AE100形 特急「シティライナー」に乗る

12月5日のダイヤ修正にてついに定期運行が取り止められることとなった特急「シティライナー」。9月のある日に乗る機会があったので、その時の様子などを適当に記してみる。今回乗車したのは...

京成AE100形 特急「シティライナー」に乗る
臨時シティライナー運転(2013年)

京成電鉄では、成田山への多客に対応して1月の土休日ダイヤ実施日に臨時のシティライナーの運転を行なった。1月中の臨時シティライナーの運転は2011年より毎年恒例のものとなっているが、2012年...

臨時シティライナー運転(2013年)

最新記事

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化
京急600形 大師線を走る

京急大師線の新たな日常風景。京急電鉄では2020年度よりL/C座席を装備した新型車両1000形1890番台を導入し、1500形4両編成を置き換えているところである。1500形はこれまでに...

京急600形 大師線を走る